スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日顕宗にいまでも残る皇神合同画策論【邪】

( 初出 2013/5/14:追記2014/9/30 )

富士宮ボーイ掲示板にある方がこんな事を書き込まれました。

※それはともかく、日顕を『絶対者』に祀り上げた『日顕ファシズム』の
 法主本仏論の思想は、日蓮正宗の教義に逸脱しているだけでなく、狂信的
 な新興宗教の域を超えるものではありません。

 そう考えると、靖国崇拝者と日顕崇拝者には、親和性があるのでしょう。

( 2013-05-03 14:27:12 )

----------------

「絶対者」と「殉国者の擬似神」との関係でもうひとつ、仏法の眼で考えなければ
いけない事があります。

日顕宗寺院公認掲示版、「破邪の蘭室」の大月天管理人は

※「爾して、靖国に祀らる英霊は、つまりは
「人物神」という事であり、同じく人物神である「応神天皇」を祀る八幡宮に
 比するものである。
 (略)
 それら英霊を祀る社(やしろ)に於いて、御本尊を安置し、 応に八幡大菩薩
 に法味を捧げ、以って 諸精霊の忠魂に対して御供養申し上げる意を述べた
 ものである」

http://megalodon.jp/2013-0501-0941-15/6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44707


・・と主張しましたが、これは靖国に日蓮正宗の御本尊を安置し題目を
となえるならば「神天上の法門」の法義から、八幡大菩薩に供養しているのと
同じだという事を述べているのでしょう。

これは、日蓮大聖人が執筆された御書とは無縁のとんでもない勘違いです。
いえ破仏法の大謗法といえるでしょう。

確かに、日蓮大聖人は御書の中で何度となく「八幡大菩薩」を通じて、法華経
の行者の守護を説明されていますが、その根拠は故事に依ります。

※八幡の御託宣に云く「夫れ神に大小好悪有り乃至彼は衆く我は寡し邪は強く
正は弱し乃ち当に仏力の加護を仰て為めに皇緒を紹隆すべし」等云云、
当に知るべし八幡大菩薩は正法を力として王法を守護し給いけるなり。

(諌暁八幡抄)


上記御書の一文は大聖人が、平安期より一般的に知られている「八幡神」の託宣を
元に仏法(正法)によって力を得た八幡大菩薩が天皇が治める日本国を護るという
いわゆる「本地垂迹」の考え方を引用されたものです。

だからこそ戦時中に日蓮正宗は「本地垂迹」にかかる御書の御文を削除し、
「本宗ハ第一義ニ於テ依用セザリシ」と、皇神が仏の「仮の姿」である
大菩薩としての力用である事を説かれた部分を否定したのです。

(参考画像リンク:御書削除の院達画像 http://www.houonsha.co.jp/jiyu/zuhan/693_2.html )

戦時中に御書の改変や御観念文の改悪の元となり、皇国史観に基づく説教を
垂れ日蓮宗との合同を画策していた妖僧・小笠原慈聞。
戦後、大石寺はこっそり小笠原の僧籍を回復させ、学会員との間で、いわゆる
「狸祭り事件」が起こりました。

それから半世紀以上をすぎた今でも、皇神と靖国の合同を目論む大月天管理人
のような右傾法華講員が日蓮正宗内に、がん細胞の如く潜伏しているのは、
戦時中の失態を省み出来ない体質から来ているように思います。

英国の詩人であり文学者でもあったサミュエル・ジョンソンは
 Patriotism is the last refuge of a scoundrel
( 愛国主義は悪党の最後の隠れ家だ )  
  と喝破しました。

いまや日蓮正宗大石寺は「悪党」の総本山となりさがったのでしょう。

あら あさましや・・・・
関連記事
スポンサーサイト

池田先生の影に隠れて

「宿坊の掲示版」をはじめとする、創価学会組織糾弾派の皆さんは、
異口同音に宗門問題当時の学会本部と宗門との関係をひきあいに出し、
それが今回創価学会内で提案されたとされる内容を書いた
「個人のレポート」(教学部レポート)を依書とし、先取りをする形で
「これが本当におこってしまえば、いけない」という理由で、あれや
これやと義憤の投稿を続けておられます。

多くの方は会長勇退(というと叱られますが)の時の、学会本部の対応に不信感
をだかれている事が根にあるようです。
そういった憤怒と、当時、結果的に池田先生を護りきれなかった自分の
悔しさとを重ね合わせ、今度は事前に「創価学会」の存続をおびやかし
かねない事象をあらかじめ察知し、それをネットを通じて情報拡散させ
ることで、「一部幹部」に対する牽制に変えようとしています。

もともと、「宿坊の掲示版」の管理人さんが、このネット運動を始めたわけでは
ありません。
本年7月末に、「信濃町の人びと」というHNの投稿に端を発するものでした。
彼曰く、

//////////////////////////////


 警告します。
桜井関与は図星のようだね。
動揺してる。
創価学会全国副青年部長だからね。
組織的に情報隠ぺい工作と言論封殺とされかねないよ。警告します。
谷川が直接指示したんだろうね。ラインから明確。
場合によっては生田弁護士にこちらが持ってる情報を提供します。


( 投稿者:信濃町の人びと 投稿日:2014年 8月17日(日)10時31分33秒 )

---


 また、事実であると確認していることも、それは事実と書いてしまうと、
 関係者しか知り得ないこともある為に、一部を週刊誌ネタや他の2チャンネル
 ネタも混ぜて推論らしく書かないと、情報提供者を守れないのです。
 (略)
 あなたが思っている以上にレジスタンスの闘志はいるのです。

( 投稿者:信濃町の人びと 投稿日:2014年 9月 4日(木)08時15分35秒 )

【以上引用】
/////////////////////////////

レジスタンス=占領支配に対する抵抗運動 (コトバンク)

ようするに、彼は「レジスタンスの闘士」を鼓舞する目的で、創価学会と
敵対する勢力の情報すら活用し、かつ、その勢力に対しても協力を惜しまない
という「勇み足」タイプの人だと私は判断しました。

たとえ、多くの方が純粋な義憤で創価学会の将来を危惧していても、その中に
「信濃町の人びと」君のような、目的の為には手段を問わない人間が一人でも
いれば、
『法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし・
 うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し・毒気深入・失本心故は是なり』
( 曾谷殿御返事 )
となってしまうのです。

河内平野さんは主張されました。

◎池田先生の思想・哲学が根底から覆され、内外から池田先生一人
 に批判が殺到する。
 池田先生の著作に矛盾が出てくる。
 そんなことをしていいのか ?
 弟子がそんなことをしていいのか ?
 そんなことを実行すれば、後世の池田先生の弟子に笑われる。
 そんな汚点を今の弟子が残していいのか。

( 投稿者:河内平野 投稿日:2014年 9月18日(木)09時46分38秒 )
【以上引用】

信濃町くんが「池田先生の弟子」なら、宿坊さんも河内平野さんも
他のコメントを書き込んでいる何人かの方もまた「池田先生の弟子」であることは
疑う余地はありません。

弟子の取った行動で、池田先生一人が批判される。創価学会が嘲笑される。
現場の学会員までもが悲しい思いをする。
大阪事件しかり、C作戦しかりです。

自分の手が直接届かない所を「大悪」として批判するのは簡単ですが、
「大悪」がやっていると批判する同じ方法を自分の目の前にいる人も
やっている。
それを見過ごして「組織改革」などありえないでしょう。

「同じ目的」で、「目的達成の為」であれば、どんなことをやっても許される。
デマやガセでも疑わしきは罪。

中国で行われた「愛国無罪・救国入獄」は、創価学会の信心でもなければ
日蓮大聖人の仏法ですらありません。

私は今、面前で「学会員の名において」行われている「理不尽」を危惧しています。

すでに、今回の騒動は学会アンチさんや、日顕宗の機関誌にまで取り上げられ
創価学会が笑われ、池田大作のカリスマ性がなくなった故だと批判されています。

もし、彼等「組織糾弾派」の人の予想される事が実際に起こらなければ、
後世に「汚点」として語られ、なんらかの扱いをうけるのは彼等自身なのです。

そう考えると、いてもたってもいられなくなった次第です。
関連記事

御嶽山噴火

本日午前11時53分頃に岐阜と長野の県境に位置する御嶽山が噴火したとの事。

御嶽講といって山岳信仰で巡礼登山をされる方もいますし、
この時期は、山頂から中腹までが草紅葉となるため、観光登山をされている方
も多いはずです。
ちょうど山頂付近にお昼に到着される計画をたてていた方もいるでしょう。

登山者の無事を祈るばかりです。

御岳20_R
(田の原からの撮影:2003年)

(同所のライブカメラのリンク:多治見砂防国道事務所・田ノ原カメラ)
http://www.cbr.mlit.go.jp/tajimi/desk/sabou_026.html
関連記事

「学会元バリ幹部」の教学力と発信力

( 初出 2011/12/1:加筆9/27 )

最近は元学会員で「バリ活」だった事を自慢する若者が何人かいるようですが
おしなべて低レベル教学論者である事から、いかに「生きた教学」が必要かを考えさせ
られてしまいます。

折伏一辺倒でもだめ 唱題一辺倒でもだめ 自己満足の教学はさらにダメ。

内部アンチの方にしても「対話」ができない人が多くいるのが印象的です。
発言した事の真意を確かめるだけでも不快感をあらわにする人が多いですよ。

個人教学にハマった人ほど、基本的な認識からからズレているケースがあり
その認識に至ったソースをさがすとなぜか日蓮正宗にたどり着く事もよくあります。

たとえば、あるアラシ行為をするアンチさんが取り上げた、内部アンチの有名人
想学サロンの運ちゃん氏は「学会員はもっと教学を学ぶべきだ」 と 一見すると
正論をのべているのですが彼に言わせると・・

※つまり「境涯」という言葉は、日蓮さんの御書に明示されているものではなく、
 一言でいえば「学会造語」と呼んで間違いないでしょう。

http://megalodon.jp/2011-0924-1020-32/sougakusalon.blog.shinobi.jp/Entry/222/



御書には「境 界」として何度も出てくる事を知らないようなのです。
たしかに御書は「古文」なので現代の表記や意味が異なる部分があるのも事実です。
法華経に説かれる一念三千の法理は、人間の瞬間瞬間心の変化を十の「境涯」と
照らし合わせて証明しているのです。
たとえば、御書には
『今の縁は自行の二智を禀けて仏の境界を極め・・』(三世諸仏総勘文教相廃立)
という一節があります。

学会憎しで「境涯」という考え方そのものが学会造語であるかのような我見を
たてしまえば、たとえお題目を唱えようが御本尊様が同じであろうが 無益 
なのだとおもいます。
なぜなら信じている教えの「根本原理」から否定しているのですから。
関連記事

焦りからくるスタンドプレー【邪】

( 初出 2014/6/12:加筆9/27 )
長野妙相寺の樋田昌志さんが、顕正会の浅井氏に内容証明(公開質問書)を
送ったそうです。
(参照リンク:顕正会会長:浅井昭衛へ 「公開詰問状 及び 公開対論申込み」
http://ameblo.jp/t-rex935/entry-11876355659.html


どうせ、「返答がない!我々の勝利」っていう筋書きでしょう。
当然、顕正会として個人の法華講員のこれみよがしの挑発に乗ってくることなど
ありません。

グループを統括する個人として、こういったイベントをしなければならない時って、
だいたいが、お身内が白けてきて盛り上がりに欠ける時や活動が行き詰まった時です。
一般的に、個人が目立つことを目的としたプレーをスタンドプレーと言いますね。
おそらく樋田昌志さんは内容証明郵便を送ったことで、浅井氏を「退治」したつもりに
みせかけたいのでしょうけれど、本当に顕正会の方を助けるつもりはないでしょう。
妙相寺一派が、顕正会メンバーを折伏するときに、
「浅井は樋田さんの公開質問に答えられなかった」なんて攻撃のネタにするでのしょうが
脈絡も無く一方的に示威的行為をする事自体、行き詰まりの苛立ちがある事を
感じずにはいられません。

ちょうど政治で内閣官房参与の飯島氏が、創価学会と公明党に対して
「法制局の発言・答弁が一気に変われば、『政教一致』が出てきてもおかしくない」
などと、牽制をかけていましたが、これも与党協議の目玉となっている、
集団的自衛権が自・公会議において、公明党が慎重な態度をとっていることからの
苛立ちがあってこその個人的示威的行為。
つまりスタンドプレーを飯島氏はやってしまった訳ですね。

この報道をうけ官房長官の管氏はすぐに、政教分離原則に関するこれまでの
内閣法制局の憲法解釈は変える必要が無い旨を発表し、不快感をしめされて
いたそうです。

樋田昌志さんも過ぎたスタンドプレーをすると、日顕宗宗務院から
「坊主を差し置いて門徒が勝手なことをするな」とおとがめがあるかもしれませんよ。

関連記事

誰かの後ろで・・:真実を語るウォッチ07

( 初出 2014/4/16:加筆9/26 )

学会書籍の問題もあって「ちよ」さんのブログに常連で投稿されている
赤鬼さんにあてて直接、拙がコメントを書き込みました。
Commented by あべひ at 2014-04-16 14:13 x

赤鬼さん久しぶりですね。
学会書籍の無断転載だけでは学会員さんコメントが集まらないからといって、
鯖板のように余所様でコミュニケーションの再開をされていのはいかがなものでしょうか。
http://megalodon.jp/2014-0416-1520-44/tomotiyoo.exblog.jp/21801800/


そうすると、わざわざ、「ちよ」さんが
赤鬼氏のブログに、拙コメントを削除する旨を確認していました。

1. ちよ
2014年04月16日 15:56
読んだら消してください
私のところに、あべひさんから来てますが、消していいですか?
--
2. 赤鬼
2014年04月16日 16:14
よろしくお願いします。このコメもあへびさんの書き込み消去確認後消去します。
(赤鬼氏の無断転載ブログでのコメントのやりとり抜粋)

http://megalodon.jp/2014-0416-1622-22/blog.livedoor.jp/inae_sokagakkai/archives/1783574.html


こういったやり口はいかがなものでしょうね。

公明新聞の4/12付けの「ネット世代のいじめ」というコラム記事の中に
批判のコメントを受けた場合の対処法が書かれていました。

要約すると
どこがいけなかったのかを、じっくり考えてみる
その上で、問題となった文章を正しい内容に修正し誠意ある謝罪文を載せる。
その際はコメント欄を閉鎖したり、削除するなどの行動に出ると、炎上する。
ブログの炎上は、実生活にも影響してしまう・・・

という事でした。
ついつい、自分の失態を隠そうとしたり、共闘して対応をしていると、相手にまで
迷惑がかかることを知るべきではないでしょうか。
それ以前に、誰でも閲覧できるが故に、載せた記事内容などには責任を負わ
なければいけない事を知らなければならないでしょう。

赤鬼さんのブログは、ほとんどが創価学会が聖教オンライン等を通じて出版
している「日蓮大聖人御書講義」をそのままテキスト化したものです。
ときおり大白蓮華の講義も丸写ししています。
昨今STAP細胞の論文の話題にもなりましたが、記事や画像等の無断転載は
それをやった人間の信用をがた落ちにしてしまいます。
いくら「学会員さんの研鑽のために・・」なんて大義を掲げても、盗作に類するもの
であり、ましてや第三者から感謝されるような事でもありません。

不都合な真実を隠すために、結託しているのでしょうか。
関連記事

バッシング再開:創価の森ウォッチ110

菊川さんの「創価の森通信」で改定された批判記事が今朝アップされました。
なぜ解るかというと、RSSリーダーに「新規記事」としてログがのこっている
からです。
そのログを提示します。
**
「創価の問題」ブログの記録 (参考資料)
‎2014‎年‎9‎月‎24‎日、‏‎5:05:49 | sokanomori3
**
創価の森通信改定
(画像はRSSリーダーのログ)

菊川さんが「ナリスマシ」と決めつけた上で批判していた「創価の問題」(閉鎖済み)
の検索キャッシュが消えてリンク切れになってしまった事をうけて
9/13日にずでに公開済みとなっている“「創価の問題」ブログの記録 (参考資料)”の
記事に「創価学会の問題」で公開されていた内容を転載しなおしたものです。

内容を破折するわけでもなく、「創価の問題」の記事の転載をする事で、
「創価の森通信」が、認定したアンチの記事を再発信する形になっています。

拙が、ブログ記事内において、見ざる言わざる聞かざるの「三猿運動」が打ち切りに
なるかもしれないと予想していましたが、現実となりました。

もし菊川さんのブログの再掲記事を見て、創価学会に悪印象があった場合は
どうなるのでしょうか?
自分のブログのリンク先に「アンチサイト」がなければ問題ないと考えて
おられるのかもしれませんが、個人のブログのお気に入りから、他のブログに
移動されるかどうかは、読者の自己責任の範疇だとおもいます。
菊川さんは、読者が「創価学会の問題」ブログから「学会アンチのブログ」を見るかも
知れない危険性を主張して「ナリスマシ」だと断定しましたが、菊川さんが、視覚障がい者
さんのサポートの為に立ち上げたブログの記事をみて「学会アンチのブログ」の
存在を知った場合はどうなるのでしょう。

相手のリスクを過大にとって、同じような自分のリスクはほとんど無視する。
人間は「損失」についてのリスクは過大に評価しがちなものですが
自分の記事には「損失がない」と過信しているからこそ、このような二律背反を
つかってしまうのでしょう。

これが「正義」の名の下に行われているという事に違和感を感じた方も
少なくないようです。
関連記事

創価学会と政教分離の誤謬

( 初出 2014/5/22:追記9/25 )
日顕宗の門徒さんがこんな主張をしているのを見つけました。


一昨日ニュースで
公明党の支持母体である創価学会広報室が
安倍首相の集団的自衛権行使(憲法改正ではなく解釈を変える)について
コメント(政治に口を挟む、物申す)を出していて、流石にびっくりでした
(略)
「(違反なのに)本音を出したぁ」
「コラコラ、政教分離違反でしょ」と苦笑しました
分別つかない瞬間を初めて観ちゃいましたよ

(公明党・創価学会[政教分離違反]のニュース)
http://ruby8nichirenshoshu.blog.fc2.com/blog-entry-111.html


//////////////

宗教団体として政治的なコメント発表する=政教分離違反 だと信じ切っているひとは
ネトウヨやカルト日顕宗の中にいまでもいるようですね。
これでは、いつまでたっても日顕宗で広宣流布なんて進まないはずです。
なぜなら、門徒さんといえ宗教者であるまえに国を構成する一人であることは間違いない
ですし、その門徒を統括する「団体」もまた、国の一部だからです。
日蓮大聖人は「汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」(立正安国論)
と言われています。
静謐とは世の安寧を意味する言葉ですが、宗教団体がその国を案じて発言(意見)する事
を「憲法違反」であるかのように論じるのは、むしろ言論の自由を蔑ろにしているとしか
思えません。

かつて国民が国家に翻弄されたのは、人を救う立場の集団であるはずの宗教が
政治に関して、ノータッチどころか賛同するだけの集団だったからじゃなかったでしょうか。
江戸期においても、宗教は統治システムに組みこまれ、寺領と門徒支配を保障される
かわりに布教に制限をされていました。
もちろん寺の坊さんが幕府の“まつりごと”に口をだすのは御法度。
しかたがないので、有力な大名や大奥とつながりをもつことで、資金を調達し
パトロンゆかりの末寺を増やすしかなかった。
現在でも、願い寺に縛られる寺壇制度(檀家制度)の弊害が残っているのが日本です。

近代に於いて、国から信教の自由を保障(保護)や、税制面で優遇されている代わりに、
表現の自由が制限されているなんてバカな発想は、日顕宗門徒が未だに封建主義から
脱却していない証拠だとおもいますね。
だからこそ、日顕宗の「破邪の蘭室」掲示版大月天管理人も事実上国家(政治)が
関与している靖国神社に対して一目おく存在だと考えているし、学会から退転した
元議員が出馬前に天皇陵という名の神域で坊主を引き連れて法要を行っている事が宗門
でも門徒でも問題にならない。

「強い」国家権力に支配されたがっているのでしょうね。

日顕宗(日蓮正宗)は、日蓮大聖人の教義をただ一宗のみが受け継いでいるという
のがウリなのですが、幕府・権力に何度もの申した日蓮大聖人の振る舞いが
頭では理解出来ても、行動に移せないのでしょう。

彼等の「世直し」は寺の前、駅前でビラを蒔いたり、ネットで創価学会に対する
批判をして宗内のみで自己満足をするだけなのです。
世に創価学会アンチは多数いますし、そういった方々に情報提供できても
日蓮正宗の門徒は全く増えない事実。
これが「広宣流布のできない」現証といえるでしょう。
関連記事

日蓮正宗が世界で受け入れられない理由

( 初出 2011/12/31 )
年末になるとよく~~ランキングといった格付けが行われれるものです。
なにげにニュースを閲覧していると、
YouTubeで嫌われちゃったビデオTOP5 というのがありました。
http://www.gizmodo.jp/2011/12/youtubetop.html
動画投稿サイトYOUTUBEには「評価」ボタンもありますが
「評価しない」ボタンも存在するそうです。
動画の評価はひとそれぞれでしょうけれど「ギズモード・ジャパン」の選んだ
ワースト1位は
GOD IS SO GOOD  という動画だとか。神様サイコーっていう意味でしょう。

内容は
「日本の3月11日の震災が神の存在を証明した! 無神論者達に対しての神の
ご意思だ! こんな風に神は信者たちに答えを出してくれるなんて素晴らしい!」
とお姉さんが興奮気味にしゃべっている(英語) セルフ撮影動画。
後日「原理主義者」を嘲笑うパロディだったという言い訳も通用せず、現在動画は
削除されています。
(しかし タイトル で検索すると他に移植されていたりします)

彼女はキリスト教でいうところの「最後の審判」の話を逆手にとったのでしょう
けれど日本で「○○宗が正しい事の証明」であるかのように吹聴しているオバカ宗派
代表候補が、日蓮正宗と顕正会。これは少々いただけません。

彼等が文証とするのは 

 日蓮大聖人は『減劫御書』に、「大悪は大善の来たるべき瑞相なり。」と仰せです。
このたびの東日本大震災は、日蓮正宗の僧俗において震災という大悪は
大善の来たるべき瑞相であるとの強盛な信心に立ち、御命題への実現に向けて
実践行動することが大事です。
(日蓮正宗寺院の4/10の指導)


瑞相とは何かが起こる前のめでたい出来事の事を指します。
ところが指導を脳内変換し、震災で学会の会館は波に呑まれたが、日蓮正宗の寺院は無事だった
法華講員は無事だったが学会員は被災した、他宗の人は不幸になったといったような
不謹慎かつ独善的な判断を述べる不届き者がいたのです。

一例
◆日蓮正宗法華講員です。今回の地震・津波で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し
上げますとともに、被災された多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。
この大災害の理由は邪宗教によるものです。
この機会に、邪宗教の恐ろしさを認識されて、真実正しい宗教である日蓮正宗に帰依することを
お勧めいたします。
(中略)
時を遡れば中曽根首相が悪鬼乱入せる靖国神社を公式参拝した現証として、日航ジャンボ機が墜落
しています。
墜落した御巣鷹山は中曽根首相のお膝元の群馬県であります。
また、大謗法・創価学会の御用政党である公明党の北側国土交通大臣の時にJR福知山線列車脱線
大事故は起きています。
皮肉なことに、事故現場は冬柴鉄三の地元でした。

政治家が邪宗教の害毒に染まると、多くの国民まで不幸になります。
http://megalodon.jp/2011-0319-2136-28/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457528569



中には実際に被災された法華講員さんが猛抗議をされていたケースもありますが
「自分たちが無事なのは正しい信仰をしているからだ」という意味で日蓮大聖人は
「大悪は大善の来たるべき瑞相なり。」と書き残したのではありません。

日蓮正宗や一部のカルト宗教は上記のようにして布教をすすめているのです。
とある日蓮正宗の坊主の説法にも明白です。

実例その2 ↓

さてこの大地震は、偶然に漠然と起こったわけではありません。
(中略)
これも時を得て、御本仏様の功徳によって出来たことだけれども、
「自分たちが広めてやった」と驕慢を起こして創価学会が大謗法団体になっていった。
その平成二年ぐらいから、冷夏、また逆の猛暑、少雨、
季節はずれの台風などの色々な天変地異が起きた。
それによる飢饉、狂牛病や鳥インフルエンザや新型インフルなどの疫癘(えきれい)。
また経済的にもバブルがはじけ、倒産、就職難。
世界的にも不況で、各国で政権が交代するなどの出来事が続き、
そして今回このような未曾有の大地震が起こって来ております。
http://megalodon.jp/2011-1231-1625-56/www2.ocn.ne.jp/~koufkuji/chief11103.html


このような感性はYOUTUBEで批判を浴びまくって削除された 「GOD IS SO GOOD」
と同じ発想のものでありおよそ世界でも受け入れてもらえない独善論なのです。

私は本年度のオバカ投稿大賞を1位を震災や原発事故に便乗していた
日蓮正宗僧俗の扇動員に贈ります。
関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。