スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙においての注意事項

(2013/7月に公開した記事を元に修正しています)

公職選挙法改正後、二度目となる国政選挙が、明日から公示されます。
いわゆるネット選挙運動が解禁になるにあたって個人のネットユーザーさん
が「できないこと」を中心に総務省のHPを参考に抜粋させていただきます。

http://promotion.yahoo.co.jp/netsenkyo/

まず、HPやブログで特定の候補者を当選させる為の記事、
また投票依頼をする書き込みをする場合、HNやSNSのユーザー名等
明記し、メールアドレスまたはメールフォームを公開しておかなくては
いけません。(表示義務:HNのみ、連絡先のみではNG)

これは落選運動(特定の候補者に投票をしないように呼びかける運動)
をする場合でも同じ事と思われます。。
また政党関係者や候補者を詐称して(いわゆるナリスマシ)記事を公開
するのは違法です。

そして、選挙運動用のHPや候補者、政党から届いた選挙運動用電子メールや
選挙運動用の文書図画(HPも含む)をプリントアウトして頒布しても違法です。
リアルで選挙運動用の文書図画を頒布できるのは候補者や政党等のみです。

上記条件を満たせば、候補者や政党や政治団体が選挙用(当選・落選)
に公表したコンテンツ(公約や実績等)を利用して、自分のHPやブログに
記事引用し掲載する事が可能になりました。(文書図画の頒布と言います)
もちろん自分自身が記事を作成して応援することができます。

落選運動に関しては、候補者に関し虚偽の事実を提示したり、ゆがめて
公にすることはできません。
落選運動は特定の候補者(一人の場合に限られない)の落選を意図する行為
のみを指します。
特定の候補を、他の“特定の候補者を当選させるために”投票しないように
呼びかけるのは選挙運動とみなされます。

-----------------------------

候補者および政党等から個人に送られた「選挙用メール」を
支援者がメールを使って再送(転送)する事は違法とされています。

facebookやLineツイッターなどのSNSは電子メールにはあたりません
したがって、候補者、政党の選挙運動投稿のイイネボタンを押したり、
リツィ-トしたりすることも可能です。
この場合、ユーザー名や連絡先等も自動で表示されているために
表示義務を果たしていると解されます。

-----------------------------

いずれの場合でも、未成年者がネットを使った選挙運動をすることはできません。
特に上記のSNSのように、うっかりイイネボタンやリツイートをするのは要注意です。

参考リンク◎未成年「うっかり」違反に注意 ネット選挙解禁で
   http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20130702000018  

------------------------------

また選挙運動(投票依頼等)は公示・告示後から投票日の間だけしかできません。
事前運動、事後の行動に注意しましょう。

------------------------------

一般論としては、一般的な論評に過ぎないと認められる行為は
選挙運動、落選運動のいずれにもあたらないと考えられているために
いつでもできますが、名誉毀損・侮辱にあたる内容は訴えられる可能性が
大きいので注意が必要です。

それから、個人のHPやブログ等で、政党や候補者の公開した記事を引用の
範疇を超えてコピーする行為は著作権を侵害していると見なされる可能性が
ありますのでご注意下さい。
政党が発行した選挙運動の新聞記事やビラの内容も同様と解されます。

----------------------------

自分が運営していない公開の掲示板、他者のブログ等においてネット
選挙運動をする場合一つ一つの記事が文書図画にあたると解される為、
1つの記事投稿毎にHNと連絡先(メールアドレス等)を表示する必要があります。
ブログのコメント欄を使った場合でも同じと解されます。

※仮に自分のブログやHPをつかって「選挙期間中以外」での選挙運動
 をした場合においては公職選挙法違反が問われかねません。
 ネットをつかった投票依頼は選挙期間が終了したと同時に、投稿や記事
 を削除したほうが無難です。
 第三者のブログ・掲示板に書き込んだ場合は削除依頼をすることを
 おすすめします。
 たとえば、他者のブログで共に選挙運動をしておいて、投開票後、
 別件であっても、なにがしかのプレゼントを受けたりもてなしを受ける
 と事後買収・饗応が疑われかねません。注意しましょう。

---------------------------

まだまだネット選挙は周知されていないので、予期せぬトラブルがあることが
予想されます。
違反者を発見したと思う場合は最寄りの選挙管理事務所、または警察
に通報しましょう。

詳しい事や解らない事は総務省の

なるほど!選挙 ・ インターネット選挙運動の解禁に関する情報
等を参考にしてください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html
関連記事
スポンサーサイト

「弊社の事故」福島の壮年さんからのクレーム

昨日 「弊社の事故」 を公開させていただいたところ、
コメント欄の代わりに使わせていただいている「富士宮ボーイ掲示板」に、福島の壮年さん
からの抗議が寄せられました。

(以下抜粋)

私の記事と、そのURL報道が関連するなら、事故当事者の
実名開示と言うことで、明確なプライバシーの侵害。
私の記事と、そのURL報道が全く別件であれば、
誤用による事実の歪曲の示唆。
いずれにしても、私が当事者たちのプライバシーに
配慮して記事にしていることを、全くの他人である
あなたが台無しにする行為をなぜ行なうのか。
【プライバシーの侵害を即刻停止せよ 投稿者:福島の壮年】



本日(29日)、福島の壮年さんの掲示版を確認したところ、私が取り上げた
元記事が消され、上記の抗議が書き込まれていました。

しかし、よく読んでみると、さも私が事故当事者の「実名を開示」した
かのように吹聴しています。
私は、ちょうど「27日」に福島県で起こった事故を報道する記事の
リンクを貼っただけで、記事内でなんら実名などだしていません。
まして、「明確なプライバシーの侵害」ではなく、福島の壮年さんの
記事を読んで、感想を述べたまでです。

しかも福島の壮年さんは、報道が「全く別件」であればという条件を
示して「誤用」による「事実の歪曲」だとしています。
拙記事内において、福島の壮年さんが取り上げた「弊社の事故」が
27日に福島県で起こった出会い頭の衝突事故と同じか別かなどと
いった軽々な断定などはしていません。
したがって
「私が当事者たちのプライバシーに、配慮して記事にしている」
のであれば堂々と記事を残せばよろしいのではないでしょうか。

それを「消した」うえで、公開されている「交通死亡事故」ニュース記事が
「弊社の事故」に関するプライバシーだとする意味がわかりません。

まるで私が悪人であるかのような、印象操作をされるのは何故でしょう。
公平性を保つために、福島の壮年さんの「弊社の事故」の記事魚拓の
リンクを提示しておきます。

読む読まないは読者におまかせしましょう。
http://megalodon.jp/2014-1128-1417-09/9314.teacup.com/fukushima/bbs/49




関連記事

弊社の事故

福島の壮年さんの、掲示版で
(事故に遭わぬよう気をつけましょう)
http://9314.teacup.com/fukushima/bbs/49
という業務上の死亡交通事故の記事拝見しました。

内容がマズイのではないかと、忠告を書き込ませていただいたところ

※私は、自分の居住している自治体は公表してしまって
いますが、在籍している会社名は公表していないし、
在籍している会社は、私の居住自治体(市・県)以外にも
周辺自治体に複数の事業所があります。
よって、どこで起きた事故かは、その日の全国の事故
報道を具に精査し、検証しない限り特定でき得ません。

(引用元 教学雑記帳 http://9314.teacup.com/fukushima/bbs/51)


との返答がありました。
どこで起こった事故なのか、どの運送会社が起こしたのかを書いていない
ので、問題ないとのことだそうです。
しかし、弊社の事故ということは、福島の壮年さんは、同業の関係者と
いうことになりますね。

27日に起こった「小型トラック」と「軽自動車」の死亡事故は
ネットを検索すると該当するものがありました。
http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2014/11/post_20091128114636.html
その記事によると
軽自動車の運転手さんが亡くなられ、トラックの運転手さん、同乗者、
そして軽自動車の同乗者が軽いケガをされたとあります。

掲示版の記事には、軽乗用車の同乗者さんの事が書かれていないので
「別件」の事故かもしれません
ですが、そこが問題ではありません。

福島の壮年さんが「弊社側」と書いていることと、事実として死亡事故で
あるにもかかわらず、「弊社」の運転手には責任が薄く、被害事故であるかの
ように書き、相手側が無謀運転をし損害を与えた「と読める」内容であることです。

たしかに何処の県の、何市の会社かわかりませんが、後の投稿を拝見する
かぎり、それなりの営業所がある業者であることは返答の文脈を読めば容易に
解することができるでしょう。
事業者側の関係者らしき人が直近に発生した死亡事故を、、死亡された相手側に
及ぶ事まで論評をするのは、いかがなものでしょうか。

交通死亡事故は残念ながら日本全国で発生していますが、ここまで
詳細に書きネットで配信すると、いずれ、どこの事業者の事故であったか
がわかってしまうかもしれません。
もちろん、福島の壮年さんが、その事業者の関係者であるかどうかも不明
ですが、書いた内容は「事実」をもとにした生々しいもののようです。
業務上知り得た事故の詳細を、個人の掲示版で公開する大義があるのか、疑問に
おもう方も少なくないと考えます。





関連記事

創価の森管理者からのクレーム

FC2ブログの管理者を通じて、拙ブログ内の

http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

4つの記事を、削除要求をしてきた方がおられるとの通知を受けました。
理由は、「映像の使用を許諾しない」とのこと。

著作権法条には以下のようにあります。

第三十二条
公表された著作物は、引用して利用することができる。
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるもの
でなければならない。



つまり菊川さんはブログを公・表している以上、そのコンテンツを「引用」の
範疇でのみ利用されることは憲法で保障されていることを知らなければなりません。

「引用」の範疇とは
必然性があること・引用部分と自分の著作との区別がされていること
主と従が明確であること・引用元を明記すること
おおむねこの四点です。

指摘をうけた拙記事のいずれもが、菊川さんが公開した記事
および、画像に対する批評であり、主従を明確にし、自分の著作との
区別をしたうえで、引用元を明記しているのですから、「許諾」の必要が
いものです。
なお画像等の著作物には「同一性保持」の権利があります。
元の作品を著作者の意に反して改変してはならないという権利ですが、
「トリミング」(必要部分だけの抜き出し)「サイズ変更」をしてはならないという
ことではなく、
「利用の目的及び態様に照らしてやむを得ないと認められる改変」
は認められています。

つまり、紙面や記事のスペースや、自分の記事との主従の関係を表現する
ため等のやむを得ないな理由があれば、「同一性保持」は適用されません。

(著作権法第20条第三項・第四項)

三 特定の電子計算機においては利用し得ないプログラムの著作物を当該電子
 計算機において利用し得るようにするため、又はプログラムの著作物を電子
 計算機においてより効果的に利用し得るようにするために必要な改変
四 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び
  態様に照らしやむを得ないと認められる改変
(昭六〇法六二・2項三号追加四号一部改正、平十五法八五・2項一号一部改正)





http://www.cric.or.jp/db/domestic/a1_index.html#2_3b




関連記事

幹部中傷は批判されない不思議

おやおや・・
内得信仰で、ブログ村創価カテに登録されている「太ちゃん」さんが、
今ネットでちょっと話題の「教学部レポート」を読んで
こんな発言を「宿坊の掲示版」に書き込まれています。

(以下引用)
///

『いや~衝撃を通り越して呆れましたよ。
先生の側で戦ったであろうに、『信心』をロクにわかってない様子が
 よくわかります。』
 信心をちゃんと体感的に理解してる者とわからない者とでのトラブル、
 そう感じました。
 それと同時に、なぜ僕自身が『冬眠』をすることになったのかも理解
 してしまいました。』

一通り目を通しました 投稿者:太ちゃん 投稿日:2014年10月 2日(木)
http://6027.teacup.com/situation/bbs/11417
///
(以上)



「太ちゃん」さんは富士宮ボーイ掲示版でも投稿された事のある
“内得信仰”を自称されている方です。
内得信仰というのは、通常、学会員として、南無妙法蓮華経とお題目は
唱えているけれど、家庭の事情などで御本尊様を安置できない方を指します。
ところが、「太ちゃん」さんは学会内でいうところの「未活動家」というスタンスを、
自らとられて、学会活動から距離をおき、「御本尊様」を安置されることなく
日蓮仏法を理解しようと実験されている興味深い方です。

あの「教学部レポート」を読んで、「御本尊様を受持しなくてよい自分」を
肯定できる内容だったということなのでしょう。
たしかに、公開された内容を見る限り、「教学部」とされる方たちと
現在の会長および、執行部への批判となっています。
ようするに、創価学会の大幹部でも、意見の相違による悶着があるという
内容を根拠として、執行部、教学部双方を『信心』をロクに解っていない
と中傷しているのだといえるでしょう。

そしてそういった内容のレポートを、自分の「フーテン」ブログでリンクを
貼った上で誘導し、そのブログが現在創価カテのOUTポイント五位になって
ている事について、「ナリスマシ」として悪徳ブログ認定をしたうえで、
排除運動を行った菊川、ちよ両氏がなんらアクションをおこさないのは理解
できません。

なぜなら、両氏が「創価学会の問題」ブログをナリスマシ認定し排除運動を
起こした理由が、学会員さんへの悪影響を危惧しての事だとされているからです。

以下に該当の記事を引用します。

///

※「そういうものを見て 会合に出なくなってしまった人など 私は 知っています」

(ちよさんの真実を語るブログ http://tomotiyoo.exblog.jp/22920850/ )


※「ナリスマシや内部アンチと呼ばれる人たちは、「学会をよくするためにあえて
 批判する」というアプローチを使います。すると、これに同調する人が現れ、
  そのブログに親近して対話を重ね、その対話を見た他の学会員がさらに同調する‥
 このようなことになります。

( 創価の森通信 http://sokafree.exblog.jp/23374572/ )



///


「学会活動をしなくなる」「学会に不信を持つ」・・・これらの未然防止が
ブログ排斥運動の「動機」であるならば、「創価学会の問題」ブログと
同じように、ブログ村創価カテに登録され、“善良な”学会員さんブロガーと
交流のある「太ちゃん」さんは、排斥の対象になりえるでしょう。

しかし、ブログ村で排斥運動を行った中心者の菊川さん、ちよさんは
なんら行動をおこされていませんし、「太ちゃんさん」に対して内々に
メールを送ったという話しもでてきません。
むしろ、太ちゃんさんは「学会をよくるするためにあえて批判する」場と
化してしまった「宿坊の掲示版」で、活発にコメントを書き込んでいます。

自分からはアンチに手を出さないという「三猿運動」を反故にしたうえで、
学会員さんを、集団から排斥する「悪徳ブログ擁護抑止運動」に転じた
菊川広幸さん。
また、菊川さんに感化され、『何としても 阻止したい そういう仲間』
の一人である「ちよ」さん。
そして、排斥運動に荷担した皆さん。

御書に、 「法自ら弘まらず人法を弘むる故に人法ともに尊し。 」(百六箇抄)
あるように、社会的なポリシー(信条・方針・政策)は継続的に実行されて
こそ、初めて意味を成すものだとおもいます。
中には激情をゴマカしたり、不満のウサを晴らす為に「粉飾された」ポリシーも
あります。

しかし、学会活動をし・な・く・な・る・か・も・し・れ・な・い原因が「偏向情報」であり
その情報を扱うブロガーを集団で排斥することが「正義」だとおっしゃるの
でしたら、今回も目の前にある「危機」に対してその正義を実行するべきではないの
でしょうか。

穿った見方になるかもしれませんが、ナリスマシや内部アンチと呼ばれる
人達がとっている
“「学会をよくするためにあえて批判する」というアプローチ”
自分たちも取っていることにパラドックスを感じてしまうから、あえて放置して
いるのか、それとも、学会本部の幹部中傷に「賛同」しているから見逃している
のかもしれません。

攻撃する側、見守る側いずれにしても、創価学会に対する不条理を自ら抱えた
ままでは、いずれ学会活動をしなくなる「かも」しれませんね。

関連記事

【速報】アベノミクス解散 安倍首相が言及

21日夕刻 衆議院解散首相会見で、安倍首相は、「アベノミクス解散」と
名付け、デフレ脱却をめざすアベノミクス政策に対して、このまま継続を
してもよいのか他に道があるのかを有権者に問いたいと発言しました。

また、平成29年4月からの消費税10%増税を確約したうえで、同時期に
低所得者対策にあたる、軽減税率を盛り込む事を検討すると言及。

三本目の矢にあたる、地方経済に景気回復の風を送り、アベノミクスの完成
をめざしたい旨を強調しました、


関連記事

【速報】 衆議院解散

本日午後一時からの衆議院本会議で解散が宣言されました。

事実上の選挙戦にはいることになります。
関連記事

創価学会が公明党を支持を決定

宗教法人創価学会と公明党が19日、中央社会協議会を開催したうえで
公明党の衆議院比例代表選挙の支持依頼をうけ、協議を行い
全国11ブロックの比例区で「公明党」を支持することを決定。
2014/11/20日付けの聖教新聞、および公明新聞に公表しました。

折しも公明党結党50周年の佳節をむかえ、昨日もBS放送で
「結党50年 公明党の平和と福祉」という特集番組が組まれて
いました。
http://www.bs11.jp/news/2513/

後半部分しか見られませんでしたが、結党以来、福祉の党、平和の党の看板を掲げ
着々と勢力を拡充し、現在与党として自民党も無視できないほどの存在感を得るに
至った歴史を、肯定的に論じられていました。
今や「宗教団体が政党を支援するのは政教分離違反だ」という声もかなりの少数派と
なり、まだまだ少ないとはいえテレビでの公明党に関する報道は普通になりました。

かつて四月会を主催し対創価学会の論陣を張った亀井静香氏のインタビューを
みられなかったのがちょっと残念(笑い)

明日衆議院は解散予定とされていますが、公明党が主張してきた
消費税10%移行時の「軽減税率」を、本日20日に自民党、安倍総理との会談で
導入をめざすことで意見一致。
具体的な検討をすすめつつ、自・公の共通の政権公約として盛り込むことに
なるそうです。

(参考リンク)
軽減税率 平成29年4月導入目指す
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141120/k10013349361000.html


国会は明日までなのですが、すでに一部野党議員は審議拒否をし欠席。
お膝元の選挙対策に走っているそうです。
ちゃんと与えられた仕事をこなしたうえで、有権者に政策を訴えて欲しいものです。



関連記事

速報 安倍総理衆議院解散を表明

本日夕方6時のニュースによると、安倍総理が消費税10%増税を再来年
四月まで延期し、国民に信を問うために衆議院を解散する意向を表明した
そうです。

※安倍首相 衆院解散の意向を表明
11月18日 18時05分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/j67164010000.html


夜の七時から、安倍総理自らが記者会見をおこない、趣旨を説明する
そうなので、解散選挙についてどのような「大義」があるのかを
よく聞いておきましょう。
関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。