JR福知山線事故から十年

網干車庫0204
ずっと以前の昭和の時代、10年ひと昔といわれたものですが最近は
5年程度で世の中が大きく変わっているように感じるほど、技術革新
が早く、経済も浮き沈みが激しいようにおもいます。

しかし何年たっても「忘れてはいけないこと」というものもあります。
今から10年前の4月25日。JR史上最悪の脱線事故が発生しました。
乗客106名と運転士、506人が負傷したJR福知山線脱線事故です。

(参照リンク:JR福知山線脱線事故写真特集)
http://www.jiji.com/jc/d4?p=ajf425&d=d4_disaster


この大事故により、JR西日本、ひいては民営化後の鉄道の安全管理体制が
社会的に問われ注目されるようになったように思います。
画像はJR西日本の車庫にかかげてある「安全憲章」です。

『かけがえのない尊い命をお預かりしている責任を自覚し、安全の確保こそ
 最大の使命であるとの決意のもと、安全憲章を定めます』

あらためていうまでもなく、多くの人を乗せて、安全に目的地に送り届けるのが
旅客鉄道の本来の使命であることは論をまたないでしょう。

特に感じたのは3番目の憲章の文言です。

『安全の確保のためには、組織や職責をこえて一致協力しなければならない』

私はこの文言は、「安全を守る」という意識は、他人任せでなせる
ものではなく誰もが当事者意識をもたねばならないという風に読みました。

昨今、ネットを介した情報社会が発展し便利になりましたが、中には通信技術サービス
を悪用し人命や他人の財産を奪ったり、権利を脅かしたり傷つけるといった事例を
多く見かけるようになったと思います。

10年前の福知山線脱線事故の折に、犠牲者の関係者を名乗る方が
「富士宮ボーイ掲示版」にコメントを書き込まれたことがあったのですが
日蓮正宗門徒の「法華講のおばちゃん」が、その方や、被害に遭われた
方々を嘲笑うかのように、


世界中の人間は、仏様にそむいている謗法者なのですよ。
だから大聖人様は。私達信心している人間に対して、
「天の加護なきことをうたがわざれ」徒仰せなのです。
災難に会って守られないのはは天の加護がなかったのです。(ママ)
( 投稿者:法華講のおばちゃん 投稿日:2005-04-29 00:32:17 )



と言い放ち、何度も愚弄しつづけていました。
(上記文言で気分を害された方がおられたら謝罪いたします)

この事実を忘れないように、私は「法華講員」さんたちの言辞を残し
以下のサイトでログを公開しています。

JR福知山線事故を嘲笑う 日蓮正宗 法華講
http://abenichi.php0h.com/jrf/record.php


数多くある掲示版の一部での出来事とはいえ、ネットは多くの方が利用する
公共のサービスである点は鉄道会社と変わりません。
「安全確保」を計らねばならない責任はユーザーにも、あると考えますが
読者のみなさんは、いかがでしょうか。

脱線事故で亡くなられた方に哀悼の意を表し
被害に遭われたすべての方の回復を祈念いたします。

2015/4/25日 あべひ拝






















関連記事
スポンサーサイト

三度目のアク禁:真実を語るウォッチ17

先ほど、墨田区の婦人部「ちよ」さんの、真実を語るブログに
「もうそろそろ終わりにしない?」という記事が書き込まれ
同ブログの二年前の「十四誹謗」記事がリンクされていました。

池田先生の指導を引用された記事ですが、その中で「ちよ」さんは
このように記しています。

※このブログに、コメントしていただく人の中に、ちょっと変わった人もいる。
 憎みも、嫉みも、恨みもないけれど、私は、ちょっと軽んじていますね。
 まさか、信心している人とは思えませんが、もしそうだったら、軽善にあたり
 謗法を犯していることになりますよね。
 ならやめたほうがいい、と判断しましたので、今後は、関わらないことにしました。

【十四誹謗 怖いからやめーた(福島でのお話から)~抜粋】



2013年の記事です。
コメントを寄こすちょっと変わった人を「軽んじている」ので今後は関わらないという
池田先生の指導を引用して「反省」しているようにみえます。
しかし、実際には拙こと「あべひ」を「一対一で話し合おう」とスレッドをつくって
誘い出し、「福島の壮年」さんを始めとする、批判者に書き込みをさせ続け
誹謗中傷までをも黙認した上で、あべひ対「ちよ」村常連さんという、1対多数の
「イジメ」状態を約2ヶ月間続けていたのです。
「もうそろそろ・・」と書き出したということは、また「ちよ」さんは暗にIP規制をかけた
のではないかと考え、コメントを投稿したところ、やはりホスト規制による書き込み
禁止処置が施されていました。

再再度の「ちよ」アク禁

投稿させていただいたコメントをこちらにも記しておきたいと思います。

“自分が直に関わらない代わりに、オトモダチ読者に関わらせて
 それを俯瞰して見ている状態こそが「イジメ」の構図そのものだと
 おもいますけれど。
 見ているだけなら「十四誹謗」にならないとおもったら
 大間違いだとおもいますです。”







関連記事

『体験談』公開にご注意 : その2

前段で、拙は
「自分にとって、誂(あつら)え向きの内容に価値観を見出し、他の
 誰も知らない「功徳者」と個人的に接する事が目的ではないか」


「みかん。」さんの動機を推測しましたが、それには理由があります。

その一つとして2010年当時の「創価の森の小さな家」ブログ以外にも、
みかん。さんのコメントが公表されていたので、一部引用しておきます。


※えーっ みかんさんも、脳みそ男?
私もどっちかって言うとそんな感じ
元旦那と、男子部の飲み会とか、今の父と壮年部の飲み会とか・・・ 
4年ぐらい前、壮年部の人の送別会があって、父が出られないから、
 私だけ行くって事になって、居酒屋に行ったら婦人部私だけ
あれーって言ったら、婦人部は誘ってないよ
ていうか、ちよちゃん婦人部?ってみんなに笑われました

ちよ 2013/04/29 15:19

--------------

※ちなみに私はアルコールが一切ダメなんすけど、飲めたら壮男と
 飲み会行きたいっすね~@v@
そういえば私も、壮年部男子部合同の御書学に婦人部ただ一人で
 参加した事あります。
私はですね、考え方とか思考回路的な意味で脳みそは男かなって。
それに、男の友人とは罵り合えるけど、女子には気を遣うとか、
カワイイ女の子に一目ぼれするとか・・男目線なんでしょうかね。

みかん。 2013/04/29 19:49
【 引用元:出発の前  千早さんのブログのコメントより 】
http://harutonaru.at.webry.info/201304/article_9.html



上記は、視覚障がい者の「千早」さんのブログに寄せられた「ちよ」さん
とのやりとりの一部です。


男子部、壮年部の「飲み会」に参加したことがあるという、墨田区の婦人部
「ちよ」さんの問題発言もさることながら、みかん。さんは「人に惚れ込む」
タイプで、同性のコミュニティより、異性のコミュニティを意識される方の
ように感じました。

率直に言わせていただくと、「組織内で少々浮いているのではないか」との
印象をもったのです。

「あべひ」が2010年当時に感じた印象の根拠が、2013年のコメントでは時系列
的におかしいではないかと、批判されるかたもいるかもしれません。

しかし、菊川さんのブログで公開「体験談使用許諾」をされた、みかん。さん
に興味がわいたので、過去ログをざっと探してみたところ、自分が学会三世で
活動をしているものの、「創価学会」に批判的なブログを回っていた痕跡があること。
活動や組織に納得いかないことが結構あり、その度に嫌がられる質問している
ので異端児扱いされているかもしれないと自己評価していたこと。

相手(男性)の学会批判にも共感をしめしつつ、皮肉だと感じられかねない
ほど褒めちぎったうえで、自分の経験談やイラスレーターの仕事を巧みに
アピールするところや、あちらこちらの「学会員コミュニティ」を渡り歩いて
愛想を振りまいているにもかかわらず、本人のブログが見当たらないところ
からも、自己の存在価値をネットでの学会員さんの好意的反応に見出して
いるように感じたのです。

みかん。さんは「ちよ」さんのような女性に対して話をあわせ「男目線」など
と自己分析されていますが、その実は自分を「女性である」ことをかなり
意識したうえで、男性の自尊心を満たし喜ばせることに長けている一面も
顕著です。

現在、物理的に世話になっている「福島の壮年」さんの掲示板での
コメントは非常に特徴的です。
http://megalodon.jp/2015-0415-0103-03/9314.teacup.com/fukushima/bbs


(続く)
関連記事

統一地方選 低投票率

NHKニュースによると、期日前統一地方選挙の投票率は

期日前投票で10%ほどの有権者が投票を済ませ
前回よりも二割ほどアップしています。

関西2府4県の府県議会議員選挙、当日の推定投票率は 午後6時現在

大阪 市会 32.02%:府議会 30.81%  京都 27.53% 

奈良 34.72% 兵庫 35.47% 滋賀 32.52% 和歌山 31.77% 

と いずれも前回を下回っているそうです。

今回、議席数が減らされている地域、新人を擁立された地域での
公明党候補者の奮戦に期待したいですね。







関連記事

『体験談』公開にご注意 : その1

「みかん。」さん という自称学会員さんがおられます。
御書全集の三度目の通読に挑戦されつつ、現場で「マイ講師」さんに
教学の個人教授を受けているそうで、なかなかの求道心があると
お見受けします。

現在は「福島の壮年」さんの掲示版を間借りして、時折、教学関連の記事を
アップされたりしています。
ですが、最近こんなコメントを公開されていました。

※それ以前の私は、自分に信心の体験がこれといってない分、聖教新聞
 の信仰体験や「名字の言」や池田先生の記事などを切り抜いたり、
 或いは自分で手描きでまとめて小冊子を作って、友達にその都度渡す事が
 多く、積極的に感想を聞く事も殆どありませんでした。
【みかん。の未完熟教学箱。 諸法実相抄(しょほうじっそうしょう)。 より抜粋】
 http://megalodon.jp/2015-0410-1611-08/9314.teacup.com/fukushima/bbs/t3/10




「それ以前の私」は、おそらく、みかん。さんが個人的に御書講義を受ける以前の事
だとおもわれます。
上記の記事には(2012.3月)との記述もあるので、以前どこかで発表された内容を
再掲されたのかもしれません。

そういえば、拙が、彼女に注目したのは、「創価の森の小さな家」に以下の書き込みがあった
からだと記憶しています。

※Commented by みかん。 at 2010-09-23 21:35

(略)
ところで菊川さん。ちょっとしたお願いがあるのですが。
おにゆりさんの所の菊川さんの「御書の功徳」という体験談を、
まんま来月のグループの会合で発表させて頂きたいのですがm--m
よろしいでしょうか?
自分、11.18までに1回目の御書の全編拝読が達成できそうなのですが、
12月の会合で「御書の全編拝読を終えて」(仮)という自身の発表をしようと
思っていて、11月の会合では”御書のカミサマ”と自分の中で呼んでいる
大大大先輩の副幹部の方を招いて御書のお話をして頂こうと思ってます。

グループの2010年の残りの3ヶ月を「大御書月間」にしようと今考えてます。
その第一弾として、菊川さんの御書の体験談をぜひ発表させて頂きたいと
思っていますm--mもしよろしければ使わせて頂きたいっすm--m
(これ非公開のほうがよかったかな?・・・軽薄なコメだったら非公開にして下さい)
【 創価の森の小さな家 2010/9 嬉しいことコメント欄より 】
(原文ママ)




後に菊川さんは、自分のブログにも「御書の功徳」を公開するに至りますが
当時は、こういった「体験談」を、「創価の森にはそぐわない」と嫌い
余所のサイトに寄稿して掲載を依頼していたのです。

拙は当時、「富士宮ボーイ掲示板」で、このコメントを取り上げて、
『  妙な流れがある 』 と評しました。
なぜなら、第三者の客観的チェックのはいった体験談が、毎日のように
聖教新聞、毎月の大白蓮華に掲載されているにもかかわらず、わざわざ
ネットで「自画自賛」の体験談を探し、作者につど「使用許諾」を求める
必要性が感じられなかったからです。

むしろ、「みかん。」さんは、「御書を読んだ功徳」という、自分にとって
誂(あつら)え向きの内容に価値観を見出し、他の誰も知らない「功徳者」と
個人的に接する事が目的ではないかと拙は推察しました。


(続く)











関連記事

真実を語る 告知

墨田区の婦人部さんが「イジメ」の話題をするために、開設された「真実を語る」
ブログで、再度拙に対する「IP規制」が解除されましたので、ご報告申し上げます。

現在、「ちよ」さんがわざわざ造ってくださった2つの「あべちゃん」系スレッドで
コメントが伸びています。

【あべちゃん 墨田スレ】
http://tomotiyoo.exblog.jp/23824185


【あべちゃん こんばんわスレ】
http://tomotiyoo.exblog.jp/23665494


特に、「ちよ」さんとの一対一の対話スレである「墨田の話」では
義父さんとお住まいの墨田区都営住宅に「妙観講」(日蓮正宗)と「顕正会」がやって来た
という衝撃的かつ貴重な証言がありましたので、さらに詳しいお話を伺っております。

墨田区は日蓮正宗門徒や顕正会が、学会員宅を調べ上げて戸別訪問を
しかけているのでしょうか。
興味はつきません。
関連記事

2度目のIP規制:真実を語る 番外

2月から解かれた「真実を語る」ブログでのIP規制が、本日復活したようです。
さきほど、コメントをさせてもらおうとおもい書き込みをしたところ
以下の警告が表示されました。

二度目のアク禁



約二ヶ月間「真実を語る」ブログを通じて、たくさんのかたと意見交換できました。
なかでもブログ主の「ちよ」さんと「一対一」でやりとりが出来るスレをつくって
いただいたことはとても有意義だったとおもいます。

おそらく、「ちよ」さんが「爽やかな」新規記事をいくら書いても、「あべひ」が
コメントを書き込む事によって、拙のスレッドがブログ内での人気記事
(記事アクセス数による)上位を占め続けたのですから、ブログ主さんの
「ネット上の自己演出」にそぐわない形になったことが不快になったのかも
しれません。

ところで、拙のHNが「タイトル」になった記事で交わされたコメントは200を超えました。

ほとんど意味を成さないイヤガラセマンネリコメントも含まれているとはいえ、
ぬるま湯記事を公開しつづけ、特定のオトモダチとの同調を試みるよりも、
一触即発を予感させるドキドキコメントが、推移を見守りたい、もの言わぬ
読者の目を惹き付けるという「結果」が得られたのではないでしょうか。






では、引き続き、「真実を語る」ブログについての論評は、拙ブログで公開させて
いただきますね。

もちろん、ご意見ご感想はご自分のブログや掲示版で思う存分書き込んで下さい。
関連記事

普通の人が残れないネットのコミュニティ

面白いネットマンガが公開されているので紹介します。

常識人は淘汰される? ネットの風潮を左右する”ヤバい人バイアス”とは
http://togech.jp/2015/03/31/21306


オープンコミュニティは、最初の頃は様々な人が見たり、参加されたり
しますが、なにがしかの偏りぎみな主張(特にコミュニティの開設者の)が始まると
、その意見に賛同する見かけ上の任意グループができます。

みしらぬ人間は一対一だと、他人の話を「聞きやすい」ですが、二対一、三対一だと
数の多い方が「正しい」と思うようになりがちです。
本当に正しいのか間違っているのかを見分けるのではなく、賛同グループに友好的
か批判的かを物差しにしてしまうのです。
「他人とおなじようにしなくてはいけない」という同調圧力の心理変化が起こります。

「オマエは空気が読めない」などと、自分、そして友好的な集団に同調することを求めて
くる人がいますよね。
まさに「空気」同様に目に見えませんが、複数人が集まる事でチカラ関係が働いているのです。

短期的には「集団内の意志共有」のような効果が期待できるでしょうけれど
長期的にみればコミュニティに対し従順な「似たもの同士」しか生き残る
ことができません。

でも、相手にほんとうに悪意があったのか?ただの不用意ではないのか?
もはや「叩いていい条件」を満たした人に人権なしといった具合にオーバーキル
を繰り返すネット民たち、恐ろしいマジで…。
【常識人は淘汰される? ネットの風潮を左右する”ヤバい人バイアス”とは】


関連記事

君はまだ成長できる:創価の森の迷い人

「千早さん」宅に個人ブログの記事にするために遠方の茨城から、中国地方
西部の空港まで自腹で交通費を支払って取材を敢行したという菊川広幸さんの
話題を掲載させていただいたところ、「千早」さんが苦情の記事を掲載されました。

【勝手な"推測”記事を書くのはやめましょう 】
http://harutonaru.at.webry.info/201504/article_1.html

要約すると、
千早さんは菊川さんと一度東京で出合っており、知らない人ではない。
千早さんが、要求を菊川さんに押しつけることはあっても、菊川さんから押しつけられた
ことはない。
体調が悪いときにメールや電話でどれだけ助けられたかわからない。
メールを記事にするときは千早さんの「許可」をとってからされているし
私が「困っている」からこそ、手助けをしてくれている。


との事です。

ということは、菊川さんに世話になっているので、自分から自宅に呼んだのだという事
なのでしょうか?それは違うでしょう。
菊川さんは「創価の森の小さな家」という個人のブログ記事でこのように書いています。

「あの約束早いほうが良いな」「今年がいい。早いほうがいい」【千早抄:千早さんの家】

あの約束というのは、以下の記事にも書かれています。

※大事な約束の記事を、あなたの誕生日に書くことを表明して延期となり、
 次に7月末から書き始めることを申し上げていましたが・・
【前略千早さま(16)オオカミ少年の憂鬱と決意 より抜粋引用】



ではいったいどんな約束をしていたのでしょう。
菊川さん自身がこのように陳述しています。


※「あなたは自身の人生を「普通」と言うけれど、現実には普通なんてものではない。
 大きな障害を乗り越え、たもちがたい信心を貫かれた勇者です。
 ですから、私はあなたの半生を体験談としてまとめたいと思うようになりました。
 あなたは、あなたのブログで断片的な体験を書かれているが、もっと鮮明に、
 もっとリアルにまとめてほしいと申し上げたりしましたが、そう簡単に記事にもできそうもない。
 あなたの「あたり前」のことは、本当は「すごいこと」‥
 そうなると、どうしても第三者が書かなければ伝わらないわけです。

http://megalodon.jp/2014-0814-1834-08/sokafree.exblog.jp/23158493/



ようするに、「千早」さんはブログを開設し自分の事を断片的に記事にされている
けれど、自分が「スゴイ人である」ことが書ききれていない。できそうもない。
だから第三者である「菊川広幸」が取材をして書かなければ伝わらない。
という、少々傲慢に近い一方的な思い込みによる「約束」です。
インターネット自画自賛で一定の評価を得ている「自分」なら、千早さんの人生を
ドラマチックに表現できると過信してしまっているのでしょう。

千早さんは、菊川さんのブログ記事に「撮影された画像」が貼ってあるのを
ご存じだとおもいます。
一般的に写真の背景にうつっているものには、かなり場所を特定できるものがあり
記事の内容とともに、他での関係者とのやりとりを加味して記事にさせていただい
ております。
「推測で記事を書かないで欲しい」と言われますが、会った事もない第三者である
あべひが推測できるだけの情報を「菊川さんが善意」で公開している事に「千早」さん
は気付くべきでしょう。

メールや電話で、千早さん自身と菊川さんは直接連絡が取れる間柄なのに
なぜ「前略千早さま」などと公開文通をしなくてはならないのか。
「千早」さんは、上京される時にネットを通じて知り合っただけの方に時間を割いて
案内をしてもらったようですね。
失礼は承知で、書かせていただきますが、まったく別の地域の学会員さんに高額な
旅費を払わせてまで、自宅取材を受けるだけの「信心」をされているのでしょうか。

しかも菊川さんは北関東の「ブロック幹部」です。
中国地方の「千早」さんと組織的にはなんの関係もありません。
別地域の「本部幹部会同時放送」にいっしょに参加する前に、自分の
ブロックの会員さんや友人を誘ったりするのが本来の菊川さんの学会活動です。
茨城の本部には1人も「障がい」を持っているかたがおられないのでしょうか。
そんなはずはありません。

「千早」さんは、日本一の宗教団体、創価学会で信心されているのですから
あなたの、現場組織はしっかりあるはずです。

創価学会の信心は「1人たつ」信心です。最初、よくわからない事を手伝って
もらったり教えてもらうのは仕方がないことだとしても、他地域の学会員さん
に 信 心 の 上 で「自分ができないこと」をいつまでも頼っていれば
、成長できないどころか、「してもらうのが当たり前」になってしまいます。

ブログで弱音を書き込めば、遠隔地の学会員さんがいち早く励ましてくれる。
たしかに嬉しいでしょう。
しかし、「千早」さんを現場から遠のかせているのは誰なのか。
相手の学会活動を妨げている存在は誰なのか。
“自分さえ良ければ、誰がどうなろうとかまわない”
そういった小さな自我から脱皮するのが、人間革命ではないでしょうか。

千早さんの信心は、ブログの為にされているのではないでしょうし、
菊川さんのブログのネタにされるために信心しているのではないでしょう。

日蓮大聖人の仏法は「助けてもらうため」ではなく、「助けるため」の
信心ですよ。
なにも出来ないと卑下する必要はありません。
これからなんでも出来る自分になれるのですから。

まだどんどん成長できるのに、安住の地をみつけて足ぶみ状態を
作り出しているは自分自身なのですよ。




関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析