【速報】地域政党「対話の会」解散

まず、ローカルな話しなので先にお断りしておきます。

世間では、「維新の党」から、立役者の橋下大阪市長と松井大阪府知事が
離党することとなり、同党の国会議員組と地方議員組(大阪系)の郷愁が取りざたされている。

地方分権が一丁目1番地の維新の会、その中でも最大の案件であった大阪都構想(大阪市解散)
選挙で、惜しくも敗れた橋下市長が政界引退を宣言していたので、おそかれはやかれ、離党を
するものだと考えている人も多かったのではないだろうか。
そうなった時に、橋下人気にすり寄ってきた国会議員組と、中心軸を無くした地方議員組が分裂する
か地方議員組が国会議員組に吸収され再編するのか、まだまだ目が離せないが、「維新」としての
一往の区切りになることは間違いないでしょう。

などと、ぼんやり過ぎた時代に思いを馳せていると、滋賀県の地域政党「対話の会」が解散という
ニュースが飛び込んできました。
こちらは、かの嘉田元滋賀県知事を応援するために発足し、大阪の橋下維新、滋賀の嘉田対話と
もてはやされ、国会議員選出へのチャレンジも何度かされたものの、一人の当選者をえることも
ないまま、頼みの嘉田氏が小沢一郎議員にほだされ「日本未来の党」の党首に大抜擢され、惨敗。

嘉田知事引退後を占う、2014年滋賀県知事選で地域政党「対話の会」としての存在意義も、
知名度も薄れ、あの民主党と合流。「チームしが」として、共同行動をとってきたものの、完全に
民主党に食われた形となり、「政党」として9年間の短い命を終えたことになる。

「維新の党」は、国会進出を焦り、橋下人気に乗った現職の国会議員を引き込む形で
国政政党の体裁を整えたために、橋下氏との国会組の微妙なズレが最後まで災いした。

「対話の会」は、国会議員に嘉田知事が引き込まれる形で、変質し希薄化、嘉田知事引退
以後本来の「地域政党」としての存在も忘れかけていた。
設立者の無節操さに振り回された感のある「維新の会」と「対話の会」

いずれにしても「地方分権」というエサで「都の月」を眺めるところまでいけなかったことは
共通しているのではないだろうか。






関連記事
スポンサーサイト

追従者でしかなかった「創大有志の会」

創価大学と創立者・池田大作の名前をつかった
「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」
(以下 “創大関係者有志の会”と呼称します)
によるネット署名の募集は、26日に一端終了したようだ。
結果的に1557名と、拙の予想通り低調な結果におわった。

夕方のニュース等では、一往とりあげられると思われるが
”創大関係者有志の会”のツイッターによると、「100大学有志共同行動」として
ネット中継がおこなわれた模様。

そもそも、今回の署名運動は
「STOP違憲の安保法制」を旗印として、『 100大学有志共同行動 』という大きなくくりのなかの
一つの動きとして、創大関係者らが安全保障関連法案に対し「創立者の理念」という曖昧な
錦の御旗をすえなおしたものに過ぎなかった。

100大学有志共同行動の関係者のHPに今回の共同行動の流れが以下のように
掲載されていたので引用することにする。

◎100大学有志共同行動(8月26日)のお知らせ

各大学有志の会の皆様へ

安全保障関連法案に反対する学者の会の発起人・事務局代表の佐藤学です。
8月26日の午後、学者の会主催・100大学有志共同行動を行います。
午後1時から100大学のノボリを立てた共同記者会見、参議院議員全員への
請願行動、午後4時からは日弁連との共同記者会見、午後6時からは日弁連
との共同デモ行進です。
引用元
(https://antianpo.wordpress.com/2015/08/21/100%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%9C%89%E5%BF%97%E5%85%B1%E5%90%8C%E8%A1%8C%E5%8B%95%EF%BC%888%E6%9C%8826%E6%97%A5%EF%BC%89%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/)


「安保関連法案反対学者の会」が主導して、各大学に呼びかけたところ、
その中の一つとして「創価大学」「創価女子短期大学」の関係者が相乗りをした
といった形だろう。決して、創価大学の有志が始めたわけではない。

ようするに追従者だ。

他の大学ではどのようなサイトを立てているのだろうと興味をもったので
以下サイトのリンクをあらあら見て回らせてもらった。
「安全保障関連法案反対する学者の会」各大学の取り組み
http://anti-security-related-bill.jp/link.html


アピールを拝見するに、ほとんどの大学有志は「安全保障関連法案」
を立憲主義を無視した政府の横暴と位置づけたうえで「戦争法案」であるとの主張に
立脚しているようだ。中には「教職員関係者」だけの有志の学校もあるが、
その中で「創立者」の理念とか、○○教の精神に鑑み・・等宗教的意義を
付加価値として上乗せしていたのはわずかばかりの宗教系大学しかない。
また大学によっては、教職員の中でも「法学部」や「法務関係の研究者」に
限定された有志の会も存在する。
そういった「法学」関連の有志が運営する会の意見や趣意、声明文等は
法解釈の上で非常に読み応えがあるものとなっている中で、
「創大学関係者有志の会」のそれは、「創立者池田先生が否定的である」と
いうだけの内容であることが残念でならない。

さて、「創大関係者有志の会」の場合だけに限らせて貰うが、かなり創価学会員
さんから批判があったようで、現在同有志の会のサイトでは「実名賛同者」の
掲示がされていない。
その代わりに、26日現在戸田記念国際平和研究所総合所長の
ケビン・クレメンツ博士からのメッセージが掲載されている。
氏がどれだけ日本の法律に詳しいのかは存じないが、今回の法改正が
「米国との軍事同盟の強化」によって平和主義が脅かされるといった懸念論
から脱して切れていないようだ。

署名の集まり方にも非常に特徴があるようにおもう。
http://web.archive.org/web/20150824171207*/http://sokauniv-nowar.strikingly.com/
こちらに集められていた過去のキャッシュ(8月11・13・15・24)をみるに
13日 634名 だったものが 15日 1144名 と倍加したものの 24日には1468名
そして26日には1557名となっている。
11日から始まった署名運動総数の7割強が15日までの世間の夏期休暇の間に
されていることが興味深い。

署名に応じたかたの中には、“創価大学の有志が始めた”ということで、背後関係
をなにもしらべずに実名をあかした方も多数おられるのではないだろうか。
世間一般の風にのれば、今回の安全保障関連法案は「戦争法案」という向きが
強いが、公明党では繰り返し 「平和安全法制」と述べている。
(参考リンク: 平和安全法制の審議 自衛に不可欠との理解深めたい 
なぜなら今回法案に上がり、問題の核となっている「集団的自衛権」とは
<<専守防衛>>の枠内での、米国(または同盟国)との間にのみ容認するという
ものだからだ。
簡単に言えば、日本の領土、領海が軍事的に攻められた場合においてのみ集団的
自衛権の発動ができるというものなので、基本的に相手国が日本に対し軍事的に
侵攻してこないかぎり、現状となんら変わらないのである。

今回の法整備だけで、近隣国が軍事的緊張に陥るなどと煽っている人こそ
、相手の軍事力に怯え、相手側を信用していないからこそ、「触れてほしくない」
だけなのではないだろうか。


















関連記事

「創価」の看板を私用した政治活動の末路

創価大学、および創立者池田大作の看板を使ってネットで「署名」を集める
政治的イベントは、拙の予想通りマスコミ各社にも報じられ話題となった。
もっとも、 「創価大学を使った私的政治的活動が創立者の意志か」 の記事中
にも指摘したように、発起人関係者らが「ネットニュース」にも署名イベントの
通知をあらかじめ通報していたことが推察されるため、予想された反応だったであろう。

おそらく呼びかけ人らは、池田大作の推奨する「平和運動」の一環ということで
学会員さんや創価大学卒業生から、SNSを通じ、またニュースを見た学会員
さんたちからもっと多くの賛同者が集まることを期待していたようにおもわれる。

8/12日の追記記事に、発起人の一人である「さの」氏が
ツイッターで
まずは26日の100大学共同行動までに、たくさんの創価女子短期大学・創価大学
 関係者有志の声を糾合して、安保関連法案廃案への圧力にするぞ!

と怪気炎を上げていた事を発見して、「功名心にすぎない」と批判をさせていただいた。

署名を集める場合、その趣旨や大義も大切だが、その署名をどうあつかうのかが
まったく説明されておらず、ツイッターでつぶやかれているのみだったからだ。

現在は「安全保障関連法案に反対する学者の会」と連携し行っていることを明記し
26日に行われる「100大学有志行動運動」というイベントで結集したうえで、与野党議員
(?)に署名を提出する旨を掲示している。
それなら最初から「創価大学創立者の理念」等の付加価値をつけずに、「学者の会」
の主張などを前面にだすべきではなかっただろうか。

「安保法案反対学者の会」との連携をいつ公表したのかは拙も知らないが、立ち上げ
10日たってやっと1300人ほどのものらしい。
8/13日までに900人弱集まった割には、終盤にきて伸びが鈍化しているようにおもわれる。

それよりも、「創価」の看板をあげ創立者の言説が「安全保障関連法案」になじんでいない
かのようなミスリードをした結果、学会員さんや創価大学関係者からも批判されている
のだそうである。(参照リンク・週刊ゲンダイhttp://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162899)
発起人らは、まさか自分が仏敵などと批判されることまで考えつかなかったようだが、
それは、自分たちが正義であると確信して疑わなかったからかもしれない。

創価学会では、昔から組織利用は御法度であることは会員にはよく知られているが
具体的に「組織利用」がなんにあたるかまで考えが及ばない人が時々でてくる。
組織利用とは、「創価学会」から許諾も得ず、「創価学会」と関係があるかのように
みせかけた私的な活動に人脈等を通じ学会員さんを巻き込む行為全般をさすと
考えると良いだろう。
世間一般の会社や学校等でも、勝手に「社名」や「校名」を語った無許諾勧誘には
注意を払っているのと同じ事だし、消費者側としてもそういった「肩書」をつかって
キャッチセールスをする業者は怪しまれるものだ。

特に、勧誘に宗教的なステータスをつかう場合は、個人の尊崇する部分に触れてしまう為
使用する「正当性」の説明がもっとも重要となってくることは想像に難くないだろう。

しかし、彼等はなぜ批判されるのかに配慮できず、「仏敵と言われた」と被害者ぶっている。
はたして発起人らは、創価大学関係者や創価学会員さんの感情を損ねていることに
どこまで気がついているのだろうかとおもう。

かれこれ11年ほどまえ、自自公連立政権の頃に「イラク戦争」が勃発し、特措法が成立し
自衛隊がイラクのサマワに海外派遣された折り、自称地区幹部の学会員伊藤氏が
ネットを通じ「特措法反対」の署名運動を行った。彼は公明党に直接署名を手渡したそうです。
現在でも朝日新聞webには記事ログが残っている。

創価学会有志、「イラク反対署名」を公明に提出
http://www.asahi.com/special/jieitai/TKY200401210318.html


当時、実際に戦闘行為が行われ連日テレビを賑わしていた事もあって、
「平和憲法遵守」のスローガンに1800の署名をあつめたそうです。
この伊藤氏は現在でも 「桜@青い太陽」 のHNでネットで活躍しているものの
すっかり、創価学会と公明党を批判するだけのアンチサイトを細々と続けている
にすぎません。
彼に賛同し、活動を共にした婦人部さんが後にブログを始められ、当時の軽率な
行動を後悔されていた。

マスコミがテレビ、週刊誌や新聞紙上で「創価学会」を話題にするときは、好奇の目
でしかあつかわないのは学会員さんなら経験則として感じているところでしょう。
そんなマスコミの「好奇の目」で「現役学会員」や「創価大学職員」として注目された次点が、
いわば「発起人」らの絶頂期です。
あとは過去の例のごとく坂を転がり落ちるよう「アンチ」になってしまうのではないかと
危惧します。
関連記事

【速報】武藤たかや議員自民党を離党

安全保障関連法案の反対デモをおこなっている若者グループをツイッターで
「利己的個人主義」だと批判し騒動となった衆議院滋賀県4区選出の
武藤貴也議員が、自らが未公開株の購入持ちかけをし金銭トラブルとなって
いることを週刊誌にスッパ抜かれ、自民党に離党届けを出しました。

参考リンク
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150819/k10010195351000.html

彼のツイッターには
神道政治連盟との関わりがよく書き込まれていましたし
演説会や公式HPでは滋賀県遺族会との関わりで靖国に参拝していたことを
アピールしており、いまひとつ腑に落ちない所もありましたが、「守りたい国がある」
などの美辞麗句をかかげている人間が、よりによって未公開株取引の「カネ」の
トラブルで離党するなんぞ恥さらしも良い所でしょうし、自民党滋賀県連も公募による中央
の人選に苦言を述べて欲しいですね。

これで三度目の当選は確実になくなりました。


関連記事

創価大学を使った私的政治的活動が創立者の意志か

創価学会と犬猿の仲となっている日顕宗(日蓮正宗)の黒川和雄さんさんが
「安保関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」という
私設の任意団体があることを話題にし、創価学会が分裂するのではと希望的観測を述べていた。

リンク先をたどってみると、確かに11名の発起人とともに(12日には1名減って10名)

「私たち関係者有志は、創立者・池田大作先生の理念を我が人生の根幹に据え、
 安全保障関連法案への「反対」を表明します。」

等趣旨が掲示され賛同者の実名、または人数が明記されている。
賛同ボタンを押すことで完了する、いわゆるネット署名と呼ばれる政治運動だ。

昨日(2015/8/11お昼頃)には総数100人ほどだったけれど、ツイッターやFacebook
とも連動しており、先ほど(8/12 14時頃)再確認すると390名ほどに増えていた。

創価大学の創立者池田先生が学園生や卒業者に対し「安全保障関連法案」に
関してなにやら言及されたかとおもいきや、創立者の理念として掲げられていたのは
歴史学者のトインビー博士との対談「二十一世紀への対話」からの一説でした。

「自衛権は、対外的には、いうまでもなく、他国の急迫不正の侵略に対して、国家の
自存を守る 権利です。 それは、対内的には、そして根本的には、国民の生きる権利
を守るという考え方に根ざしています。 すなわち、個人の生命自体を守るという、自然
法的な絶対権の社会的なあらわれが国の自衛権というものであると思います。
であるならば、その自衛権をもって他国の民衆の生命を侵すことができないのは、自明
の理です。ここに自衛権の行使ということの本質があります。

問題は、あらゆる国が他国からの侵略を前提として自衛権を主張し、武力を強化して
おり、その結果として、現実の国際社会に人類の生存を脅かす戦争の危険が充満していることです。」


【 二十一世紀への対話 第二部 政治と世界 第二章「軍備と戦争」の4 
                              “平和憲法”自衛権 より抜粋 】
///////////////

意見表明をしたい。

「安保関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」
の主張を見て恥ずかしながら再度、二十一世紀への対話を読み直してみたが、
発起人らが、池田大作先生の理念としている箇所は、
国際法で認められている「自衛権」というものを、各国が保持している戦力(武力)を増強し
運用することのみで解決を図ろうという手段を否定されたうえで、憲法九条の「不戦」理念に
誇りをもち守り抜きたいとし、

『 そしてそれを実あらしめるための戦いが、われわれの思想運動であると
自覚しております 』

【同上より引用】

と結論つけられています。

創価学会員さんであれば「われわれの思想運動」とは、草の根レベルの仏法対話であること
を知っているはずです。

トインビー博士との対談の中で池田先生は憲法九条と自衛隊に言及している箇所がある
のはたしかです。
でも、両氏が対談内で同意されたのは「最良の自衛策は物理的防衛手段の放棄」という
理念であり、世界政府の樹立つまり国境を無くした上で、世界警察軍が治安維持を図る
という将来の目標です。
よく読み込めば、池田先生は「自衛権」そのものを完全否定しているのではなく、
自衛の名の下に、必要以上の保持戦力を肥大させていくという国家のありかたを批判
しているのだとおもいます。
そこで大事になってくるのが「国際紛争を解決するための戦力は放棄する」という
憲法九条の理念です。

トインビー博士も池田先生も、憲法九条の堅持が国際関係の中でも有利であるとの認識です。
したがって昨今の安全保障関連法案が「憲法九条の改正」に基づくものなら、世論でも
否定が多数を占めているのですから「創価大学」の看板をあらためて掲げる必要もなく
意見集約はできるでしょう。
ですが、実際には現在自衛隊が行っている国連PKO業務はトインビー・池田の提案した
「世界警察軍」に通じていくものであり、現在安全保障関連法案で議論されている
”限定定期集団的自衛権”は基本的に「日本の主権の存続」に深く関わるケースで
ないかぎり、またそれが国会で承認されなければあり得ないというものです。

これは公明党の粘り強い働きかけで実現したことは、いうまでもありません。
いま国家で行われているのは憲法九条を堅持したうえで、「自国の防衛」とみなされる
ギリギリの判断がなされているのであって、そういった議論そのものが徴兵制だの
他国への戦争だのに通じるという感情論に、感化され池田先生の対談を部分引用
し、人員を結集する方策をとるのは甚だ不適当ではないだろうかとおもいます。

しかも、発起人らは学識者としてなんら個々が具体的に説明をしていません。
ただ、「池田先生が自衛権そのもの否定的」であるかのような印象操作をし
正当性を担保するために一部の者が「創価大学」「創価女子大関係者」の
看板を大々的に掲げ「創立者の思想の実現」と誤認されるような内容を
拡散するのは不当と考えます。

拙の知る学会員さんに何名か意見を聞いてみましたが
「 創価大学や池田大作の名をださないと、できないようなことなのか? 」
と懐疑的でした。
このような学会員がらみの突発的イベントはマスコミの好餌になることでしょう。

「有志の会」に問い合わせをするにもSNSを通じるしかなく、意見を書き込もう
にも「賛成」タブを押さなくてはならないので、「創立者池田大作」を不当に利用
した「政治活動」に、安易にのせられたりする方がゾロゾロとでないように、批判的
意見を公開させていただきます。

またこういった「権威論証」的やり方に納得がいかないブロガーさんは、是であっても
非でも、ご自身で意見を書いてみることをお勧めします。
言論で戦う学会員さんが誰かが上げた旗の下に「名前」を並べ賛同に変えるだけ
ではただの弱々しい追従者ではないでしょうか。。


(追記あり)






続きを読む

関連記事

広島平和ナイター

広島に原爆が投下されて70年目の節目をむかえました。

今夜の阪神タイガースは広島の本拠地、マツダスタジアムでのナイトゲーム。

なにげなく、テレビを見ていると、広島カープの選手全員が HIROSIMA・ 「86」の
背番号のユニフォームを着てプレーしていました。
胸には PEACE の文字。
広島カープ公式HPには、
「球団の歴史は広島の復興の歴史でもあります。 試合開催にあたり、慰霊の意を表すとともに
 「8月6日」に対する多くの方々の想いや記憶の歴史を継承し、次世代に引き継ぐきっかけになる事を願っております」
とのメッセージが。

http://www.carp.co.jp/news15/s-033.html

試合当日の始球式は、平和記念式典に参加した小学生の男女児童が。
また二階堂和美さんによる「平和を祈る歌」独唱等々、ご当地球団の粋な計らいに、ちょっと感動しました。
関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析