素人カウンセラーにご注意

ネットを使ってみると、いろいろな情報を手に入れることが
できるメリットがあることに気がつく。

情報といっても様々なジャンルがあるのだが、拙がよく見かける
のが「相談事」系のブログなどだ。

某巨大掲示版や、YAHOOといった老舗ネットサービスでも
昔から、あなたの疑問をユーザに応えてもらおう的なコーナーが
必ずある。

「相談を受ける」というと カウンセリング とコンサルティング という
言葉を連想される方が多いとおもう。

counsel も consult いずれもも相談する、協議する
という意味があるのだが、consult(コンサルト)はより専門的な
判断というニュアンスがあるようで、診断という意味も含まれる。
対してcounsel(カウンセル)はもっと広範的な意味のようだ。

あるカウンセリングサイトには、海の前で
お腹が減っている人に魚をとってあげるのがコンサルタント
お腹が減っている人に魚の釣り方をおしえるのがカウンセラー
と表現されていたが、理解しやすいようにおもう。

だが、リアルでもネットでも気をつけなければならないのは、
相談に乗ってくれる親切な人が、かならずしも「絶対解」を
教えてくれる訳では無いということではないだろうか。

実は「コンサルタント」も「カウンセラー」も公的な資格
は必要なわけではなく、肩書を名乗って営業行為をしても
罪に問われたり罰則があるわけではない。
ニーズとサービスがあっても未だ法は整備されていないのが
現状だ。

業界のセミナーを受けてカウンセラーを名乗っている方
もおられるが、実際には実務を経験することなく 我流 で
経験を積んでいるだけの方も多い。
そういった自称カウンセラー氏が、心の病に悩む方をネット
で見つけては相談相手になっているケースがままみうけられる。
特にネットで無店舗営業をされているカウンセラーは
「健康食品」とおなじようなものだと解したほうが身のためだろう。

ネットでカウンセリングを受け、たとえ身体に変調を来しても
、契約関係も曖昧な状態で、因果関係を証明するのは至難の業だし、
SNSサービスの特性上、文句を言ってくる気に入らない人物は遮断
することが容易で、閉鎖して行方をくらまし新たに違うHNで次の
ターゲットを狙うこともできる。 人間には本質的に支配欲がある。
自分の思い通りに他を動かす事に快感を覚えない人はいないのだ。

本当に病なのであれば、医師の診断を受け専門家と相談の上リハビリ
をして社会復帰を目指すのが王道だが、なぜかネットで「素人」の
意見をアテにする人が多いのは、困りものだ。
せっかく治療をうけ寛解状態(症状が軽くなる状態)になったのに
不安にかられ素人の生兵法で症状を悪化させ、人生をダメにされても
「自己責任」で片付けられてしまうのがオチなのだ。

では、口当たりの良い宣伝文句や、おもねりトークにまんまと
引っかからないようにするにはどうすればよいのだろうか。

怪しいコンサルお断り」という個人のサイトが拙のお勧めだ。
プロのコンサルタント業の方も、レベルの低い同業者のせいで、事業
そのもののイメージが悪くなることに苦慮されているようで、9つの
チェック項目をあげられている。

これは次回、詳しく記事にしてみたい。


関連記事
スポンサーサイト

速報 オバマ大統領「核無き世界への決意」表明 


先ほど、広島平和公園に訪れた米国オバマ大統領は原爆慰霊碑に献花を

され、所感を述べ、「核無き世界への決意」を表明しました。

現職の米国大統領が広島平和公園、原爆ドームを訪れるのは

初めてのことです。

メッセージ発表後、被爆者の方とも、にこやかに握手を交わされました。

戦後70年を超えてしまいましたが、被害者、加害者という対立軸ではなく

平和を希求する人間同士として、お互いを認め合う姿に感動しました。

核廃絶への潮流が世界的になるように、より一層邁進してまいりましょう。

関連記事

速報 「厚田の桜守」 BSの番組で放送

あす 5月28日(土) BS11 にて 20:00~

「北の大地、 さくら物語」 という番組が放映されます。

ソメイヨシノの植生北限といわれた札幌よりも北にある

創価学会第二代会長戸田城聖 有縁の地、北海道厚田村の

戸田記念墓地公園に桜を植え、育てあげた

桜守、佐々木忠さん・忠和さん親子の奮闘が取り上げられた番組です。

是非、御覧ください。  友人、知人、会員の皆さんにも教えてあげてください。

番組HP http://www.bs11.jp/special/6488/
関連記事

毎日更新シンドローム:創価の森ウォッチ 133

拙ブログ記事 「仕事が忙しい」の言い訳 :創価の森ウォッチ132
で、「疲れていると、いいいながらブログの更新を休むという選択肢は
みられない」と書いからだろうか、つい最近、燃え尽き症候群になった
ということで

今しばらくブログ記事の再開にお時間を頂きます。
体を休めたいので。


http://megalodon.jp/2016-0516-2348-12/sokafree.exblog.jp/25805643/


との記事が「創価の森通信」に掲載されていた。
関東北部で地震のあった5/16日の事である。
ところが次の日もその次の日もブログの記事更新が止まることは
なかった。
こうなれば「燃え尽き症候群」とやらの理由も疑わしい。

菊川さんのブログは「創価の森の小さな家」「創価の森の小さな家(別館)」
「創価の森通信」の三つが確認する事ができ、このうち二つが、日本ブログ村
に登録されている。
現在この三つのブログのうち(別館)は、読者の質問に答えるイベントが
行われておりメールや書き込みを通じて、信仰にからむ質問が菊川さんの
もとにおくられてくるようだ。

仕事で疲れていると言いながらも、こういった読者むけサービスに余念がない。
また、自在会(視覚障がい者のグループ)のサポートのために立ち上げたと
いう「創価の森通信」では専ら「自分のこと」ばかりが一年365日ほとんど
毎日記事にされつづけている。
だが、第三者の手を借りてまで作成しているはずの「ひらがな御書」は
お座なりのままだ。

たしか、菊川さんは日々の日常記事を掲示したブログを「リアルブログ」
と呼称し、それは卒業したと宣言していた。
そのリアルブログとやらが「創価の森の小さな家」なのだが、五年かけて
毎日更新を続け、記事更新を終了する際には

「5年でピリオドを打ったことは「正解」だったということ。
 現在も生活パターンは大きく変わりませんし、不用意に
 続けていたら 結局マンネリになったことでしょう。
 続けて名を腐すより、きっぱり終えて良かったと思っています 」

【 創価の森通信:「創価の森の小さな家」から半年 2014年 06月 21日~引用】


と述懐していたのだが、ブログを変えてマンネリを続けていることになる。
菊川さんにかぎらず、自己宣揚をするタイプの人は、過去にどんなこと
を自分でかいていたのかを、覚えていない傾向が強いようにおもう。
覚えていないというよりも、都合良く過去を改竄しているといった
ほうが良いだろうか。
その一例が 最新の記事に色濃く出ている。

菊川さんは「創価の森通信」期間限定記事において
かつて公開していた「月下の騎士」というブログの代わりに
 「創価の森の小さな家(別館)」を創ったと主張しているがこれは眉唾物だ。

「小さな家」そして「別館」が当初からあり、現在の「別館」でおこなわれて
いる「読者からの質問受け付け」をしていたのが「月下の騎士」という
ブログである。
ようするに、現在のような 3ブログ 体制をとっていたのだ。
中でも「月下の騎士」では、公開質問受付の呼びかけがされていた
ものだから、アンチさんや他宗派の方、学会に不満のある会員さん
ら数名が、菊川さんに対し質問を書き込んでいた。
都合19名の方に専用スレッドを設け質問に答えていたのだが、
ある日突然終了することとなった。
「日本ブログ村創価学会カテゴリの皆さまへ」 と銘打たれ
理由は「ブログ村創価カテゴリーで騒動が起こった」とのことだった。

よほど、「月下の騎士」の自分の対応に愛着があったのか、
いくつかのスレッドを抜粋し「創価の森の小さな家(別館)」に
移動させていたのだが、現在ではその痕跡も消されている。
つまり、「月下の騎士」の代わりに「別館」を創ったというのは
都合の良い嘘なのだ。

その証拠となる魚拓を提示しておきたい。
http://megalodon.jp/2012-0704-1809-24/sokaknight.exblog.jp/18497997/

菊川さんは、「月下の騎士」設立当初このように宣言していた。



※私は、内部を装い、かく乱を目的としたコメントを「ナリスマシ」と呼んでいます。
 攻撃に対し、私が「あなたはナリスマシですね」とコメントすると、正常な学会員すら、
 「この人はナリスマシではない」と言うのです。
 このような対話の展開は、ストレスが溜まる作業です。
 そこで私は、創価の森ブログで、このようなコメントに一切反応しないで済むように、
 この月下の騎士ブログを立ち上げました。 

【 ブログ設立の理由 2011年 12月 02日】



ようするに、「創価の森の小さな家」と読者を学会アンチから防衛するために、
立ち上げたというのだ。

さて「月下の騎士」での騒動については、別稿で書かせていただきたいが、
菊川さんがライブ感のある記事を毎日更新するために、読者投稿だけでなく
メールで内々に寄こされた内容すら都合良く「創価の森の記事」として利用
する性癖は未だに変わる事はない。

最近、SNS中毒など過度なコミュニケーション依存の方を
「つながり(きずな)依存」と分析する人が多くなった。
多くが「若者」や「女性」のネット依存を中心に論じられるが、なにも
男性・・それも分別のある中高年が依存しない訳ではない。

菊川さんは、読者に飽きられないようにするために毎日更新が必須
だと考えているのかもしれない。
もしそうなら「強迫観念」があるのだと思う。これはストレスにしか
なっていないだろう。疲れて当然だ。

参考に 「ネット依存」の日本的特徴は「きずな依存」 という外部サイ
トの記事リンクを貼っておきたい。
http://www.nippon.com/ja/currents/d00102/
















関連記事

佐渡塚原の動画 

最近、一部の創価学会員さんブログで、日蓮大聖人が流罪された
佐渡の塚原のYOUTUBE動画がもてはやされているようだ。

スライド形式で画像が代わり、音楽と戸田城聖第二代会長の
講義音声がBGMとなっている。
該当YOUTUBEでの説明によると
「以前、プライベートで作成していた御書研鑽用冊子「伸選タイムズ」の付録動画」
ということなのだそうだ。

どうやらこの動画は学会員さんが作ったらしいが、どうみても
平成19年に日蓮正宗が勝手に作った「塚原題目塔」が映っている
ことに気がついた。 (動画開始3分頃)

ちなみに、日蓮大聖人が佐渡流罪において配流された塚原の三昧堂の
場所はいまでも定かではない。
佐渡の日蓮宗根本寺であるという説、それ以外に日本史学者の田中圭一氏が
提唱した説を元に、日蓮正宗が作った「碑文」と題目塔があるのだ。

動画の最期は、佐渡文化会館の佐渡広宣流布の碑と碑文が紹介
されているとはいうものの、日顕宗が勝手に設定した塚原の碑を写して
締めくくっているものの、後味が悪い。

ある方(非学会員)が、ブログで該当の塚原碑文をとりあげて記事を
書いておられた。
誰一人訪れるもののいないその場所に「さもありなん」(=もっともだの意)
と感想を述べられている。

さて、「日蓮大聖人ゆかりの地を訪ねて」と銘打ったYOUTUBEの動画では
学会歌や戸田先生の講義とともにドラマチックに動画が仕立て上げられて
いるのだか、この動画をみて佐渡にいきたいとか「功徳です。気持ちが洗われた」
などと悦にいっている御仁がおられるようだ。
どうも、創価の森ブログの読者が、感動癖のある菊川氏の所に動画の存在を
通知したものが、ブログ村創価カテの「ちよ」さんの所にも飛び火したらしい。

動画のリンクタグをブログに貼った墨田区の婦人部「ちよ」さんの記事は
日蓮正宗の作った「碑文」の下に、こんな一言が付記されている。

「何があっても ご本尊様と池田先生のもと 不退転で行って頂きたいし 
 私もそうして行こうと思います。まさか あの人が?という事もあるでしょう」
( 最近の記事は  ~真実を語るブログより引用)



よく調べもせずに、現役の学会員さんが日蓮正宗の創った史跡を紹介して
いるのだから、「まさかあの人が?」 という事があるかもしれない。

ちなみにYOUTUBE動画の作成者は、ちよさんブログでタグを貼り付け
られて以後「他のブログでの再生」を無効化してしまったようで、
ちよさんブログでは「日蓮正宗の塚原碑文」画像しかみることが
できないのは、なにかの暗示だろうか。

YOUTUBE貼り付け御免w

公開されているものは何でも、自分のブログのコンテンツとして
都合良く使って良いわけではないということを学ぶと良いのでは
ないだろうか。






関連記事

努力回避地  Effort haven

富裕層が所得の税金の支払いを軽減する方策として、
各国の優遇税制を活用するタックスヘイブン(租税回避地)
を利用している証拠となる名簿、いわゆるパナマ文書が
公開され話題になっている。

国外での所得を無税としている国、会社の設立が無税といった
複数の租税回避地に利益を経由させることで、収入にかかる
税金をより安くすることができるのだそうだ。

この方法は国際法として規制されているわけでもなく、
税制はその国の主権に関わることであるため、仮に自国が得られる
利益が他国に流出していたとしても、やりかたそのものは罪には
問えないのが実情だ。

なにが問題なのかというと、自国の企業から得られる税金が少なく
なれば、減った税収を国民が負担しなければならなくなることだ。
わずかばかりの富裕層が税金をおさめない代わりに、それ以外の
中流層から貧困層にいたるまでの国民が税金の減収分を負担する
のだから、社会的道義的に問題だ。納税は国民の義務だからである。

パナマ文書とは税金逃れをしている大企業や富裕層がパナマの法律
事務所を介し実態のないペーパーカンパニーを設立したことが
記されている、いわば顧客名簿のことなのだ。

近年日本も海外への送金に法的規制をかける法律ができたそうだが
金融のネットワークが世界規模になっている以上、一・二カ国の
法規制だけでは防ぎきれず、国際的なルールを作り資金の流れを
監視できるようにすることが望まれる。

さて、
ネットをつかって「架空の組織」を作り、自己の所属組織が
関与が出来ない状況を逆手にとって、現場の貴重な人材を
「架空の組織」に流出させ育成を試みようという行為が、
一部自称学会員の手によって行われている。

宗教活動は、本来、実際に自分の足をつかった行動(修行)によって
自らと他者を救うことが目的であるといえる。
創価学会の場合、具体的な宗教活動といえば、勤行唱題と座談会の
開催そして家庭訪問という能動的活動に集約されるだろう。
もちろん、これらの活動は「弘教」が最終目的だ。

ところが、ネットの架空組織で行われている、唱題会や座談会と
いった通常の学会活動の名を借りた「 信心イベント 」は部屋から
一歩も出ず誰にも会わず、活動に出向く努力を回避した状態でも
お題目を唱えているだけで「活動」として成立することになる。
信心イベントは「弘教」が目的ではない。
イベントに興じ、弘教をすることもなく会合に顔を出さずとも
自分だけの信仰をしていることを報告するだけで喜ばれるからだ。

視点を変えてみる。

創価学会員さんである以上、身近に自分が所属する組織も活躍する
社会環境も存在するのだが、ネット信心イベントグループという
架空の組織は、それらになんの恩恵ももたらさない。
いかに創価学会とて、弘教に邁進できる人材は現場に一人でも多い
ほうが良いに決まっている。
だが、架空組織に取られてしまった人材の活動は、リアルでの他の
誰かが補う事となるわけだ。

楽(トク)をした一部の人間の為に、それ以外の多くの誰かが犠牲に
なるという構図は、資産家が、タックスヘイブンを使って国の繁栄に
寄与しないのと同じだ。
つまり、ネットの信心サークルは 現場貢献の「努力回避地」と化し
ているといえるのではないだろうか。

明確なルール違反とまではいかないが、社会的・道義的に問題がある
と考える人がいてもおかしくないだろう。

納税は義務だが、信仰は権利という側面がある。
だからこそ、権利は一人一人が守らなければならないはずだ。
関連記事

彼と彼女の事情 真実を語るウォッチ 35 

拙稿  日出れば星隠れ:真実を語るウォッチ 34

で紹介した「ちよ」さんのアメブロでの騒動が、長引いているようだ。

今一度説明すると、「枇杷の葉」さんのブログに「ちよ」さん
(アメブロのHN「たえ」さん)がを難癖コメントを付けにきたことが
発端だった。

ブログ主さんはネットでは「相手が実際にどのような方なのかは
解りかねる」というごく一般的な趣旨を述べられただけたようなの
だが、ネット同盟唱題“連帯”の主催者はそこが気に入らなかったらしい。

修羅のスイッチが入ったのか、自分の実在を疑うのなら墨田区に
来て学会幹部(婦人部書記長・前書記長)に確認を取れと憤慨
した様子だ。
また、その“連帯”の主催者は、ネットのおかげで、遠方の学会員
と交流していると豪語している。
近畿や中部の学会員のところに出かけるのだという。

「リアルがきちんとしているからブログでも仲良くできるのです」
とやや自慢げに主張しているが、相手に個人情報を特定されただけではなく、
実際に会いにこられるような関係になると、言いたいことも言えなくなるのが
人情ではないだろうか。

彼女は自分のブログ(exciteとアメブロ)では「人当たりのよい善人」の
ように装っているが、自陣から一歩足を踏み出せば、意にそぐわない
相手に対し、どこかで掴んだ他人のプライバシーをチラつかせて威圧を
かけてくることがあるのだ。
一度個人情報を渡した人間にとって、彼女の機嫌を損ねること
ほど怖いことはないだろう。
ネットのコミュニティを通じて、どんな印象操作が行われるのか
どこに被害が及ぶか見当もつかない。

その犠牲者の一人が、「ハピネス」氏だと拙は見ている。
ハピネス氏はかつて「いまいち」というHNで創価系ブログを
サーフィンしていた。 2013年頃の話だ。
「ハピネス氏は」引っ越しをされたところだったらしく、地元の学会
組織にもなじめなかったようだ。
当時、茨城のブロック幹部である菊川氏の創価の森ブログから
千早さんのブログを経て、「ちよ」氏と知り合ったらしい。

※創価の森でも、ご主人様以外で、はじめて声をかけて頂いたのは、ちよさんでしたね。
 ちよさんのお気使いがなければ、今のわたしはありません(笑)
 何より罪の消し方まで簡単にご教授してくださいました。
 以来、懺悔、させていただいております♪
 Commented by いまいち at 2013-12-01 05:0



その投稿に対し、「ちよ」さんは

いまいちさん おはようございます
そしてようこそいらっしゃいました
「思いが強ければ、会えますよ」って、その通りになりましたね(笑)
千早さんのところも見て頂いて、感謝です
いい時代になりましたね
創価の同志が、こうやって、語り合える
時間も気にすることなく、思いを伝える事ができる
ネットと言うもの、作ってくれた人に、感謝ですね
(Commented by tomotiyoo at 2013-12-01 07:46)



と返答をした。
その後、いろいろとあって「ちよ」さんはリアルで、ハピネス氏と合い、
同志としての交流ではなく、公然と男・女のつきあいをするようなった。
その当時の魚拓を提示しておく。

http://megalodon.jp/2014-0620-1354-26/tomotiyoo.exblog.jp/22333522/


この当時は「ちよの彼氏」というHNで、はにかみながらも
まんざらでもなさそうなコメントをよせていた。
が、よくよくみればハピネス氏の家庭の事情を「ちよ」
さんが公然と公開していることが読み取れるだろう。

また、あるとき、意見の相違から「ちよ」さんと「ハピネス」さんが
対立したことがあった。
その時は、彼と彼女双方のブログでリアルタイム報告がされ
痴話喧嘩の様相を呈していた。
ハピネス氏は一度ネットから撤退をする旨を公表しブログを
閉鎖したものの、寂しかったのだろう。
ちよさんのブログで「ハピちゃん 10周年おめでとう」との懐柔
記事を機会にネットのコミュニティに舞い戻ってくることとなった。
2015年の3月である。
この時から「ちよ」と「ハピネス」は切っても切れない仲となった。

アメブロでの騒動は一旦終結したかと拙はおもっていたが「ちよ」さん
はネット同盟唱題のメンバーAKKOさんと結託し、枇杷の葉さんの
アメブロのコメント欄を通じ、もう一騒動を起こしていることを知った。

該当ブログへのリンク
http://ameblo.jp/biwanoha1228/entry-12149138337.html


「ナリスマシ騒動」の時もそうだったが、「ちよ」さんが乗り込んで口火
を切り複数人が関係するネット騒動に発展すると、彼女は一線から
退き、まるで他人事であるかのような、そぶりをみせようになる。
だが、一度自分が受けた被害を彼女は決して忘れていない。

そして彼女の「怨念」めいた感情を伝播させるだけで、ハピネス氏
をはじめとするアメブロコミュニティの「オトモダチ」が動きだす。
まるで親分子分の代理戦争の様相だ。

その様子をみて当のちよ(たえ)さんは、自分のブログで
満足そうにのたまうのだ。

※ハピちゃん 私の代弁 ありがとう
 私の事 よく 解ってくれてて 感謝です
 (略)
 たまに こういう事があるのです
 喧嘩をうっているわけじゃないんだけど うられたと思われちゃうのね

( 真実を語るブログ 「なんのこっちゃ?かも?」 より抜粋 )



このようにして、ちよさんは信心に絡めたり感情に応え
上手く「自分に奉仕してくれる人材」を育てているように思う。























関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析