宗教活動としての「宴」

以前拙は 酒宴は禁止創価学会のルールと伝統 という記事を
書かせていただいた。
日蓮正宗門徒がブログなどで所属寺院の忘年会を開催している
という報告をしている記事を引用し、創価学会では組織として
酒宴は禁止されていると比較をしてみたのだ。

すると法華講員らしき読者から
『酒が悪さをするわけではないし、謗法でもない』との反論が
届いた。 たしかに「酒」そのものはたしなむ程度なら問題ない
だろうし、日蓮正宗も創価学会にしても宗教戒律として飲酒
そのものが厳禁としている宗派ではない。

だが拙が主張したいのは飲酒が是か非かという二元論ではない。
日蓮正宗のように法主が「祝い」とされる宴席での芸者遊びや
坊主の風俗通い、傷害事件が内規によって処分されようが
されまいが、所属する宗内の綱紀の問題であり、創価学会と
して関与できるものではないだろう。
ただ、学会員として組織だてて酒宴などを開催するのはトラブル
の元になるから禁止されているということである。
では、会社やグループ主催の宴席に学会員さんがいれば
同席した学会員さんは飲んではいけないということなのだろうか。
それも、違うように思う。

学会員として組織だてて・・というのはつまり「宗教活動」・「支援活動」
など創価学会が推奨している活動の延長として「宴席」をもつなという
ことだ。 例えば地区・ブロック内での歓送迎会、支援活動後の慰労会
等、主催者と参加者が同じ信仰の同志としての関係であったり
宗教活動を通じて知り合ったもの同士の宴席などが該当するだろう。

酒によるトラブルもさることながら、宴席に呼ばれたもの、呼ばれ
なかったもの、また参加できたもの参加できなかったものとの間で
妙な連帯感が生まれたり、利得の格差ができしまうことが問題なのだ。

呆れたことに、自称創価学会員のブロガー中でSNSを通じた
域外の学会員さんとの「交流」を口実に、上京の際に集合して「宴席」
を設けるいわゆるオフ会を開催しているものや、贈答品を交換し
あったり、自宅で宿泊させるなど、創価学会員だからということで
個人的な便宜を図る、不謹慎かつ道理をわきまえない連中が
ブログ村創価学会カテを通じて幅をきかせ我が物顔でネット
活動報告などを繰り返している。

表向きの創価学会に対する美辞麗句の裏では、待遇をうけたり
与えたり、あろうことか男女間の感情を逆手にとって個人的な
宗教的活動に協力させるなどといったブログ主と常連コメンター
との間での従属の関係の構築は、学会の地元組織では把握
できかねず、いずれ由々しき問題となって結実することだろう。

目的があいまいでも心地よければいいといだけのサークル感覚
でネット宗教活動を模索しているものは、こういった先々の危険性
を感じることができないからだ。
いずれにしても、「宴」を企画したり、軽々に学会員を食事に誘って
さらっとブログで自慢しているような人間には近づかないように
すべきだ。 いずれ信心が破られてしまう。











 







関連記事
スポンサーサイト

さらば蓮舫

27日午後テレビを見ていると、民進党代表の蓮舫氏が辞任を表明
との速報がはいった。
唐突な感があったが蓮舫民新運営の頼みの綱であった野田元幹事長
が都議選敗退の責をとり辞任しているのだから、さもありなんという
ところだろう。

退潮著しい民進党にあって、蓮舫代表の東京都議選での敗退の責を
問う声が身内から上がっていると報道されていなかったように思ったが
蓮舫氏本人は都議選敗退の責を取るのではないと言明している。
となると代表に就任して以降、個人的な二重国籍問題ばかりが注目され
肝心の党勢回復には程遠い現状が横たわり続けたことが辞任理由に
なるだろうか。

口達者でテレビ映りのよい人物ではあるとは思っていたが、党幹事長に
野田元総理が選ばれた時点で、民新の未来はほの暗いものがあると
拙は感じていた。 なぜなら野田氏は外交(交渉)オンチであるからだ。

維新と合流して「民新」と名を改めたまではよかったが、あろうことか
民・共で選挙協力をするというサプライズをやってのけた結果、党を
支援してきた労組にもそっぽを向かれ、現有議席をを共産党に取られて
しまうという大失態を昨年の参議院選・都議選で見せたのは記憶に
あたらしい。
結果的に民共の野合は共産党の党勢拡大に寄与しただけだといっても
過言ではないだろう。

民共路線は蓮舫氏がはじめたことではないにせよ、それを受け継いだ
まま、漫然と「与党叩き」に時間を割いただけのイメージしかないのが
拙の率直な感想だ。
蓮舫という大きな広告塔を失った民進党が本気で党勢を回復したいの
かどうか。次期代表戦で明らかになるだろう。



関連記事

だれが創価カテをダメにしたか

久しぶりの投稿となってしまいました。

拙自身はブログで記事を書かないまでも、この
半年間ずっとブログ村創価カテの顛末を見守って
いました。

学会員のある方が、ブログ村創価カテがダメになって
しまったのは、「信心があるかないか」を基準に
していないから・・つまり、スレに見合わない記事を
書いているアンチさんのせいだ・・という趣旨の記事
を公開されているのを拝見したのですが、拙には、
そうはおもえません。

たしかに、アンチさんのブログがブログ村創価カテ
での人気記事や人気ブログとして上位にはいったこと
は、真面目な読者が離れる一因となったのかもしれません。 

が、それは逆に言えば「真面目な読者」を食い物に
しているネット信仰イベント活動企画者たちのブログ
での言辞がアンチさんの記事よりも飽きられてしまった
からにほかならないのではないでしょうか。

また前述した「信心があるかないか」を判断基準にすべき
だと主張される方は
”これが創価学会ですと紹介するには創価村
(注:ブログ村創価カテのこと)はみっともなくて紹介
できない”・・・ともおっしゃっています。

具体的にどのブログがみっともないのかは指摘されて
いませんが、「これが創価学会です」とおすすめできる
ブログがブログ村にないのではありません。
真面目に教学を研鑽されつづけている秀逸なブログが
いくつか存在します。
ブログ村創価カテの主だったユーザーといえるであろう
イベント信仰に明け暮れる、己のオトモダチのランキング
アップしか興味のないメンバーに、真面目な信仰記事を
書かれている方が評価されつづけていない ことが
大問題なのではないでしょうか。

つい最近のことですがブログ村宗教カテに
「宗教批判」のカテゴリーが追加され、創価カテにはびこって
いた「アンチ創価」ブログはブログ村管理者の手によって
ほぼ移動させられました。
移動させられたなかには日蓮正宗某寺院のオフォシャル
ブログもあったりして思わず笑ってしまいましたが
正常化されたはずの創価カテのランキング推移が
どうなるか・・と拙は楽しく注視しつづけています。







関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析