FC2ブログ

創価学会の本尊を受持した法華講員さん

なにげに、今でも創価学会を退転し日顕宗門徒に下ったという
某ブログをみてみると、アプリストアで創価学会御本尊が無料で
配布されていたのでダウンロードしたのだという。
日顕宗門徒の間で噂になっていたのだそうだが、スマホ本尊
と呼ばれているものらしい。
彼等日顕宗門徒は、悪僧にたぶらかされたあげく創価学会で
会員に下付している大石寺の法主書写御本尊を「ニセ本尊」と
呼び習わし本尊(仏)に対する謗法を積んでいるのだが、
理由をつけたうえでダウンロードし、スマホに御安置することは
厭わないらしい。
所属する日顕宗の坊さんは、
「学会のニセ本尊を法華講員が受持しても拝まないのなら
謗法にはならない」とでも指導しているのだろうか。
そんなことはないはずである。

----------------------

日顕宗では創価学会の本尊はニセであると主張するとともに
ニセ本尊を受持するだけで「不幸になる」と喧伝している。
事実、日顕宗の埼玉の法華講支部HPでは
『常に魔を肌身離さず持ち歩くこととなり、事故や病気、不運に見舞われる
                             確率は格段に高まります。』

(引用元: 埼玉能安寺法華講支部HPより抜粋 )
などとオカルティックな教説をたれている。

もともと、日顕宗では
『御法主上人の許可なく、勝手に複製したものを、私たちは
                    『ニセ本尊』と呼んでいるのです』
( 大白法・平成23年12月1日付け記事より引用 )

などと定義付け、元となった日寛上人の本尊をニセと指弾しているのではない
という立場をとっていたのだが、一向に学会の脱会効果が上がらないとみるや
お守り御本尊にまでケチをつけ「持ち歩くだけで不幸になる」などと脅すやりかたに
方針転換しているのであろう。
この指導が真実なら学会員に見せる為にスマホにダウンロードし肌身離さず
持ち歩いている退転某氏法華講員は「不幸に」なるに違いないはずだ。

だが、そんなことを知ってか知らずかコメントを寄せる法華講員さんは誰も「不幸になる」
などと指摘することはない。
いや、それとも創価学会を退転してなお執着し、日顕宗に行っても幸せになりきれない
自分の弱い信心が「不幸」そのものであることを他人に知られまいと、法華講の某氏が
“ダウンロードした御本尊を受持してた”などと言い訳するための布石をうったおいた
だけなのかもしれない。
まぁ、どんな意図があるにせよ個人で御本尊の画像をダウンロードして受持してよい
もなのかどうか所属の寺院の坊主に指導を受けてみるほうが先のように思う。

-----------

奇しくもスマホに御本尊をダウンロードした某氏は、以下のように述べているのが
魅惑的である。

『創価の「八葉蓮華」のマークのアイコンに創価の本尊となれば、これはもう立派な
 創価の仕業ですな。
 確かに、創価本尊は単なる「コピー」ですから
 なにをやってもどうでもいいとえばどうでもいいが』 

 (ダメ出しブログ 2018/2/21付け記事より)

まさに「単なるコピーだからなにをやってもいい」を地でいっているのが
日顕宗門徒ではないのか。 そういった自語相違を彼自身も気が付かないようで哀れだ。
もともと同様の学会本尊の画像はもっぱら日顕宗門徒がネットで垂れ流している
ものであり、それを再利用してネットで活用いるのも日顕宗門徒であることが多い。
“学会の本尊だから学会員が配布しているにちがいない”などと理由もなく
思い込めるその短絡さこそが、日顕宗門徒の思考なのかと思えてくる。
だがこのような「書写された本尊」の写し(画像)であっても、学会員を破折するために
所持するのは問題ないというご都合主義な考え方は、今回紹介した退転者の某氏
にかぎったことではないところが、法華講員のもつ御本尊観を知る上での共通認識
でありミソとも言えるのだ。

--------------------------------------------
 
YOUTUBEで法論動画を配信しコンテンツを販売している長野妙相寺門徒
の樋田氏は、かつて学会員さんとの「公開法論」でおなじようなことをやっていた。
創価学会の本尊がニセであるという説の補強材料として、ネットでひらってきた
「御本尊」の画像をプリントアウトし、学会員の前にちらつかせ
「コレとおなじことなんですよ」「拝めますか?」と詰問してみせたのである。
樋田と山下君の御本尊不敬
つまり
「学会員を恫喝するためなら本尊のコピーを作成し所持してもかまわない」
という学会退転某氏とまったく同じ発想が、法論商売をする樋田氏や同席している
法華講員山下氏にもみられるのだ。
彼等日顕宗門徒にとって、御本尊とは自分たちの信仰の正当性を示す「道具」でしかない。
こういった発想ができるのも、弘安二年の御本尊こそが特別であり、それを静岡の大石寺
で拝むことができる立場で優秀な信仰者である「法華講員」という、選民思想の成せる技
だろう。
(選民思想:自分たちは神によって選ばれた特別な民族・人種である、という信仰、確信。
                                     日本大百科全書より~)





関連記事
スポンサーサイト



対話精神 と 拒絶の害

拙が墨田総区の婦人部「ちよ」さんとの対話の機会をもたせていただいた
monlingenさんのブログでは、現在、管理人さん御自身と、葛西さんという
学会員さんとの間での対話が試みられている。

「葛西氏との対話部屋」(記事リンク)
「対話の外野部屋Ⅱ」(記事リンク)

ブログ村の創価カテの人気記事ランキングで見る限り「葛西氏との対話部屋」
よりも、「葛西氏との~」を読んだ読者が意見を述べ合う「外野部屋」のほうが
注目されていたようだが、これは進捗の遅い葛西氏スレッドよりも、投稿が活発な
外野部屋での動向が気になる読者さんが多かったということだろう。
「主」となるスレッドよりも副次的なスレッドが注目をされる同様の現象は、拙と
「ちよ」さんとの対話部屋でも現れており、この時は都合7つの「外野部屋」が立ち上げ
られた。
今回「葛西氏との~」の「外野部屋」はmonlingen管理人さんのブログメンテナンス
の手間を省き、葛西さんとの対話に集中できるようこれ以上の「外野部屋」は作成
されないとのことである。

--------

さて、今回の話題の主となっている「葛西氏との対話部屋」がなぜ立ち上げられたの
かというと、アンチ学会ブログである「ダメ出しブログ」でのmonlingen管理人さんの
対応について、葛西さんが疑問を投げかけられたことによる。
monlingen管理人さんはブログ記事へ批判的なコメントを寄こされた方に対し「別室」を
造ったうえで、管理人さん自身が一対一の対話を試みるというスタンスを取られており、
いくつかの専用「対話部屋」がある。

管理人さんにとってアウェーである学会アンチさんのブログでの対話を試みた
ものの、1対多数の乱戦になり議論が進まないことを経験されたうえでの抑止策として
一対一での対話部屋を企画されたのだろう。
その点で、monlingenブログの参加者にすぎなかった拙と「ちよ」さんとの対話部屋は
かなり異質な存在だったわけだが、管理人さんは毎日ブログで勤行唱題をアピールされ、
ネット友好拡大を話題にする学会員「ちよ」さんが、批判的な拙に対し模範的な「信心の話」
を展開されるであろうことを期待し、また参考にしようと思われたのかもしれない。

ところが当初、積極的というよりも「挑発的」であったほどの墨田総区の婦人部「ちよ」さんが
対話のテーマに触れる話題を避け、読者や管理人さんに同情を誘うようなコメントを寄越し
たり、彼女と関係の深い投稿者らが「対話の中断」を暗に示唆するようになると同時に、
「ちよ」さんらの投稿に対する批判のコメントも寄せられるようになってmonlingen管理人
さんの思惑とは全くちがう方向になってしまったようだ。

-----------------------

管理人さんにとって唱題(信心)をしている事を公然アピールできる人は、信心の対話が
できる人であり「言葉に空回りがない」(monlingenさん談)という氏独自の先入観がある。
言葉に空回りのないはずであった「ちよ」さんらを護るために講じた策が
「あべひは“俯瞰中読者”であり、対話が成立しないのは彼のせい」というミスリード
(印象操作)だった。
“○○中毒者”などといった意味(定義)はよく判らないが批判的なニュアンスだけが伝わる
「コトバ」を連呼し型にはめることで相手を牽制することは容易にできる。
学会アンチさんが、意に沿わない学会員さんを指して「創価脳」と呼ぶのと同じ手法だ。
だが“ミスリード”をつかう弊害は大きいといわざるを得ない。

理由をつけ相手の存在そのものを矮小化するなどして優越感に浸ることを一度認めて
しまうと、理性が抑制されやすく論理建てた物事を判断できない「思考停止」状態となり、
どんなに酷いことでもやってのけることができるようになる。
心理学で有名な「ミルグラム実験」俗に言う「アイヒマン実験」が証明したのは、たとえ
「仮に」であっても役割や条件という理由をあたえることで人は容易に人間らしさを
失ってしまうという人間の持つ、どす黒い本質であった。
また集団が閉鎖的であればあるほど、個人としての罪悪感は軽減されやすい。
「他の人も同じことをしている」という状態が正・誤の判断を鈍らせるからだ。
こういった人間が誰しも持ち得る「暗い側面」を抑制するには、粘り強く対等な立場で
話し合う「対話」の姿勢を保つしかないように思う。 いわゆる「対話精神」だ。
そもそも「対話」とは意見が違うもの同士の、意見集約作業のチャレンジにほかならない
からだ。

当初monlingen管理人さんは、対話の相手である葛西さんを「学会アンチ」だと決め
つけていた節が見受けられた。 都合よく他の学会員を使い意に沿わない人物を敵と
みなすことを厭わない沖縄の学会員さんの助言もあって、ますます葛西さんをアンチ系
の人間だと疑われていたようだが、2月15日に意識転換をされ葛西さんの質問に真摯に
答えようとされるようになったのは、monlingenさんが「対話」を通じ、彼のブログの
サブタイトルである「本当の創価学会を知って下さい」という開設当初の目的を思い
出されたからだと拙は思いたい。

------------------------------------------------

価値観が同じ人と接するのは楽だし、話も合わせやすい。
特に集団での協調性を重んじる日本人は同じ価値観が共有できる同好の集団
でいることを好む。自分と価値観があわない人とあえてコミュニケーションを
とってみるという選択は非常に精神的な負荷がかかることを知っているからだ。
インターネットをつかったコミュニケーションは基本「外」に向けられており
価値観が違うもの同士が出会う絶好のチャンスが転がっているはずだ。
異文化交流がネットの醍醐味の1つといっても過言ではない。
拙もネットをつかっていなければ、生の法華講員さんや見知らぬ未活動の方
、意見のあわない学会員さんらと「対話」をすることなどできなかった。
おそらくmonlingen管理人さんもそうだろう。

普通ならリアルで法華講員さんと対話するといっても未活動の方と対話をするといっても
出会える人数は限られてくるし見知らぬ相手に「法華講員さんですか?」などとは
聞けない。     未活の方だと会うことも困難な場合が多い。
ところがネットではわざわざ「学会アンチ宣言」「非活学会員」「法華講員」「脱会者」
と看板を掲げ、現役の学会員さんにあえてアピールするどころか、わざわざ乗り込んで
きたり、呼びつけるなどして学会員さんとコミュニケーションをとろうとしている方が
少なくない。たとえそれが表面的には批判的な態度であったとしても“学会員と
コミュニケーションしたい”という欲求の現れだと思う。

リアルの活動を真似てみたり、池田先生の指導や御書の一節を毎日ネット配信
するだけのお気楽活動しか思いつかないオリジナリティのない者がいるので
拙が昨年7月に「だれが創価カテをダメにしたか」という記事を発表したが、最近は
オリジナリティに富んだ内容を企画されている学会員さんに対し「INポイント」が
より多くつけられて評価されているように分析している。
かつて創価カテで人気ブログ上位を専有していた「創価の森」や「真実を語る」の
愛読者らが相互協力しても成し得なかったポイントがつくようになった。
上位ブログで共通するのは自分の言葉(表現) にこだわり、自分を飾ることをせず
会員以外の読者をも意識された平易な構成にあるように思う。
また、批判的な意見に対して短絡的な対応を取られない事も特筆される。
これもブログ主さんの「対話精神」の成せる技ではないだろうか。

信心の年数が長くても、頑なに拒絶の態度で応じるだけの人と
たとえ信心の年数は少なくても、対話の精神を体現されている人。
どちらが、@本当の信仰者@ と読者の目にうつるべきだろう。
法をさげないためにも一考願いたい。











関連記事

ネットヘイト行為の終焉を :創価の森ウォッチ 149

SNSサービスの多様化によって、以前からユーザー数の多かったFacebookや
Twitterといったメジャーコンテンツでも利用者数の確保が難しくなってきた。
いままでは、YOUTUBEなどの動画配信サービスや他社のブログ公開サービス
とのタイアップなどが有効だったようで、1人のユーザーが複数のSNSサービスを
リンクさせるなどして認知度をアップさせるなど、ユーザーの確保と同時に複合的
な反社会的情報拡散も半ば認めてきた面がある。
どのSNSサービスでも利用規約では具体的に禁止事項を設けるなどして、「表現の自由」
を確保しつつ「犯罪行為」や「戦争行為」の助長に利用されないように一定の管理努力
を図ってきた。
だが違反コンテンツの削除と設立でイタチごっこの状態が続いてきたのも事実である。
また一般人であってもTwitterなどでの失言やイジメ動画の配信で社会問題にとりあげら
れるケースも珍しくなくなってきた。
清濁併せ持ったSNSサービスが、善良なユーザーから敬遠されるのも道理だろう。

-------

昨年末、Twitterではある「ルール」を追加し話題となっていた。
12月18日付でを「ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすための新しいルールの施行」
公開、即日施行したのだ。詳しくは上記に連動させたリンクで確認していただきたい。
Twitterではもともと暴力的な脅迫や、個人または集団に向けた重大な身体的危機、
死亡、病気を望むツイートを禁止したり、そういった行為を助長すること(リツィート等)、
また、他の利用者が発言しにくくなるような嫌がらせ、脅迫、恐怖感を与えることも禁止
していたそうである。
過日ブログ村創価カテユーザーさんの「さくらもち」さんが、ある日蓮正宗門徒のTwitter
ユーザーから恫喝的ツイートをされたと報告をされていたが、おそらくこのルールが適用
され日蓮正宗門徒のIDが凍結されたのだろう。 かなり素早い対応だったと思う。
さて、今回Twitterで追加されたルールは上記の禁止事項にさらにツイート以外の「表現」にも
踏み込んでいることが特筆される。

アカウントのプロフィール情報に暴力的脅迫、攻撃的中傷や暴言、人種差別的や
性差別的な表現、また、人間の尊厳を侵害する攻撃的内容や恐怖を煽る内容が記され
ているアカウント。
ヘイト表現をともなう画像も「不適切なメディア」に含まれる
(Twitterより引用)



------------------------------

ヘイト表現についても明確だ。
「人種、宗教、障碍、性的指向、民族や出身地を理由に他者に対して敵意や悪意を
増幅させることを目的とする」
 (以上同所から引用)
つまり、特定の宗教、国に属しているという理由付けで敵意や悪意を増幅させるための
表現は「文字」だろうが「画像」だろうが立派な「ヘイト表現」にあたる行為なのだ。
まだ一般的なブログサービスでは、「ヘイト行為」についての定義が明示され禁止
されているところは見当たらないようだが、表現の自由にかこつけた「ヘイト行為」および
その助長はこれからは許されざる行為として認識されていくと考えられる。
実際に、英・蘭の大手販売業の幹部がFacebookやグーグルなど不適切コンテンツへの
対応が不十分なソーシャルメディアへの広告中止を警告するという発言がニュースと
なっていた。
(参照リンク: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26818980T10C18A2000000/ )
偽ニュースや差別を煽って分断を測ろうとする輩を野放しにしている
メディアへの投資は消費者への信頼を得られないという判断だという。
ユーザー側の厳しい目が、良き社会を育てていく一面があることを示唆
しているといえるだろう。
むしろユーザーの一人一人が「ヘイト行為を許さない」という声をあげたり、
管理者側に通報するなど、よりよい運営に積極的に協力していくことが
ヘイト行為撲滅には必須なのではなかろうか。



--------------------

ところが、、最近一部の創価学会を自称するブログユーザが創価学会
を破門にした元法主、阿部日顕を「ヒトラー」とみたて、日顕宗を「ナチス」と同類だと
煽って悦に入っているのだから困ったものだ。
物事を単純化し、誰もが知っている戦争指導者の名をあげて特定の宗派を「ナチス」
と蔑む。 これが「ヘイト攻撃」でなくてなんであろうか。
当人は「ひらがな御書」を運営し、日蓮大聖人の仏法を学んだつもりでいるようだが、
『他者に対して敵意や悪意を増幅させる』ことだけが目的の物言いは慈悲をもって正法
を語りぬく「破折」では絶対にない。
相手を救うつもりも、学会員を助けるつもりもない勢いにまかせた言辞はただの
「悪知識」である。 
またこのような「ヘイト表現」を、新人間革命第30巻の読後感想として掲示しネットで
世界配信することが、どれほど池田先生や創価学会を愚弄し、信用を失墜させる行為
であるのか、信仰の上からも己の態度を考え直すべきだろう。
一般世間においてもソーシャルサービスを使った「ヘイト行為」に対する目が厳しく
なってきたのだ。
世界平和を希求する宗教団体「創価学会」に所属するものとして、学会員が行う
「ヘイト行為」を黙認しつづけるのは、信頼を失う事に直結するという危機意識が
必要ではないだろうか。







関連記事

嫌われる「SNSおじさん」の特徴

モバイル端末の普及によって、それに特化したSNSサービスが数多く
提供されている。
総務省のHPによると、日本における代表的な6つのSNSサービスのうち
LINE、Facebook、Twitterの順でユーザ登録数があり、2016年の段階では
20歳台の97%以上がなんらかのSNSを利用しているという。
今若者の間ではすでにLINEも飽きられつつあり、インスタグラムなどの
画像系SNSなどが流行しているのだそうだ。
FacebookやTwitterはオッサン好みのSNSとされており敬遠されていうと
聞いて少々笑ってしまった。
------
多くの方は用途別にSNSを使い分けたりされているとおもうが、そのほとんど
は「リアルの知り合い」との連絡用ではないだろうか。
職場や学校といった社会的なコミュニティの延長であるがゆえに、返答にこまる
つまらない内容を送りつけたり、トラブルになるようなぞんざいな物言いは控え
るというのが暗黙のルールとなっている。
そういった他者への配慮がプレッシャーとなりSNS疲れを引き起こしかねない
ので、書き込みが不特定多数に公開されてしまうFacebookやTwitterは避けられている
のだと聞くと、なるほど合点も行く。
あるビジネス系の情報サイトに『密かに部下から嫌われる「SNSおじさん」の特徴』
という記事があり拝見してみた。
その記事によると
○ 自慢したがり「Facebookおじさん」 ○インスタの女王も絶対しないメシ投稿
○ ウザがられる「意識高い系」投稿 ○発信しまくり「LINEおじさん」
が挙げられるという。
------
自慢したがりおじさんとして例に挙げられているのが「筋トレ報告」。
正直一般人のおじさんがどんなトレーニングをしているのか気になると思うのだろうか。
メシ投稿として例に挙げられているのは「食事報告系」。
自分で手の込んだお料理や弁当をつくったのならともかく、ファストフードやコンビニの
弁当を写してなにがおもしろいのだろう。 ウケるとおもっているところが痛々しい。
意識高い系として例にあげられているのが職場の話題やニュースに関する
長文投稿。 自分の意見としてまとまっているのならまだマシかもしれないが、
とめどもない愚癡や誹謗中傷に過ぎない内容なら見ているほうが忍びない。 
また他所からのコピペだけならなおのこと、「意識が高い」ことを暗にアピール
したいだけだ。  これは学会員系SNS利用者にも言える事ではないだろうか。
-------
SNSに限らずブログサービスを新たなコミュニティづくりに使っている場合も同じだろう。
個人的な仕事の話や食事の話をするなら、わざわざ信仰系のブログを銘打たなくても
よいだろうし、細分化されているジャンルで行えば学会員さん以外の方とも知り合いに
なれるだろうに、なぜ同じ信仰をしている者の中だけで「自分に注目してくれる人」を
探そうとするのだろう。
中には自分のビジネスが絡んでいることを伏せて、信仰の話題を無理に
作り上げて集客を目論んでいるものまでいる。
どうせ商売がしたいなら、しっかり料金を払って商用のブログとして運営すれば
よいと思うのだが、無料でつかったうえにルール違反までして集客を図っている
のだから信用ならない。
いくら気のいい学会員さんでも、おいそれと近づきたくないだろう。
------
書いている人が著名人ならともかく、学会員を自称するいち会社員が一般の方からも
敬遠されるようなプライベートな内容をSNSでアップすることで、なにかが変わると信じて
いるとしか思えない方もいる。
学会員さんの場合だと、一生懸命お題目を上げてSNSの開設をすると決めたのだから、
間違いないなどと手前味噌な理屈をつけている方がたまにいる。
たかが趣味的な個人のブログの運営に「使命」だとか宗教的意義を付加している時点で
周りがみえていないと思うし、みようとする努力を放棄しているとはいえまいか。
多くの方が嫌っている内容を、ごく一部の人間に評価されただけで「ウケている」と錯覚し
パターン化してしまう人ほど見てて痛々しいものはない。
97%もの通信機器ユーザーが利用しているSNSであるにもかかわらず、
世間的に『創価学会員ユーザー』が話題になった例があるだろうか。
“嫌われる「SNSおじさん」の特徴”具現化している自称学会員ユーザーさんは
もう少し人の話に耳を傾け、コンテンツ内容を考えたなおしたほうが良いだろう。









関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析