やっぱり小沢氏が王将・嘉田代表の無節操

( 初出 2012/12/21 )

関西広域連合で事あるごと橋下氏と連携をとっているかのように演出
してきた滋賀県知事にして日本未来の党代表、嘉田由紀子氏。

大惨敗の結果をうけて17日にfacebookを通じて出した声明は
「結党から三週間足らずでの総選挙・投票日という戦いでした。準備不足が原因です」
「大手メディアも加わった争点隠しを打ち破る力に、思いを一つにするには、時間と力が
 私たちには足りませんでした。」
と、
自身の嘉田人気(卒原発)の見込み違いを自省する事なく
「参議院選に向けて、これからが、スタートです」とまだ女傑きどり。

衆議院選挙で風にのって増殖した小沢チルドレンを悉く落選の憂き目に遭わせ
気がつけば、未来の党は小沢氏を中心とした政党落ち武者がメインの議員構成
となりました。

袂を分かったはずの維新の会橋下副代表に、きびすをかえすかの如くラブコールを
送るその無節操さには呆れてしまいます。

(参考リンク)
「橋下さんと共同行動、十分にある」嘉田・未来代表
http://www.asahi.com/politics/update/1217/OSK201212170078.html


それもそのはず。
選挙中にほうっておいた滋賀県議会を開いてみれば、自民・民主・公明どころか今まで
嘉田派の子飼いであったはずの地域政党・対話の会(対話でつなごう滋賀の会)からも、
批判され、県議会は知事に辞職勧告も辞さない構え。

(参考リンク)
「知事辞職迫る 県議会、兼務で再び集中砲火」
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20121221/CK2012122102000017.html


「どちらを選ぶと言われたら、県政を軸足として優先させていただく」とのしぶしぶ答弁を
したものの、先ほどのニュースでは驚いてしまいました。

なんと嘉田代表は20日午後に小沢氏と京都で会談をし、社民党を離脱し合流した
阿部知子氏との党共同代表案を打診していたとの話。

(参考リンク)
「嘉田知事、阿部氏要職起用を提案 小沢会談で」
http://www.at-s.com/news/detail/474552358.html


滋賀県議会の批判をそらし延命を図り注目度を高めるために、ダブル女性代表を
立てるという訳です。
党の役職にはつけないけれど、小沢氏に舵取りを任せている嘉田代表。

二人の女性代表はいわば小沢一郎という「王将」を護る為の「金将」となるのでしょうか。

嘉田知事の国政への執念は、県政に見切りをつけ滋賀選出の国会議員もハナから信頼
できてない猜疑心の裏返しのように私は感じてしまいます。
1から自分でつくりなおさなければ、やる気が起こらない。目論見がハズレたら狼狽える。

選挙後、一部の新聞が嘉田さんは“鳩山元総理とそっくり”という批判がありましたが
たしかに、コトバの軽さとリーダーとしての落ち着きのなさと先見の明のつたなさは
女・鳩山”の称号がふさわしいようにおもいます。


スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析