2012衆議院選挙:公明党比例区得票数

( 初出 2012/12/18 )

2012年度の比例区得票数と得票率を追加します。

北海道ブロック                 当選人数
12年 28万9,011票 (得票率11.0%)    1
----------------------
東北ブロック
12年 39万8131票 (得票率9.2%)      1
----------------------
北関東ブロック
12年 82万358票 (得票率12.7%)      3
----------------------
東京都ブロック
12年 66万2743票 (得票率10.1%)     2
----------------------
南関東ブロック
12年 81万936票 (得票率10.6%)      2
----------------------
東海ブロック
12年 77万9577票 (得票率10.9%)     2
----------------------
北陸信越ブロック
12年 30万7138票 (得票率8.4%)     1
----------------------
近畿ブロック
12年 123万4345票 (得票率12.7%)   4
----------------------
中国ブロック
12年 49万3800票 (得票率14.1%)     2
----------------------
四国ブロック
12年 27万6907票 (得票率15.0%)     1
----------------------
九州・沖縄ブロック
12年 104万3528票 (得票率15.6%)    3

////////////////////////////////

拙の分析


数字を拝見していると多党乱立の中公明党はかなり善戦したことがうかがえます。
民主党にノーの判断をくだした有権者の票が、どの党に再配分されるかが
とても気になっていましたが、公明党としてどのマスコミも予想して
いなかった比例22名当選で大勝利をすることができました。

ちなみに、全ブロックでの得票率は 09年11.45%⇒12年 11.83%と
伸びています。

北関東・中国ブロックは素晴らしい結果を残せましたね。
また四国ブロックの得票率の伸びは目を見張るものがあります。

日蓮正宗門徒はくやしさのあまり、公明党の得票数だけを比較して
前回よりも95万票が減っている、公明党は惨敗だなどと遠吠えをしていますが
小選挙区・比例ともに他党候補や投票率などの条件がかなり変わっている中で
単純に比較するのは愚かだといえるでしょう。
東京新聞によれば自民党は過去最低の得票で、惨敗した前回の得票(1881万票)
よりも219万票も減らしているのだとか。
これで自民比例の議席は09年よりも2議席増えているのだそうです。

自民党支持者さんも公明党支持者さんもバーターで、お互いの比例票が分散して
いる事を考えなくてはいけません。
特に今回小選挙区を抱える大阪で維新の会とのバーターもあって公明支持者層の
比例票は3つに分散していると思われます。
 
さて私が注目していた滋賀県知事の率いる元民主党組の「未来の党」は現有61議席
から9議席に激減。小選挙区で勝利したのは岩手の小沢一郎氏だけという
体たらくでした。
ちなみに比例区での得票率をみても、小沢氏の地元、岩手(22.41%)と
嘉田党代表の滋賀(12.34%)、あとから合流した減税日本の愛知(14.34%)が
突出しているだけでその他は長崎(10.32%)が得票率1割超えをしている
だけです。
未来の党の全ブロック比例得票率は5.69%と共産党の6.13%よりも少ないのです。

未来の党であり滋賀県知事の嘉田代表は
「小沢ファンと嘉田ファンが分極化してしまった。戦略が不十分だった」などと
(参考リンク:未来の嘉田代表が敗因分析)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121218/waf12121814540022-n1.htm


分析しているようですが、もともと地方分権や経済政策・社会福祉より「原発廃止」や
環境問題の取り組みを評価している層が嘉田支持者のように思います。
むしろ、すでに実現の見込みがない民主党マニフェストをしつこく掲げつづけた
小沢一派とは最初から分極していました。

おなじように第三極をめざして躍進を遂げた、維新の会との大きな違いは橋下氏に比べて
嘉田知事は地方自治改革の成果がだせていないに事につきると思います。
にも関わらず、マスコミにちやほやされて知名度で維新よりも「票が取れる」と過信し
小沢氏を押さえられるかのような傲慢さが見えた事もマイナス要因ではないでしょうか。

戦略が不十分というならば不景気で苦しんでいる「民意」が理解できないまま、国政に
船出した嘉田代表の見込み違いを反省するべきでしょう。


スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析