現職市議はなぜ落選したか・・その4【邪・政治】

( 初出 2013/9/27 )

【宗教面・2】

羽曳野市といえば、いにしえの時代の古墳が数多くある地であり、市の
議会広報紙の表紙は市内の史跡が毎号取り上げられていたりします。
新岡健志議員作成の後援会募集ビラにも
「私は『応神天皇陵』を持つ羽曳野市を心から愛しています」 とアピール。

日蓮正宗長野妙相寺のカリスマの弁によると、羽曳野は日本の源であるとか。
一般的に応神天皇は八幡大明神、全国津々浦々にある八幡社の根本神(祭神)
とされています。


『大御本尊様にも認められている、八幡大菩薩の前身である応神天皇陵』
『その「正直」の志篤き同志が、羽曳野に現れ、邪教・創価撲滅!に立ち上がった
 のであります!これは偶然の一致でもなんでもない!
成るべくして成った、必然の流れではないでしょうか!
いや、更に深く拝考すれば、これはまさに、大聖人様の御意志の現れではない
でしょうか!』
( http://toyoda.tv/ojin.htm )
 


このような樋田さんの教義的意義の指導は長野妙相寺門徒や樋田ファンの間で、
僧侶の指導以上に影響力があったようで、妙相寺の石岡雄哲住職自らが羽曳野に
出向き、樋田さんが主張した「正統な化儀化法により、懇ろに墓参し回向し奉る」
儀式が実行されたのです。

その様子はYOUTUBEにも投稿され、天皇陵に向かって塔婆を建て蝉時雨の中、
僧俗が読経、唱題をするというものでした。

応神天皇陵とはいえ、その敷地は羽曳野市の誉田八幡神社の神域であり
ご神体そのものなのです。
宮内庁が管理しており発掘研究などはあまり行われていませんので
確証があるわけではありません。
羽曳野の応神天皇陵といっても伝承に過ぎないのです。
また日蓮正宗では、大石寺系列以外の他宗寺社に対しそのご神体、本尊の
参拝を僧俗共認めておらず、開祖であり身延にある日蓮上人の正墓にすら、
場に赴き供養する事を禁じられています。

でも長野妙相寺は僧俗共に神域での追善供養を挙行してしまったのです。
a0212032_1714252.jpg

(画像はある掲示版よりお借りしました)

後に、新岡健志議員が落選となったのを見届けてから一部法華講員
ブロガーの間でその行為に厳しい批判がされていました。

●大曼荼羅を主意とする富士門の僧俗が、一々別箇の神々に対して
 供養する必要などないのである。いや『有る』と言うのであれば、伝教大師
 への塔婆供養 、天台大師への塔婆供養・・(中略)
其の追善に於いて行って良い、という事になるのである。
 おかしいではないか。其れこそは日蓮正宗の教えであるのか。

(破邪の蘭室管理人による2013年 9月10日の投稿〜)

●新岡氏の場合も同じです。「選挙」という俗物に聖域である「日蓮正宗」を持ち込み、
 摧尊入卑し、一人の脱会者も出すことが出来ず、最下位で落選・自爆したので
 あります。 謗法ゆえの大罰であります。
今回の件は日蓮正宗とは一切関係ない。全て新岡氏及び某寺院所属の「途中の人師」
 の暴走行為であります。

(大阪妙輪寺門徒 黒川和雄氏 :2013年 9月 10日の投稿〜)

以前にも北九州市や国政選挙における現役日蓮正宗門徒議員の話題を
記事にしましたが、日蓮正宗内でもしっかりと宗教と政治の絡みがあることは事実
なのです。
身内の門徒さんが選挙に立てば応援し、勝てば応援した門徒の労を機関誌等を
通じ最大限にねぎらっていたではありませんか。
上記の厳しい批判を表明したネット活動家黒川さんの告示前にエールコメント
を見れば、もともと選挙活動が批判されていないことが納得できます。

☆Re: 新岡さん頑張れ!投稿者:黒川和雄 投稿日:2013年 7月 6日(土)00時50分36秒  

新岡さん、来る9月の市議会議員選挙に「反公明、反創価学会」を全面的に表に出し
立候補されるらしいですね。
ま、凄い抵抗があると思います。なんせあの街は創価学会の魔窟ですからね。
大折伏の良い機会です。秋の陣、面白くなりそうです。

http://megalodon.jp/2013-0909-0658-22/6730.teacup.com/tasakuikeda/bbs/4911


都合が良いですね(笑)

法華講員は一見すると結束力がありそうですが、実際には一枚岩とはいいがたく、同じ
日蓮正宗門徒といえど風向き次第。足並みがそろっていないし揃えられないのです。
その場では様子をうかがい、いざ劣勢になれば無関係だと言わんばかりの物言いです。
勝てばイケイケ、負ければ内部抗争で責任のなすりあい。
寄り合い所帯であった民主党の栄枯盛衰と同じ状況が、現在の日蓮正宗門徒にも
見られるといえるでしょう。

平成2年に日蓮正宗が創価学会に対して行った破門通告をうけ、あっさり創価学会
を見捨てたり、自分の思い通りの「功徳」がえらなかった、悩みが解決できなかった
という理由でネットの情報に依存し、自分に有利な教義・権威にすがろうとする。
これは「日和見主義(オポチュニズム)」※ の生き様です。
変わり身の早さは、彼等の信仰心、いうなれば人間性のなせる技だと私は考えます。
日蓮正宗は「日本を変える」などといったが大義が果たせる宗教団体ではないことを
証明したといえるのではないでしょうか。

//////////////

※日和見主義 【ひよりみしゅぎ】
オポチュニズムopportunismの訳。機会主義,便宜主義とも。政治運動や
労働運動において,独自の判断や方針をもたず,大勢に引きずられて無原則的
に行動する態度。 (コトバンク)
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析