靖国神社と右傾化する日蓮正宗【邪】

( 初出 2013/4/28 )

現役閣僚の無配慮な「靖国参拝」で、日中韓の関係に冷や水を入れてしまった
第二次安倍内閣。
(参照リンク:麻生氏ら靖国参拝、首相は供物奉納 公明、不快感示す)
http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201304210247.html


また春の例大祭に合わせて、靖国を参拝する
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」という超党派の国会議員団。
(参照リンク:超党派国会議員168人が靖国参拝 89年以降で最多)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2300L_T20C13A4MM0000/?dg=1

なんと今年は史上最高の168人が参拝をしたと報道されています。

中韓は、宗教法人靖国神社への参拝云々というよりも、外交的緊張感や日本国と
しての立場を高めんがため、また国内向けのアピールとしての参拝利用に不快感を
表しているように感じられてなりません。

また、両国ともに単純に犠牲になった軍人を称える行為を批判しているのでは
なく、日本国全体を不幸に陥れた「指導者」を「護国の神」と崇めることの矛盾を
繰り返し批判している事を、なぜ無視するのでしょうか。

「死ねばみな仏様」とか「神道は宗教ではない」といった誤った宗教観をベース
に漫然と参拝し続けているこの国の政治家たちよりも、中韓のほうが宗教的中身
を意識しているように私は思えてなりません。

さて日顕宗の坊さんが設置の許諾をし、年配の元学会員らしき「大月天」氏が
管理している「破邪の蘭室」掲示板にて興味深いやりとりがありました。
元学会員を名乗る現役の法華講員さんの「靖国尊崇」観に対しての
やりとりです。

まず記事のリンクだけを提示しておきます。

(質問)
※靖国神社について 投稿者:通りすがり@法華講
http://megalodon.jp/2013-0426-1923-42/6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44659

※靖国神社 投稿者:通りすがり@法華講
http://megalodon.jp/2013-0426-1922-51/6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44669


@法華講さんの話しを総合すると、靖国は今は一宗教法人だが、奉っている神(犠牲者)は
国民として慰霊するのが当然では無いか というものです。

それに対しての大月天管理人の答え

※したがって、御貴殿が言われる処の『靖国神社は戦没者慰霊施設として国家が建立し、
 国民のコンセ ンサスが得られている場です。また、その意味では、靖国神社の神札・
 御護守などは全く以て不要で しょう』とは、全く其のとおりであり、其の形態が実現した時
 に於いて、堂々『慰霊施設』に訪問すれば良いと思うものであります。
(略)
つまり、真(まこと)の神社とは、 日蓮大聖人の御法魂在(ま)します、富士大石寺を謂う
 のであり、文字にして神とは応に『たましい』と 読む事からして、実に其の神(たましい)
の社(やしろ)こそは、我らが多宝富士大日蓮華山大石寺なので あります。

http://megalodon.jp/2013-0424-1835-25/6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44693


※祭祀の基準は別として、国興のために散っていった英霊に対して、心から哀悼の念
 を生ずるは当然の事であります。まして、彼の大東亜の戦火は、我が日本国の
 侵略戦争ではなく、実に欧米らによる経済弾圧への抵抗であり防衛であった、
という事からして、それら防衛戦に散っていった英霊に対する想いは、常に心の中に
 置くべきである、 と小生は思うものであります。
http://megalodon.jp/2013-0426-1808-31/6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44700

正直、この大月天管理人の発想には驚きを禁じ得ませんでした。
彼は、御観念文も昭和三十八年当時のものを好んで使っているそうです。
「奉祈念天皇陛下護持妙法爾前迹門之謗法退治」
(検索すると当時の経本の画像をアップされている方がおられます)

ようするに
「天皇陛下が妙法を護持し、爾前迹門の謗法退治せられんことを祈念し奉る」という
意味です。

当時の創価学会が独自に創ったというものではなく、日蓮正宗としてこの御観念文が
あったという貴重な証拠だとおもいます。

なるほど、他宗が昔、公明党は国立戒壇をめざしている政治団体だと喧伝したのも
この御観念文が一因だったかもしれませんね。

( 靖国・国立戒壇の野望に燃える法華講員【邪】 へ つづく)
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析