便宜主義では成長しない:創価の森ウォッチ101

( 初出 2014/2/15 )

菊川広幸さんのブログの記事をみて疑問が湧きました。

※私のネット環境には、ただひたすら「自在会」というものが中心にあって、
 不動になりつつあるのです。

http://sokamori2.exblog.jp/22045259/


どうやら、菊川広幸さんは、ネット上での自分に対する評判を参考にして「目的」を
決めておられるようです。
「縁」に左右されるのは、迷いの生命ではないでしょうか。

菊川さんは当初、視覚障がいをお持ちの千早さんとのブログ交流をキッカケにして
千早さんのために「ひらがな御書」を作成すると宣言していたはずです。
ところが、学会歌をひらがなにしてブログに掲載したり、「価値論」をひらがなにして
ブログに掲載したりと当初の目的をどんどん逸脱し、最終的にはまるで「自在会」の
担当幹部であるかのような決意発表ではないでしょうか。

さらに疑問なのは個人的かつ著作権にも抵触しかねないボランティア活動をすることに
よって、「ちよ」さんブログを模倣し、別ブログで「コメント内対話用記事」を作成し個人の
ブログへの集客を狙っている事です。

自在会の為という名目で、「創価の森の菊川広幸」を中心に据えているだけではない
でしょうか。
ネットでの名聞名利のために「自在会」という学会の特定の人材グループ名を看板に
使うなどということは、創価学会員としてやってはならないことでしょう。

「ちよ」さんや、そのオトモダチたちは 「千早さんがよろこんでいるからいいじゃないか」
と短絡的に考えておられるようですが、創価学会では「便宜主義」は厳しくいましめられて
います。

便宜主義とは、根本的解決を図らずに、その時の都合で物事を処理する態度を言います。

池田先生の指導を引用します。
/////////////////////

◎幹部は、周囲の言動にやたらに紛動されてはいけない。
 あくまでも随自意でいくべきである。
 学会活動の場合、便宜をはかったからといって、長つづきしないし、
 それが向上の因となるとは限らない。
 多少不便であっても、その努力が向上の因になる場合もある。
 学会の組織は、まだまだ強化されなければならない。
 なれ合いや、便宜主義が厳に警戒しなければならない。

 指導メモ 85ページ

///////////////////////


何度も言いますが、指導会の都合上「幹部は」と書かれていますが、
すべての学会員さんに当てはまるものです。
たしかに、障がいをおもちの方は学会活動や教学の研鑽の時に不便を感じること
があるかもしれません。
しかし、仏法ではその「不便(宿業)」を克服し成仏するために、その姿で末法に
生まれたと説きます。
つまり解決するのは「自発的」な行動においてのみであり、できる事、また頑張らなければ
いけない事までも他の学会員さんに依存する事は「信心利用」です。

また、激励するならともかく、あれもこれも便宜を図ることで、本人が自発的な行動を
おこさずともすむようにようになってしまえば、かえって本人の成長の阻害になりかね
ません。

たとえば、学会活動が出来ていない人、現場でトラブルを抱えている人を、ネットで集めて
どんなになれあいをした所で、根本的解決にはなるはずがありません。
「気に入ったもの同士」があつまっているだけだからです。
特にブログ主の行動や言説に傾倒しているだけであれば、「派閥」でしかありません。

いくら美しい言葉を並べたり、師匠や日蓮大聖人の指導を引用できたところで
「自分を中心」に物事を考えているようであれば、それは和合僧を破る「獅子身中の虫」が
ごとき行為です。
また、親しくなった千早さんがよろこべば、見知らぬ自在会の人の信心の為にもなっている
などと考えるのは思い上がりでしかありません。
菊川さんの行為が千早さんの成長を妨げていることになれば、かえって菊川さんが
大罰を被ることになります。

なんでもかんでも、信心の問題が「ネット」で解決できるなどと考えるのは現実逃避でしか
ありません。
創価学会員なら、一人一人が池田先生の弟子であることは論をまたないでしょう。
ならば、以下の指導を忘れてはいけないと思います。

//////////////////////
◎師弟不二であるがゆえに、私といっしょに、ほんとうに成長し、
 それぞれが第一線で活躍していかなければ、意味がない。
 「なんでも会長といっしょに、ついていけばいいのだ。
 それが師弟不二なのだから」と、そういう姿はほんとうの師弟不二ではない。

                          ―― 池田会長指導
/////////////////////////


あらためて問います。
インターネットのコミュニティは第一線でしょうか?

この指導を、よくよく自分の身にあてはめて考えてもらいたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析