長崎原爆すら自宗肯定に利用する日蓮正宗門徒

(2010年公開した記事を加筆・リンク補正したものです: 初出2011/8/9 )

09_10_西日本パス_0623_R

2011年8月9日は長崎にプルトニウム型原子爆弾が投下されて66年目に当たる日。
実は2009年に、私は長崎の平和公園を初めて訪問することができました。

小高い丘の上にテレビ等でみたことのある平和祈念像が小雨のなか、天を指さしていた。
長崎は坂の街。市内といえどすぐ裏手は山になっており、国道の直ぐ脇なのだが平和公園は
緑に囲まれた静かな環境になっている。
すこし外れたところに爆心地の石碑もあり早朝にもかかわらず献花台には花が添えられ、市民の方
だろうか、ジョギングやウォーキングに来た方も手を合わされていた事が印象的だった。
日課になっているのでしょうね。

ちょうどその一年前 、長崎の原爆の件でネットサーフィンをしていた私の目に
takabonという日蓮正宗門徒が、長崎の原爆の歴史的史実を改竄してまで日蓮正宗を宣揚
している姿が飛び込んできました。

以下がその内容です。

http://megalodon.jp/2009-0809-1035-32/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1429111794

「長崎に原爆が落ちたとは思っていない。浦上に落ちたのだ」
私は、犠牲者に対しての配慮を考えられず冷酷無比な言葉を平然と 吐けるのかをこの
日蓮正宗門徒の宣伝行動をみて怒りを覚えました。


質問日時: 2009/8/6 06:08:48 ケータイからの質問投稿
回答日時:2009/8/6 06:35:48 に一人だけ返答
質問者のお礼コメント日時:2009/8/6 07:07:01


よく見ると8月の6日の早朝に携帯で質問されたにもかかわらず30分後には問題が解決して
いるのです。どうかんがえても自作自演じゃないでしょうか。

しかもその内容はいい加減で 
「長崎の原爆投下の目標は県庁だったようですが風で流され浦上上空で・・」
などとまるで日蓮正宗寺院が避けられたかのように史実を改竄しています。
事実は以下の通り。

“当日は雲のためにこの地点が確認できず、北部の松山町に投下されました”
http://base.mng.nias.ac.jp/k12/tokiwabasi.html


”その時、爆撃手がわずかに雲の切れ間から市北部の工業地帯が視認することができたので、
原爆搭載機「ボックスカー」は自動爆撃装置を作動させ午前11時2分原子爆弾
「ファットマン」を投下した。”
http://isidatami.sakura.ne.jp/heiwa1.html


つまり、松山町の近辺にも三菱の軍需工場がある事をすでに知っていた米軍が、原爆投下目標
として市内北部も選定していたというのが事実なのです。

さらにこの日蓮正宗門徒はこのように続けます。

※明治38年正霑寺(当時は長崎教会所)が建立されましたが無傷
※また被爆された方はいましたが直接の犠牲者は正霑寺法華講の中にはいなかった。


等々、亡くなられた被爆者をあざわらうかのように表記しています。
被爆された法華講員がいても直接の犠牲者(?)がいないとはどういう了見なのでしょう。

原爆の恐ろしさは爆風や熱線もさることながら、残留放射能の二次的三次的な被害が引き起こ
される点にあるといっても過言ではありません。

日蓮正宗門徒は当時の長崎教会所が無事であっただろう事だけを指して、未だに苦しんでいる
被爆者や遺族の苦しみなぞは無視できてしまうのでしょう。

立地条件からみても原爆投下後の市内大火災が市内の門徒に影響がなかったとまではいえない
だろうし、教会所の下にみる市の中心街は火の海であった事はネットでさがして見るだけでも
容易に想像できます。
(参考リンク)
長崎市職員原爆犠牲者慰霊碑
http://base.mng.nias.ac.jp/k12/siyakusyo.html

長崎原爆の物理的被害
http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/abomb/pdamage_j.html



事実を都合よく解釈し”自分たちのことだけしか考えられない”悪魔的門徒を生み出し、それを
止めることもしない仲間こそが邪教の邪たる断面なのではないでしょうか。

日蓮正宗以外の直接の被爆者とやらの痛みも悲しみも理解する必要性を感じないように
日々仕込まれている。他者を思いやれない信仰はすでに宗教とは言いがたい。

※一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、
 ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。
                               (セルバンテス)


しかし、日蓮正宗門徒でなくとも成長なき自分「ありのままでいい」などと心の中で折り合いを
付けて戦う人を見下している人がいるようです。
たいていそういう人は自分に都合のよい解釈をするクセが同じですが、これは、あるべき平和を
目指す創価学会員であれば取るべき行動ではないと言っておきます。

亡くなった方々、被害に遭われた方への追善供養と同時に、師匠に習って世界平和への行動をまず
自分の現場で起こすことが一番大事なのだと私は強く思います。  

合掌
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/03 09:01)

長崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析