「チームしが」は民主党との選挙協力団体

( 初出 2014/6/25 )

2014/6/27日に滋賀県知事選挙が告示となります。

二期8年の間、滋賀県政を担ってきた嘉田由紀子知事は三選をめざす事なく
元民主党衆議院議員三日月大造氏と、タッグを組み知事選を戦うようです。

三日月氏はいちおう「無所属」の肩書で立候補をされる予定ですが、民主党のHP
にも「チームしが」として紹介されているところを見ると、明らかに「民主」の名を隠し
嘉田知事の名声に乗る形をとっているように思います。

(参考リンク)
※「県民皆でつくってきた自治を大事に」チームしが発会式で三日月氏が訴え
http://www.dpj.or.jp/article/104431


さて候補予定者の三日月氏といえば、私の聞くかぎり、衆議院議員時代になにをされた
のかサッパリわからないという方が多く、彼の最大の功績は知事選出馬にからみ
強引に国会議員を辞めた事によって、同じ衆議院比例代表からベテランの川端達夫氏
を復活当選させたことではないか・・という声が聞こえてくるのです。
3月末に三日月氏が民主党離脱の意志を表明された折の報道では
@民主党に見切り@などと評されていましたが、実質、民主党からの応援も取り付けた
こということになります。

さて今回の滋賀県知事選で「応援団長」としての責をになうこととなった嘉田由紀子知事。
かつて拙ブログにおいても嘉田由紀子知事の県政、関西広域連合、国政への関与
等の無節操さを批判しました。
※「Mottainai」の本当の意味 マータイさんに捧ぐ
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

※拝啓 嘉田由紀子様・小沢なんかこわくない?
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

※やっぱり小沢氏が王将・嘉田代表の無節操
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

※未来に見捨てられた女傑・嘉田新党はいずこへ
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

※大阪市長候補・橋下徹氏の誤算
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-140.html


唯一知事としての功績が考えられるとすれば、トップダウンによる滋賀県の知名度
アップぐらいしか思い浮かびません。
これまで、日本各地の革新系の知事が、自らを広告塔とし県の物産や観光のアピールを
されるものの、県政そのものがさほど進まず、嘉田知事が一番力をいれてきた、環境
問題(河川管理)も八年かかって、やっと進み出した感があります。
政策あれど施策なしの典型的「革新」知事と評価したいと思います。

知事三期目はないのではないかとの憶測は昨年からありましたが、4月末になってから
不出馬の態度を公表しました。
三日月氏は、民主党滋賀県連の難色を振り切って、5月8日民主党に離党届けをだし、
そのまま同月24日「チームしが」の発足となったわけです。
あくまで嘉田県政を継続させるための候補予定者との水面下での折衝が繰り返されて
いたのでしょう。
前述したように、無所属の形をとっていますが、民主党と共産党、自・公の連立
という、三つどもえの選挙になることが予想されます。

2012年衆議院選挙は、小選挙区と比例区の重複で立候補した三日月氏ですが、
本来革新系が強いとされる新・都市部(滋賀三区)区で敗退し、比例区2位で当選した
ところからみても、決して民主党としての票田が機能していなかったことがうかがえます。

従って、知名度だけはある嘉田知事が後ろ盾になったということなのでしょうが、
嘉田政治塾から候補者もたてられず、国政選挙で党首に据えられた小沢氏に弄ばれ、
関西広域連合でたのみにしていた橋下氏率いる「日本維新の会」もすでに分裂状態。
かつてマスコミを騒がせた「女傑」も影がうすくなってしまいました。
「チームしが」のスローガンも嘉田氏が、かつて知事選や講演等で使い回した感のある
「もったいない」を再度提唱するようですね。

争点がいまひとつハッキリしない明日からの滋賀県知事選において、おそらく
“チームしが”は原発問題、つまり脱原発(嘉田氏いわく卒原発)を前面に掲げて
ワンイシュー(シングルイシュー:単一争点)作戦でくるのではないかと推察します。
すでに一部の脱原発論者のブログやSNSでは、今回の県知事選で
原発推進派と脱原発派の一騎打ちといったような煽り記事が見られます。
もともと三日月氏は民主党時代、党内でも珍しい「原発再稼働容認」であったはず
なのですが、チーム滋賀の嘉田知事の意向を受け「卒原発」に色を変えていますので
お笑いです。

嘉田知事が「選挙」を通じて最後の花道を飾ることができるのか、「チームしが」の
選挙協力で、どこまで政策が県民に浸透するかにかかっているといっても過言では
ないでしょう。

県民の一人としては、県民そっちのけのマスコミのウケ狙いよりも、しっかりと県政の
安定化に力をいれて欲しいと考えます。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析