フィクションの意味と「創作された部分」カチカチ山さんに反論

( 初出 2012/4/26 )

アンチあべひで、菊川さんと共闘しているカチカチ山(kachi_kachi_yama)さんの
ブログに以下の主張がありました。

※いわば、戸田城聖著「人間革命」の前半部に描かれている「巌さん」は、 創価
教育学会の牧口常三郎会長を支え、学習塾経営や学習参考書の発刊で 大成功を
遂げていた37歳当時の戸田先生とは、 経歴や人間模様の状況が大幅に 異なって
おり、月下の騎士の菊川氏曰く「戸田先生の 人間革命は多くは フィクションで書かれ
ています」は、間違いではないのだ。
http://megalodon.jp/2012-0426-0157-13/ftrabbit.exblog.jp/15136178/


kachi_kach_yama(iカチカチ山)さんは菊川さんの援護をせんがためにさらに墓穴を
掘り下げているような気がします。

私は人間革命で語られている草創期の創価学会のいきさつも含めて
「ほとんどがフィクション」だと断定した事を批判しているのであって、実在の戸田先生
との整合性云々を問題にしているのではありません。
その整合性をつついて人間革命の意義を貶めんと画策しているのは、もっぱら
アンチ学会の人ばかりです。

またカチカチ山さんが引用した部分は、前後がすっぽり抜けて意図的に菊川さんの
“ほとんどフィクション論”が間違いでない事を強調しようとしています。

※師弟の対話は、戸田先生が「妙悟空」のペンネームで聖教新聞の創刊時から
連載され、単行本として発刊されたばかりの小説『人間革命』にも及んだ。
 先生は、私が語る率直な感想を嬉しそうに聞いておられた。
 そして、ポツリと言われた。
 「牧口先生のことは書けても、自分のことを一から十まで書き表すことなど、
  恥ずかしさが先に立って、できないということだよ」

(中略)

しかし戸田先生は、出獄後のご自身の戦いについては、何も書こうとはされなかった。

(“「随筆『我らの勝利の大道』”聖教新聞2010/9/20日)


ようするに、この部分は池田先生(法悟空)の執筆されている「人間革命」
「新・人間革命」とスタイルが違い、戸田先生(妙悟空)の「人間革命」は主人公が
創価学会会長という立場上で書かれておらず、それは戸田先生が自重されて
いたからだという意味に他なりません。

だからこそ私は菊川さんに『多・く・が・フィクション』(創作)で戸田先生の人間革命
がかかれているというのなら、 どこが創作なのかを示し説明責任をきちっと果たす
べきだと忠告しているのです。

また新・人間革命第一巻の冒頭「はじめに」の部分には以下のようにあります。


「また、恩師の精神を未来永遠に伝えゆくには、後継の「弟子の道」を書き残さ
なければ、ならない との思いからであった。
 しかし、それには、どうしても自分の事を書かなければならないことになる。
そこには大きなためらいもあった。
 できることなら、続編の執筆は誰かにお願いしたいというのが、私の偽らざる
 心境であった」

(小説・新人間革命 第一巻2ページ「はじめに」~ 聖教新聞社刊)


この談話の後には登場人物にはモデルはあっても、事実とは異なる演出がされている
ケース等が「これまで同様」、つまり戸田先生の人間革命と同じ手法でとられて
おり「どこまでも小説上の人間像としてご理解いただきたい。」と断り書きまで
されている事を菊川さんもカチカチ山さんもご存じないようです。

ある小説が、フィクションかノンフィクションかは意見が分かれることでしょう。
似たような論争に、ドラマにもなった司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」はノンフィクション
ではないというものがあります。
実際にはこの小説は「ノンフィクション」のジャンルに属する(Amazon参照)ものです
が、歴史資料として信ぴょう性を保証する意味までありません。

人間革命のいきさつを勉強なさっている創価学会員には、なんとなく通じても
相手が非学会員さんであれば、「ほとんどフィクション」と聞いて小説人間革命と
学会員との位置づけが理解できるでしょうか?
池田大作著と戸田城聖著の人間革命で描かれている内容まで思い起こせるでしょうか。

まして菊川さんは「現代の法華経」とまで絶賛しているにもかかわらずほとんどが
絵空事だと教えているのです。

ちょっとした錯誤や言葉足らずでは、すまされない表現だとおもいます。

私は断固「ほとんどがフィクション」論には抗議します。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析