私がブログをはじめたワケ

( 初出 2014/12/4 )

私がブログを始めて約2年半が過ぎました。
当初、菊川広幸さんの「創価の森の小さな家」が創価カテと仏教カテに
登録されていたからそのようにしたのですが、後に菊川さんは「月下の騎士」
その後に「創価の森の小さな家別館」と「ひらがな御書」と都合、三つもの
ブログをそれぞれをブログ村ランキングに登録しました。
その状況を摸して現在、ブログ村の創価、仏教、哲学カテゴリーにポイント
分配しています。

私見ですが特に、この三年ほどは、個人のブログ、連鎖的コミュニティがもてはやされ
創価学会アンチ対学会員というガチの公開掲示板は一部にしか残っておらず、
アンチさんはアンチさん同士、学会員は学会員同士といったように
「暗黙の不可侵条約」でもあるかのように、身内だけでの話題や情報発信に
終始しているケースがほとんどです。
アンチさんのブログに反論を書き込んだところで黙殺されるか、消されるのが
関の山ですし、学会員さんのブログに批判を書き込んだところでアク禁をされて
お仕舞いです(笑)

あえて菊川さんのブログと同じエキサイトを選んだのは、拙がブログを開設した
事でどういったサービスを受けられるのか同条件で体験する事ができるからです。
もともと富士宮ボーイ掲示板等でネットや世間の話題を記事にして公開してたので
記事をアップする事はマイペースでできます。
こちらでの記事はほとんどが、別の掲示板での拙の投稿を再編集して
いるものです。
「魅惑的」な人々とブログタイトルにもありますが、ネット上における
第三者とのコミュニケーションを客観的な視点で話題にしたかったという理由
があります。
でも元々そういった批判記事は他の公開掲示板に書き込んでいました。

また、「阿部日さんはブログを運営していないから管理人の苦労がわからないのだ」
とブログ持ちの学会員さんから非難されましたので、じゃぁ管理が楽なブログ作って
みましょうという、軽い気持ちで「魅惑的にな人々」ブログを設置しました。
管理のラクなブログとは具体的には、エキサイトのブログに付加されているコメント欄
を使わない事でコミュニティの主にならないようにしたのです。

コミュニティの主にならなければ、いちいちコメンターの応対をする必要も無く
なれ合いで相談ごとを持ち込まれることもありません。
一応エキサイトのブログを開設するとメールアドレスも付与されるのですが
それも使っていません。

拙ブログは、創価学会員、非学会員分け隔て無く批判をするために分け隔て無く
読者から「反論」をよこされる事が予想されました。

個人的に寄せられたメールはもともと公開性の薄いものですし、
コメント欄は他人に表示されずブログ主にだけ伝える事もできます。

第三者に見られないという秘匿(非公開)性があるがと、気が緩むのか
いいがかりや感情論を延々と一方的にぶつけてこられる事もままあります。
そういった精神的負担で心を病んでしまった人を知っていたのです。
精神的負担をわざわざ増やしにネットをつかうようでは本末転倒です。

最初からご意見を「公開」する事を前提にしておけば、すくなくとも無用の暴言
や無責任な誹謗中傷は避けられます。

また富士宮ボーイ掲示板の管理人さんのご厚意で、拙ブログのコメント欄として
つかわせていただいています。

あえて自分が直接管理できない所で、お互いが主従の関係になることなく、
対等の関係で意見を交わす事ができる為です。

したがってブログとはいっても、ありがちな内々のなれ合いコミュニティブログを
目指したものではありません。
自分で自分の主張をまとめているという側面と、ほとんどの方がうすうす気が
ついても批判の矛先をさけられるようにあえて話題にしない、いま進行中の
「ネットの怖さ」を啓発し、読者といっしょに考えつづけたいのです。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析