「病」でありつづけようとしていませんか?【内・ネット】

( 初出 2013/11/7 )

学会系ブログで「症候群」の症例をあげて自己判断をしている人や、
ネットで検索し漢方薬などを自己判断して服用する人がいるようです。

中には相手が「睡眠不足だ」と訴えているにもかかわらず即レスをしたり
してコミュニケーションを強いています。

一般論として言わせていただきますが、○○症候群を判断するには専門家でも
難しいとされています。
また「うつ」の判断も非常に難しいそうです。
安易な医者だと「眠れない」「不安がある」「気分が沈むときがある」の三つの症状
を訴えるだけで「ハイうつですね」と投薬を開始するケースもあるとか。

特に行動に少々難のある「症候群」は病気(疾病)とするには今でも議論が
分かれています。
ある指標に10ある事柄のいくつがが当てはまるだけで、ハイ○○症候群と
判断するのは拙速です。
「占い」と同じで、あてはまりそうな事柄しか書いていないからです。

ちょうど聖教新聞の11/5付け名字の言に、人間だれしもが持っている傾向性が
指摘されていました。

「人間は、生まれながらに選択を行う手段を持っている。
 だが、それと同じくらい重要なのは、わたしたちが『選択したい』という
 欲求を生まれ持っていることなのだ」
(以上引用)


言い方を変えれば、ある選択指がある場合、より自分の現状に都合の良い状況を
選択する事で、喜びを感じる度合いが違うという事です。
決して物事を「正しい」か「間違っているか」で選んでいないのです。
「自分の選んだ選択肢」と違う(思い通りにならない)と不愉快になるのは、ある意味
本能的なものだと言える事が示されています。

これはネットの情報収集やコミュニケーションにおいても同じ事がいえると思います。

誰しも自分自身の事ですら、ハッキリしない判断できないグレーな部分があり、
「モヤモヤしたグレーな部分には「癖」もありますよね。

特定の方と意思疎通ができないからといって、ネガティブな部分も「病気のせいだ」と
結論つけると、ちょっとすっきりするかもしれませんが、心のネガティブな部分は
自分の心から切り離す事はできません。

「無くて七癖」とも言われるように、人間だれしも自ら気付けない性癖があるものです。
しかしその性癖や傾向を「ある症例」に当てはめ、原因が見つかったと錯覚
してしまえば、貴方は一生その症状(病)であると言いつづけなければならなく
なります。
治してしまうと「僕は病気なんです」というネット上の最大のアピールポイントが
無くなってしまうからです。
病気自慢ですね。
これでは治るものも治りません。

昨今中高生の「ネット依存」が話題になっていますが、大人だって『孤立の恐怖』を
解消する為のネット依存は見受けられます。
アメリカでは「FOMO(fear of missing out、フォーモー)」と呼ばれ
話題になっているそうです。

(参考にどうぞ)
◎SNSで自慢する人間には劣等感がある
http://agora-web.jp/archives/1566961.html


自分の劣等感や寂しさを紛らわすために「ネット」のコミュニケーションを使い、
他人となれ合い、心を満たしてしまえば、その次の段階でコミュ内の人が今
なにを言っているのかなにをしているのかが気になって仕方がなくなります。
リアルタイムのやりとりに乗り遅れると疎外感や寂しさを感じますから、毎時
確認即レスが基本になります。

そんな無意味なやりとりに大切な時間を割いてしまっていると、お互いがいずれ
疲れ果ててしまいます。
また相手に対しても知らない間に強要をしているケースもありがちです。

そうならない為には「適度に他人を放っておけるかどうかがポイント」です。 

疲れたな〜と思っているなら返答しないでいいのです。
読者の為にブログを毎日更新しなくても良いです。
コメントにいちいち返答しなくても失礼ではありません。
これこそが大人の対応といえますね(笑)

毎日大勢の人にコメントやレスして、学会活動ができていなかったり、教学
(読書・勉強)ができていない人。
会合中や他人と応対中でもSNSを見てしまう人。
依存症になるかもと警戒心をもってください。

ここまでは「病」でありたい人への警鐘です。
ここからは意識しないまま相手を「病」で縛る人への警告。

頻繁にレスのやりとりがおこなわれるたコミュニティに自分から積極的に
関わっていく人も依存傾向があるのかもしれないと考えて下さい。
特に“疲れていますサイン”を出している人にガンガンメールやコメントを送る
のは大問題です。
貴方がやっているのはアルコール依存症の人に無意識にアルコールを勧めて
いるようなものです。
心の病がある人はまず休息が必要なのです。
知らないとは言え、さらなる心のストレスを常に与えて自己満足をしているならば、
酒が飲めない人を煽り、酒を飲ませる事で満足しているモラルハラスメントなオヤジ
と同じです。

自分の快楽の為に人を翻弄してしまっているのはいかがなものでしょう。

共依存の関係について過去に記事を書いているので参考になさってください。

◎尽くすタイプの落とし穴:創価の森ウォッチ81
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析