斧節:創価王道の本当の目的は商売(アフィリエイト)

( 初出 2011/2/3 )

(2月3日に公開していた記事を再編しています)

斧節(旧・創価王道)で「読み始めた」 というふれこみの下に紹介される書籍。
なぜか以下の場所にすべて書評とともにストックされてますね。

http://megalodon.jp/2010-0205-1928-25/newbooks.g.hatena.ne.jp/sessendo/

このサイト 記事の日付をご覧ください。
すでに2年後の日付まで書籍の紹介に使っています。

で 本の画像をクリックすると・・ すべてアマゾンへ

ワンクリック・アフィリで儲ける計算かな????

https://affiliate.amazon.co.jp/

ブログって基本一日に1記事ですから、最初からここにデータだけが存在し
「創価王道」で  読み始めました  と宣伝をする。

でも、実は上記「雪山堂はてな」のサイトにはすでに情報として存在しているんです。

例えば・・

http://megalodon.jp/2010-0206-1823-34/d.hatena.ne.jp/sokaodo/20100203

で紹介した書籍は 

http://megalodon.jp/2011-0808-0116-28/newbooks.g.hatena.ne.jp/sessendo/20101126
   ↑ 
こちらにすでにあるのです。
ブログの機能を活用した巧妙な商売といえるでしょう。

小野さんは言います。

※ 事実だけ検証してみよう。創価学会員を商売のために利用しようとする
 会社があって、そこでは信心の判断力を欠いた若い社員が働いているということだ。
 何となく気になるのは、でかい顔をする以上は、それだけの理由があるのかもしれない。

創価学会を取り巻く環境はここまで腐敗している。そして、腐敗と戦うことを奨励
する幹部はいない。

(小野さんの創価王道より)
http://megalodon.jp/2011-0706-2341-57/d.hatena.ne.jp/sokaodo/20100123/p2


みなさんは、小野不一さんがボランティアで学会員の為に手間暇かけて資料を公開
されている って  錯覚してませんか??

  欺瞞  ですよ。

小野さんは仏壇屋さんが商売で組織利用をしているかのように批判していますが
実は、自分が商売で創価学会をターゲットにしている事を隠すための批判だった
のではないでしょうか。
よもや
組織の腐敗とやらを批判している小野さんが、ブログを個人事業に絡めているとは
思われないでしょうから。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析