語る口を持てなくなった小野(斧)さん

( 初出 2012/6/08 )

かつてネット上で活発に論説をふるっていた小野(斧)不一さんの発言力の
低下が著しいように感じます。
これは書籍やネットからの情報引用、ツイッターのようにを短文投稿になれた
弊害だと私は思います。

読者に訴えかけるそれなりの記事をつくろうと思えば、恥をかかないように
ある程度下調べをしたうえで文章として自分の意思を明記したうえで再構成
しなくてはなりません。

その点、ツイッターのように情報内容の精度を求めない媒体は気軽に発信
できる利点はあると思いますが、あれほど情報を受け取る側の理解力に重きを
委ねた媒体もありません。

そしてその「つぶやき」を取り上げたり、意味不明の短文を書くだけのブログ
なら主体性のかけらもありません。

斧節(旧:創価王道)の最新記事の魚拓です。
http://megalodon.jp/2012-0608-1253-16/d.hatena.ne.jp/sokaodo/20120608?tw_p=twt

ここには小野不一(斧)さんの主張はいっさいありません。
しかし情報を取り上げた「意図」だけは必ずあります。

孫崎氏はどうも公明党支持者を煽りたいようです。
よく見れば別にも同人のつぶやきを取り上げています。

http://megalodon.jp/2012-0608-1427-32/d.hatena.ne.jp/sokaodo/20120605

だからこそ孫崎氏は修正協議に応じただけで「急変」だとしか感じられないの
でしょう。
なにを修正するのかといえば「社会保障と税の一体改革」についてなのですが
マスコミは悪のりをして増税される事のみを取り上げて民衆を愚弄しているのです。
中身の話をせずに、協議に応じた事を指して政府の増税案を容認しているかの
ように考えるのは拙速です。
それだけ孫崎氏は公明党と支持者に期待を寄せているのかもしれませんが、
ツイッターであのような笛を吹いても踊る人は限られてくるでしょう。

それよりもなぜ小野(斧)不一さんが、こんな情報ばかりを創価の看板を掲げた
ブログで取り上げるのでしょうか。
その答えもまた、前日に取り上げた記事の内容とコメントに現れていると
思います。

http://megalodon.jp/2012-0607-2151-10/d.hatena.ne.jp/sokaodo/20120607
(主権回復を目指す会の街宣活動)


小野(斧)さんは世間の安寧を乱す一部の連中の学会バッシングの動画を引用し

※巨大組織は指示なしで何も行動することができない。この流れは
 佐藤、波多地vs大草妙観講講頭の対論以降に決定的となった。 


と組織批判をしているのです。
見ている人は一部学会員と大草講頭の対論がなにを意味するのかは解らない
でしょうが、創価学会が行動をしていないという漠然としたイメージを
ガンガン街宣活動をしているネトウヨの動画と比較させられてしまいます。

小野氏は個別で行動を起こせと示唆しているのだと考えられます。
それは孫崎氏と同じ、ネットで不満・不安を煽って人を動かそうとしている姿。

単なる煽動者です。 ネトウヨとたいして変わりはしません。

組織がなにもしないと愚痴るだけで閲覧者は増えます。
公明党がアヤシイとそそのかすだけでアンチ気質の人は喜びます。
「僕と同じ考えの人がいる」と。

孤独な社会運動家はだれかが気持ちを察して動いてくれる事だけを待って
います。そして人より多めの功名心を隠し持っています。

ですが改めてよく見てください。これという主張も中身もありません。
ただ感想が書いてあるだけ。
「創価王道」は組織という一つの社会性からの「個」の離脱を試みたあげく
に学会批判コメントの増幅装置となり下がってしまったのです。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析