師匠の心と抽象化現象

( 初出 2012/11/09 )

菊川広幸(HN)さんが大白蓮華11月号の特集から部分引用をして
最新の記事を公開されました。

※池田先生は、「仲良くあれ」と言われている。
「仲よくしなさい。仲良くしないと魔が入るんだよ」
「仲の良い世界は強い。発展していく」
(中略)
 その理由について、池田先生は言われている。
「その人は大聖人の使いであります。仏であります」
さあ、仲良く、手と手をとって、朗らかに前進しよう!(^^)
それが創価である。先生の弟子の振る舞いである。

http://megalodon.jp/2012-1109-1215-52/sokamori2.exblog.jp/19462927/


////////////////////////


元記事となる大白蓮華を持っているからこそ指摘できますが、同15ページ
には「ではどうすれば仲良き団結は出来るのか」といった組織内での
永遠のテーマについて証言が寄せられています。
証言を寄こされた方は「先生のために」を中心におくことだと解されて
おられました。

師匠が言っているから「仲良くしよう」というのであれば、それは中身の
はいっていない、きれいな壺と同じようなものです。
ちょっとまえになりますが「仮面家族」という言葉が流行りました。
はた目は仲が良いように見えるが、誰も心が通じていない家族の事だと
いえるでしょう。
よく、波風をたてないようにする事が「仲良い」状態であると誤解をしている
人がいるようですが、これは根本的に間違っていると思います。
少々意見が違うことがあってとしても関係が崩れない状態が仲が良いという
事ではないでしょうか。
仲良くとは言いますがネット上に限らず、組織上や社会においても
「目先の利益を求めるのではなく、社会で通用する本物の力をつけるよう」
(大白蓮華 11月号22ページ)
にする事こそが学会活動の目的です。

その目的を無視して「仲良し」を装おっている人は師匠の指導や御書等の都合の
よい部分だけを引用しがちです。
聖教新聞や学会の書籍を無断転載して自分の行動を飾り、心優しい演出をしようと
しているを見かけると、かなり違和感を感じます。
中には「仕事が忙しくて会合にでられない」とか
「聖教新聞を読む時間がない」「幹部が動かないから云々」等々自分が魔に負けて
いる姿をネットで公開して、悪びれるどころかひらきなおっている残念な自称
学会員さんがおられます。
また、学会アンチさんのサイトを見て驚き、ならばまだまだ未熟な等身大の自分
を「普通の学会員」としてネットでみせるだけで世間に理解してもらえるなどと
いった消極的な印象操作に苦心しているケースもあるようです。

大白蓮下10月号には
「折伏の二字を取り去ってしまうならば、創価学会の魂はありえない」(13ページ)
「金剛にして不壊(壊れない)の身をつくるための信心であります。
 人間革命がそれであります」(同14ページ)
「どんなに釈迦仏法を究明しようが、実践しようが、それは獅子吼をなしたこと
 にはならない!折伏でなければ、末法の修行を実践したとはいえない!
 真実の仏法を実践したとはいえないのです!」(同23ページ)


正法を護持するというのは戦いだとおもいます。
そしてその「戦い」を忘れてしまえば「魔」を「魔」と見破ることなどできる
はずもありません。
せっかく三障四魔が競っているのに立ち向かわずに、漠然とネットで個人活動報告
やネット「人助け」を推奨しているだけ人を見かけると遠回りをしているように見
えて心から残念でなりません。

逆に「社会的偉くなった。だからといって信心か決定(けつじょう)しているとは
言い切れません」 
「自身がやってもいないのに、他人にだけ、やれ、やれ、というのは---
 とんでもない慢心です。」(同19ページ)
等々、たとえ仕事が成功しようが世間的にみとめられていようとも、まず自分が
学会活動をする努力を怠ったり、理屈をつけて戦いを人任せにしているのは
「悪」だと喝破されています。

あなたが護るべき人は、あなただけではありません。
あなたが護り共にすすむべき人は、あなたのそばにこそいる。

我々が師匠としている池田先生は今も自らが戦いつづけてます。
弟子がバーチャルで「やさしさ」だけを強調し抽象化するのは一番やっては
いけない事だとおもえてなりません。

今日の聖教新聞に掲載されていた「我が友に贈る」

 広宣流布は外交戦。
 感じよく迅速に
「さすが」と言われる
 誠実な振る舞いを。
 創価の全権大使たれ!

(2012 11/9付け聖教新聞)


この言葉を今一度、自身にあてはめて「気弱な創価の大使」から脱却すべき
ではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析