マスコミに何度も踊らされる大衆:特定秘密保護法案考

( 初出 2013/12/14 )

今回の特定秘密法案でマスコミが力及ばず、創価学会員をあおろうと必死に
なっていますが、 その風潮ににただただ流されている人もいるようです。

※学会員はあれだけ必死で選挙活動に駆け回った結果、このような薄気味悪い
 法律ができることをなんとも思わないのでしょうか。やはり「創価学会が
 支えて いる公明党が悪いことをするわけがない」というあいかわらずの
 思考停止状態なのでしょうか。
http://megalodon.jp/2013-1206-1521-30/signifie.wordpress.com/2013/12/06/476/


※以上の理由により、私は同法の衆議院における強行採決に強く抗議する
 とともに、すみやかに廃案とすることをすべての公明党の国会議員に求めます。
http://megalodon.jp/2013-1206-1558-04/abekenmaruke.blog.fc2.com/blog-entry-7.html


元学会員ならいざしらず、現在学会員のような方もちゃっかり相乗りをしていますね。
特に魚拓二段目の方なぞは「数珠修理屋」の売名宣伝も兼ねてる悪質なケース。
最近はツイッターでいとも簡単に情報共有されてしまうので、自分への被害も拡大
する怖さを知らないのでしょうか。
多くの自称学会ネット政治運動家がおすであったようにアンチさんに都合良く
利用されて信心が終わっちゃいますよ。

さて
引き合いに出されるのは戦前の悪法「治安維持法」
ぶっちゃけた話し治安維持法は国家権力による思想統制ですよね。

今回の特定秘密法案で懸念されるのは、テロ対策、外交、防衛に関する
国家の「秘密」がどこまでの範囲なのかが一つ目のポイント。
もうひとつは、それらの国家の「秘密」をだれが選択し決めるかが二つ目のポイント。

国民の思想・宗教の統制をするために専門の特高警察を組織し行使権を
与えた治安維持法と同列にする理屈が私には全くわからない。
「合成の誤謬」の典型例です。

いままで各省庁内で慣例で秘密(部外秘も含む)を決めていたり、警察内でも
所轄に縛られたりして情報統括と共有ができなかったからこそ、オウムの
ような広域組織犯罪が抑止できなかったのではないのだろうか。
当時のマスコミだって、松本サリン事件の時にだれもオウムだと考えて
おらず、河野さんという報道被害者を作っただけだった事を忘れてはならない。

国民の代表であるはずの「政治家」には省庁の組織内で決められてしまう
秘密の選定共有にかかわれず、官僚任せになっていたのを、やっと
国会議員が、かかわれるようになったのは主権在民の一歩前進だともいえる
と思います。
とはいえ、国家公務員には守秘義務などの法律があらかじめあるものの、
罰則はゆるく今回日本版NSC設立によって関わる内閣(国会議員)の守秘義務
は罰則規定があいまいなまま。
まして第三者委員会が選定ともなれば、一般人が国家機密を知りえることになる。

民主党元首相のように、自分を守るために引退後ペラペラと内情をしゃべる阿呆
も出かねない状況で、ただただ「国民の知る権利」が奪われるなどと無責任に不安
をあおるだけのマスコミと野党が非建設的かつ悪趣味。

結局、近年マスコミが「国民が知る権利」を行使してなにか国家間の密約
(外交・防衛機密)においての問題を暴いたことがあったのだろうか。
この国のジャーナリズムは相変わらず稚拙です。

マスコミがのぞき見趣味で暴いてきたのは、犯罪被害者のプライバシー、被疑者の
プライバシーや、芸能人・著名人のプライバシーばかり。あとエロ・グロ。
マスコミが「知る権利」を行使するのはもっぱら弱い立場の「民衆」ばかり。
なのに大衆はそれを享受し甘んじている。
マスコミからにすれば愚衆は「よいお客様」。
これは一般大衆の政治的習熟度が低い事も相互的に影響している。
投票率が低いのもその結果でしかない。

ところでなぜ秘密保護法案反対者は、ついでに創価学会や学会員を中傷
するのでしょうね。

けっきょく自分たちの声が集約できずどうしようもないから、自民党ではなく
与党少数派の公明党や支持母体の創価学会をクサして鬱憤晴らしているだけ
なんですよね。
このような冷笑主義はなんの解決にもならない。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析