国家神道は政治行為による宗教である

( 初出 2014/1/10 )

好戦的とは一般的には「争い事を好む人」を指すそうですが、外交問題に
いたっては「武力で物事を解決しようとする」国の事だと私は考えています。

戦争は国家間で行われるものですから、純粋に政治的な問題だといえます。
たしかに殺し合う当事者はお互いの国の「国民」であることはほぼ間違い
ありませんが、だからといって個々の国民が当時「好戦的」であったかは
まったく別問題として考えなくてはいけないのではないでしょうか。

安倍総理は年末の靖国参拝をしたことは話題になりましたが、年始には
伊勢神宮を詣でていましたよね。

この件に関しても話題になるかとおもえば、日本国内でさえ「総理の参詣」
に対して批判的な論説がみられません。

「神道は宗教ではない」という明治政府の刷り込みが平成に至っても
しぶとく生きているのです。
ある人は「神道には教義がない」とか、またある人は「国民が合意している」
などと反論します。
しかし実際には、伊勢神宮にしても靖国にしても、宗教法人であり、一般的に
言う伊勢神宮は宗教法人「神社本庁」の本山「神宮」です。
戦後において、神宮も靖国も立派な宗教法人として独立しているのであり
政府要人がその身分のまま、関与する事は許されるはずがないのです。
それが「政教分離原則」の骨子です。

ところが靖国参拝にかぎらず神社参拝容認の方はたいてい、
「祖先に感謝する事がなにか悪いのか?」と言います。

日本において行政機関の長である総理や、各部署の責任者である大臣が
「祖先に感謝するのがなぜ神社でなくてはならないのか?」という純粋に
宗教と政治の関わり方を議論にしなければならないにもかかわらず、
参拝を否定するなんておかしいと、個人の信仰レベルで解釈する事が
話をさらに複雑にしているのです。

さて、話しを戻しましょう。
日露戦争に辛くも勝利した日本は、借金までしてお金を大量につぎ込んだ割には
実利を得ることができませんでした。
そういった不満は国民にも蓄積されていたのでしょう、中国大陸に侵攻し日中戦争
に至る間に軍部は「マスコミ」を使う事を考えた。
新聞やラジオ、小説等を通じて、「戦争」を悲惨な部分を隠す事で美化し
国家が国民の命を奪う理不尽さを隠すために、天皇を頂点とする「神道」を
構築し、八幡や神宮は別格の扱い(社格制度からはずす)とし
長州政府が創った「招魂社」を戦死者が神として奉られる靖国へと変貌させ、
年月をかけて国民を教化したのです。

安倍総理はそういった歴史をしらないはずはありません。
ですが、靖国、伊勢に詣で、その場で記者会見を行うという愚行を繰り返すうちに
国内世論が「参拝は問題ないだろう」と沈静化するのをまっているのではないかと
思えてならないのです。

中国や韓国の人は、宗教心がないから理解できないとうそぶく人がいますが
バカ言っちゃいけません。
儒教の影響を多分に受けているとはいえ「神」をまつる民間信仰も多数あり、
祖先に対する感謝の念は最近の日本人以上に敬意をはらっておられます。

同盟国であるアメリカですら政府要人が靖国に詣でることはしません。
なぜなら、靖国は国家慰霊施設ではないからです。

安倍首相やその閣僚が狙っているのは「国家慰霊施設」としての靖国の地位では
ないでしょうか。

昨年末にも、いわゆる「零戦」を題材にしたNHKの番組が再放送されました。
特攻で亡くなった軍人は、戦争最中には軍神と世間からも讃えられていましたが、
それは国家神道があったからこそです。
つらく苦しい戦争が終わったとたんに「いつまで軍神なんていっているのですか」
「特攻がなければ戦争はもっとはやく終わったかもしれないのに」等々
冷たい言葉を浴びせられたのは、命がけで戦わざるを得なかった国民や
かけがえのない身内の命を失った遺族に対してです。

狂気を実現させる装置となった「国家神道」の政治家による復権は許されざる事態
だといえるでしょう。

日本人以上に中国や韓国、そして米国は「日本人の傾向性」を知っているのでは
ないでしょうか。そしてそれが疑念の元になっているようにおもいます。

現在連載中の小説新人間革命「正義」の章で、日本の歴史を紐解き、政治と宗教との
関わりを池田先生が綴っておられます。
学会員さんは、戦争と宗教の関わりに刮目してまいりましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析