靖国参拝を破折できない法華講【邪】

( 初出 2013/12/31 )

年の瀬に降って湧いた、政治的パフォーマンス安倍総理の靖国参拝。
中韓だけでなく、同盟国である米国や欧州あたりからも
安倍総理に対する落胆の声が上がっています。

安倍総理の政治的な意図はともかく、宗教的な意義、国事行為としての靖国を
捉え批判をしているコメントは以外に少ない。

とおもっていると、以前に「靖国大石寺接収論」を提唱した法華講員大月天さん
がこんな事を書いていました。


※中共支那など、把(と)るに足らん邪国である!

尚、日本国政府は、今後、米国の魂胆をよく見抜き、その梯子(はしご)を
 外さんとする姿勢には、毅然とし物言いを為す可し。国際社会に於いて、
 日本を怒らせたら大変な事になる、という事を、愈々、知ら
しめる時とも云えるのである。

http://6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44979


--

※兎も角、大日本帝国が勝っておれば、マッカーサーがA級戦犯となり、
 毛沢東なども死刑となっていたのである。つまりは、そういう論理なのである。
『勝てば官軍。負ければ賊軍』
日本人ならもう少し、日本人としての気概を持ちなさい。誇りを持ちなさい。
 頭脳を持ちなさい。
畏れ多くも日蓮大聖人は、此の日本国こそが世界一の国であると申されている。
 何と云う大眼力で あろうか。本より、世界一の妙国に御誕生遊ばされた御本仏
 としての大確信でもあろう。

http://6238.teacup.com/tsurutaro33/bbs/44980


(以上日蓮正宗僧俗が管理する「破邪の蘭室」掲示版より、抜粋引用)
//////////////////////////////////////


設置者から管理権を不正に移譲された、大月天さんが「個人的見解」と
前置きしながらも、安倍首相の靖国参拝について実に興味深い反応をしめしています。

ざっくりいうと、安倍首相が中韓の圧力をはねのけて、公約であった総理としての
靖国参拝を実現させた事に対して、日本人としての誇りを感じるべきだという主張。

後段の歴史上の「IF」に関しては物笑いの種かもしれませんが、C作戦以後弱小
教団と成り下がった日蓮正宗の門徒としての自己肯定論理が垣間見えています。
つまり、負け犬の遠吠え。
こういった歴史認識だからこそ、卑屈な皇国感から脱しきることができないのでしょう。

しかし、この根底には誤った靖国認識が未だにある事も否めません。

曰く
「靖国神社は戦没者慰霊施設として国家が建立し、
            国民のコンセンサスが得られている場」 という錯誤。

靖国神社が「戦没者慰霊施設」として政治的に国家が認めた形跡もないので
国民のコンセンサス(合意形成)が得られている場所ともいえない。

だからこそ、小泉、安倍総理は「一般」としてではなく総理大臣として
靖国に参拝することで、国民のコンセンサスを得ようとしているのでは
ないでしょうか。
官僚でなくとも人間は前例主義をとりがちですから、いったん国事行為としての
「参拝」を認めてしまえば、政教分離原則の「例外」として認められるのでは
ないかという期待をもっているように思います。

ここで声をあげなければならないのは、むしろ、「戦没者の慰霊は靖国」という
「一宗教団体」に政府の代表が肩入れしている事実だとおもいます。

ところが、あろうことか破邪たくましいはずの日蓮正宗門徒さんが
安倍首相の政治パフォーマンスに「宗教団体」あからさまに使われている事を
「是」としているわけです。

彼等は、敗戦国日本の「政治的」「社会的」「宗教的」過ちを直視できずに、
説明出来かねる「日本人のメンツ」にばかりこだわっているので
「批判する相手こそがオカシイのだ」という思考停止抑圧タイプの人に
なってしまっているのです。

下記のサイトには、抑圧タイプの人の心理が紹介されています
ので引用しましょう。

※抑圧タイプの人の特徴は、自分がミスをしたという事実に気が付きながらも、
 見て見ぬふりをする人です。そしてこういう人は、たまたま運が悪かったと
 いう様に、見えないもののせいにします。
 この傾向は、自分自身の能力が低いからなんです。

http://menzine.jp/lifestyle/matigaimitomenaihito7672/


このように考えると、明らかな外交的ミスを「問題ない」と強弁する
人達の心理には「劣等感」が根にあることを認識できるのではないでしょうか。

国家神道時代の靖国を、敗戦後の近代国家日本においても重要な位置に
おいておきたい心理こそ、日本としての精神的成長が滞っている事
を示唆しているように感じます。

ちなみに公明党山口代表は、積極的に「国立追悼施設の検討を」 と
提唱しています。

◎首相靖国参拝:公明党の山口代表「国立追悼施設の検討を」
http://mainichi.jp/select/news/20131228k0000m010087000c.html


いつまでも、一宗教法人に追悼施設の役割を担わせようと画策している
国会議員団や首脳の「国益を損なう」行為をさせているようでは
世界から物笑いの種にされるだけです。


スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析