電話一本で戒名作ります(前編) 【邪】

( 初出 2013/7/26 )

時々、現役の日蓮正宗門徒のタカモトくんやリオンくん、「幸福.info」や学会書籍
買い取り業者、ネットを利用した日蓮正宗への布教勧誘活動等々、新基軸の
活動を展開している長野妙相寺信徒で樋田一派の方々を取り上げてきました。

特に樋田さんの私財を投じてマンションの一室に設置されたという、新宿・峯國舎
(ぶこくしゃ)は、住職も出入りするいわば長野妙相寺の出張所にあたるものだと、
私は解釈していました。
この峯國舎に関東近郊在住のタカモトくんのような「ネットを見て入信」した人々が
あつまり、ネットを通じて日蓮正宗の宣揚や創価学会に対するアンチ宣伝を行って、
さらなる信徒拡大のアジトとなっていた事がうかがえます。

ところが4月以降、タカモトくんのブログ「日蓮正宗法華講の信徒になって」リンクを
貼られていた、幸福.info、大石寺無料観光案内のサイトなども悉く閉鎖されている事
に気がつきました。

どうやら、日蓮正宗の宗務院から出された院達と関係があるようです。

//////////////////////////

院第1851号

平成25年4月17日   日蓮正宗宗務院

寺院・教会

住職・主菅各位

出張授戒・出張勘誡の件(再通達)

出張受戒・出張勘誡は、院第3430号(平成14年4月11日付)、及び
院第3507号(同年11月25日付)通達に基づいて厳格に行われており、
宗務院の許可を受けてから実施することになっております。
しかしながら最近、一部において弛緩がみられます。

よってこのたび、上記院達を再送するので、同院達を再読のうえ、
いささかも違反することのないように遵守ねがいます。


////////////////////////////


あの手この手で信徒獲得ノルマ達成に躍起になっている日蓮正宗では
生活保護受給者の弱みにつけ込んだ布教が行われていたという事件は
フェイクでも取り上げられましたが、上記院達を見る限り
「許可を得ていない」出張受戒・出張勘誡が行われている事が
推察されます。

受戒とは新規で日蓮正宗に帰依する儀式、勘誡とは創価学会員など
かつて日蓮正宗に所属していたものがいったん離脱した後、再度門徒に
戻るときに行われる儀式です。
もちろん、日蓮正宗内において在家がとりおこなえる儀式ではなく
宗務院に対して許可を申請、許諾された後に所属となる住職が儀式
を行い御本尊を下付する事で受戒・勘誡の成果となります。
基本的にこれらの儀式はよほどの理由がないかぎり日蓮正宗で認められた、
寺院や教会で行われるものです。

しかしネット布教を推進している長野妙相寺門徒さんのブログを拝見すると
『面談御授戒』なるものが行われたことを示す記事があるのです。

ネット選挙ならぬネット布教で網にかかった人を新宿の峯國舎に呼び込んで
住職が面談をして即御受戒という事でしょうか。
いわゆる出張御受戒がおこなわれているという事でしょう。

しかしこの儀式が樋田さんのアジトで行われているとなると話は別です。
いちおうご宝前(曼荼羅が安置されている場所)であれば
授戒はおこなえるという事になっていますが、繰り返して行われる場合
新宿のマンションの一室が「寺院・教会」として認められている必要性が
生じます。

そうでなければ、遠隔地であっても住職が来るだけで御本尊様を下付できて
しまいますし、寺にいかずとも自分の家にいるままで定期的な宗教行事も
行えるという事になります。

さて、今回紹介する妙相寺門徒さんのブログには興味深い事実が掲載
されていました。

法華講員さんが電話で塔婆をお願いすると、入信していない人に対してまで
戒名をつけてくれたのだそうです。

(続く)
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析