内部アンチ風の人

日本ブログ村の中にも創価学会員の「内部アンチ」風の方がおられます。

複数のブロガーさんが反論されています。
なかには「そんな内容を見てはいけない」等と、根本的な破折を放棄
されている方もいます。

私は、自称本部職員だろうが自称地域の幹部だろうが、彼等が「創価学会」を
貶めるときに使う「ネタ」つまり、ソース(情報源)がどこなのかを重視します。

いままで何人かと対論してきましたが、自称「内部アンチ」(または組織改革派)
の方が扱う内容は「日顕宗」orそれに関係の深いアンチさんのブログがすでに
発信している内容が多いです。

特に「教義」に関する話題になると、急に「日顕宗チック」になります。

たとえば現在の創価学会では勤行の次第が違うとか、御本尊が疑わしいとか
創価学会歴代会長の親族は「創価学会ではない」などです。

これらの発言はもっぱら日顕宗の「創価学会員の皆さんへ」のパンフや
日蓮正宗機関誌「慧妙」などに掲載されている内容をリメイクしたものです。
表面的には「創価学会員」のようでも、内心は日顕宗やマスコミをふくむアンチさん
の意見を取り入れたうえで、批判をしているのです。

はたしてこういったアンチ情報を「ネット」で拡散させていた場合
現場でありがちな「なだめる」「同情してみる」といった対応だけで良いの
でしょうか。

問題は、対論している学会員さんの中には、そういったアンチ学会がらみの
「ソース」そのものの存在を知らないがために、反学会内容を書き込んでいる人
の話術に乗せられて感情的になってしまったり、「見てはいけない」的な予防線
を張ったうえで、論争を避けた、やんごとなき個人の日記ブログに誘引するため
の材料にしている「下心」のある方がおられる事ですね。
(その割には余所様のブログでは論争をしていたり支持する二律背反の方も)

日顕宗と創価学会の論争が激しかったころ、多くの創価学会員さんが
日顕宗の坊主から「いわれなきイヤガラセ」を受けられました。

その際、聖教新聞等ではどのように指導されていたでしょう。

理不尽な対応に関して泣き寝入りせず、正論で「断固抗議しましょう」
という趣旨でした。

本当の敵は「臆する心」をもった自分自身だとおもいます。
外敵に臆するのではなく「他人の評価がさがりそう」という個人的な理由での
臆病です。
そしてそういった「臆する心」を持った人は、本当の意味で他人は救えないと
おもいます。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析