「創価学会の問題」ブログ閉鎖について:創価の森ウォッチ108

ある学会員さんが、「創価学会の問題」というブログを運営し、ブログ村
創価のカテゴリーに登録されていましたが、創価の森の小さな家を運営する
菊川広幸さんから「ナリスマシ」の汚名を着せられた上に、糾弾記事を
掲載されブログを閉鎖されるに至りました。
(参考リンク・ナリスマシを見抜く方法: ☆悪徳サイトへのリンクが証拠。)
http://sokafree.exblog.jp/23345383/

じつは、「創価学会の問題」ブログは、ブログ村創価カテの人気ブログ上位に
上昇する前から、ちょくちょく拝見していました。
信心30年の自称地区部長さんが、役職を事実上辞退したという話題から
始まっていましたので興味があったのです。
内容を見る限り、どうもリアル現場での人間関係がうまくいっておられず
に葛藤されているという印象をもちました。
ただ、終了間際には、学会アンチブログの内容に影響をうけておられる
記事も数多くなっていましたので、あまりよい傾向ではないなと気に
なっていました。
ただ、コメント欄で何人かの同志の方が説得されている様子がみられたので
静観していました。
(当時のログがあります)
https://archive.today/emmcg

私なりに情報を精査していたところに、菊川さんが「ナリスマシキャンペーン」を
始められたのです。
結果として、「創価学会の問題」ブログはブログ村に登録されていたURLを解除
したうえで、HNも変更され再開されたのですが、ある程度元の記事を移転
したあたりで、事の重大性に気がつかれたのか完全閉鎖されました。

菊川さんの「ナリスマシ」疑惑に反論する形で、自分が創価学会員であること
の証明として、リアルタイムの画像をアップされ、私もそれを確認しました。
「創価学会の問題」のブログ主さんは本当に地区幹部のようです。
組織に対する不平不満や、感情論で記事を書かれていた事を同志に責められても、
いたしかたないとはおもいますが、菊川広幸さんのように、ブログに登録
しているリンク先をみただけで、「ナリスマシ」だと断定されたうえで、
なぜか「視覚障がい者」さんのサポートブログに記事を連続掲載し、前述創価カテ
の「オトモダチ」と結託したうえでブログ主さんを、追い込んだのです。

たしか、菊川さんは「三猿運動」を提唱し、怪しいブログに対しては
“見ざる聞かざる言わざる”の完全無視のスタンスをとっていたはずです。
みずから設定した「禁」を破って、「アンチブログ」を叩きに叩いた結果、
菊川さんは「悪人退治」の賞賛を得たのか、ブログ村創価のカテゴリーで、
ながらく下位に甘んじていた「創価の森通信」は人気記事ブログの上位に
返り咲きました。

菊川さんは言いました。

「このテーマは、当ブログにふさわしくない内容である。」

( 創価学会の問題ブログの罠 2014年 09月 07日 )


三つもブログを運営しておきながら、「視覚障がい者」さんのサポート
ブログにあえて、「騒動」となっているブログの話題に一番最後に
わずかばかり関与し、まるで、自分の行為が間違っていなかったと言わん
ばかりの強弁を繰り返した結果、ランキング上位に返り咲きです。
菊川さんは、「創価学会の問題」のブログを、キーワード検索上位の地位(?)
を利用して、ネガキャンを続ける可能性がある・・・と「ナリスマシ断定」
の意義を強調しますが、○○上位の地位(評価)を利用してネガキャンを
繰り返した自称学会員さんだからこそ、そういった発想ができるの
でしょう。

そして、功名心から一番「実利」を得たのは、結果的に菊川広幸さんです。
相手をクサして自分の評価をあげた、その行為がはたして「大善」
なのでしょうか。
よくよく考えてもらいたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析