ネットコミュ善行論の学会員さん

( 初出 2014/5/11 )

現在、ブログ村創価カテに登録されている「関西のおっさん」さんと
創価学会員としてのネット利用のありかたについて、対話をしています。
おっさんさんは、ネットで学会員がコミュニティ(共同体)を作る事も
通常の学会活動と同じだ というお考え。
私は、いつものように、組織外の個人の表現活動を通じたコミュニケーションを
通常の学会活動と同等に考えるのは、リスクが大きすぎるという考え。

唱題時間の披露や、マンネリ的な朝のあいさつコメント
激励になるとおもっている情報交換。
ネット上で学会員であるというものが特定のブログに集まり
やんごとなき話題を交わすだけで、なにか率先して新しい活動をしているかの
ような疑似感覚。

そして気の合う学会員だけが集まって、なにかしらの共同事業を始める。
そこに提唱者あれどリーダーとなる者はおらず、協力者が協力者を募り
好感をもった人に「自己責任」で事業の一端を担わせる。
よく考えてみれば、人材育成の学会活動と無関係。
提唱者は、仕事や感情論を理由に現場での学会活動がおもうように参加できなく
なってくる。
でもネット上の創価のコミュニティでは「信心のある人」だと名声を得てるだけ。
組織利用・同志利用の典型ではないでしょうか。

【創価学会のおっさんです:鋭い感性】
http://ossandesugananika.blog.fc2.com/blog-entry-205.html


上記で拙が投稿させていただいたコメントを、一部修正し転載させていただきます。

/////////////////////////////////


おっさんさん、先ほどは失礼しました。
貴殿が信心に邁進する事と、それを公表する事で得る(集まってくる)リスクは、
多いです。
来るものは拒まずの対応をされていますが、あえて常連の「ちよ」さんのブログに
参加されない姿勢はとても好感がもてます。

しかし彼女のブログをみても解るように、現場で寂しい思いをする同志が集い慰め合う
というのは師匠の言われる「闘う組織」ではないはずです。
どこまでいっても、彼女たちは現場で踏みとどまるしかありません。
教学が堪能だとか、唱題が何時間もあがるという事を誇示する事で、さしあたっての
「師」をもとめさまよっている人間があつまってきます。
「励まし合う」のは現場で闘っているもの同士の中で完結するものであって、お互いの
師は「池田先生」であることは論を待たないですよね。

中には、ブログのコミュニケーションを池田先生の指導に叶っているという人がいるか
と思いますが、聖教新聞紙上でも、ネットをつかって見ず知らずの人と交流するなどと
いう指導はないはずです。
あくまで、旧友と親交を暖めるとか、遠方のリアル新友と連絡をとるのに電話や
ネットを使うものではないでしょうか。

/////////////////////

(関西のおっさんさんからの返答全文は:2014/05/10 02:31の投稿です)

※まあ、子ども達は別と考えて、おっさん達は、えー歳こいた大人ですやん。
 それこそ全て自分の責任ですやん。
(おっさんさんのコメント)

ところで子供は愚かで、大人は優れているからまちがいないという発想でしょうか?
「今の時代、ブログやSNSの投稿から友人の悩み・ホンネをうかがい知ることもある。
まずメールを使うほうが、やりとりがスムーズに進む相手もいよう」

この社説は私もコピーしておりますが、重要な前提条件(導入)の部分が抜けて
いますよ。

※電子メールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、ブログ……複数
のツールを使い分ける人も多い。
とりわけ現代の若者たちは、相手との距離感から「空気」を読み、それに合わせて
コミュニケーションの手段を選択しているという
(木村忠正著『デジタルネイティブの時代』平凡社新書)。

【聖教新聞・社説 ネット環境を輝かす温かな絆 2014/2/6】  


あくまで、リアルのおつきあいの延長上の話であって
不特定多数とのコミュニケーションを推奨している内容ではありません。

最初に「管理者だけに表示を許可」という方法をとらせていただきましたのは、
あくまで一義的なもので、関西のおっさんさんがどのように返信されるか
どうかを見てみたかったという理由もあります。

でも私が投稿させていただいた内容が「外道的な発想」と揶揄されるとは
おもっていませんでした。

是非おっさんさんの応援してくれるオトモダチのご意見やロムの方にも読んで
いただきたいな(もとより、そういう事しか書きませんけれども)と思って
いますので、「管理者だけ表示」を外していただいてもかまいません。

よろしくお願いいたします。
また、時間を割いていただきありがとうございました。

///////////////////


注)このコメントに対しての「関西のおっさん」さんの返答は 2014/05/10 23:29
の投稿です。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析