慈悲の姿をとる「魔」:真実を語るウォッチ08

過日9/28日に、教学試験(3級・初級)が行われました。
創価学会では、広く仏法を理解してもらうために一般の方に対しても「教学試験」の
門戸が開かれています。
年齢層は高校生から、かなり年配の方までが受験されるのですが、試験を受けるまでに
現場の学会員さんが受験者といっしょに試験勉強をいっしょにされたりします。
創価学会の各会館で試験が実施され、採点をされるのも学会員さんです。

さて、試験終了後、「ちよ」さんの真実を語るブログで、こんな発言がされていました。

※Commented by akaoni at 2014-09-28 10:31
ちよさん、代筆は私もやったことあるけど、数回も試験受けてる人だから、言わない
ことまで追加して書いてあげました。
これって違反行為です。でも、信心、大聖人は許して下さると信じてます。

http://megalodon.jp/2014-0928-2339-22/tomotiyoo.exblog.jp/23020460/


試験をうけられる方に、なんらかの不具合がある場合、第三者が「代筆」サポート
をされる事があるのですが、その際に「不正を行った」と暴露をされているのです。
akaoniさんは、拙ブログで学会書籍の無断転載を警告した、
創価教学研究室のブログ主さんです。

創価学会内で教学試験は、合格不合格ではなく受験者の「試験を受けようとする求道心」
が讃えられます。
しかし、赤鬼さんのやった行為は、自己満足以外のなにものでもありません。

赤鬼(akaoni)さんは、数年がかりで、創価学会の著作物を無断転載し、9/30日を
もって終えたと記事にされていましたが、その中にも
創価学会が公式に御書講義HPページを作るまでの、研鑽の糧にという趣旨の
文言を書かれています。
前述した、教学試験不正も「根」は同じではないでしょうか。

自分が「その人の為になるだろう」とおもえる事はたとえ「不正」であっても
許されるだろうといった考え方は、創価学会でもっぱら通用しているかのように
思われるのは誤解を招きます。
一見すると「誰かの為になる」といった、利他の精神が立派だと錯覚される方も
いるかもしれないので、教学的に釘をさしておきたいと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析