衆議院解散?消された記事

安倍首相が外遊中、マスコミは政策論争そっちのけで衆議院の解散の可能性
の記事を報じまくっていますね。

その中で昨日(2014/11/12日)、時事通信が夕刻に発表した記事が、日付が変わる
前に削除されていました。
内容が不適切であったのか、未確認情報を流してしまったのか定かでは
ありませんが、配信を受けているYAHOOやINFOSEEKなどのサービスの記事も
消えています。
記事タイトルを元に検索してみると、それなりの反響があったことがうかがえます。

※グーグル検索の結果アーカイブ
https://archive.today/BzAIn

解散報道


(画像は上記アーカイブからのキャプチャー)


某巨大掲示版に全文が掲載されていましたが、なんでも17日に
安倍総理が帰国後、公明党代表と与党代表会議を開いて衆議院解散
と選挙日程を協議するとか、自民公明は早期解散を容認してるとか。
与党内でも異論があるという内容です。

気になる箇所があるとすれば、
野党側の協議の中で

民主党の安住淳国対委員長代理は「今の発言は
  なかったことにしてほしい」と述べ、提出を選択肢としていることを示唆した


という部分。

野党側が、先んじて「内閣不信任案提出」という最終手段にでると
以後の国会会期中、野党は国会にでてくる理由がなくなります。
野党側だけで衆議院の過半数をとれていない以上、与党側だけで
どんどん法案を採決する事も可能になります。
安倍総理の「衆議院解散」が先か、野党の内閣不信任案提出が先なのでしょうか。
ついつい国民の興味は「本当に解散するのか」という部分に目が行ってしまいます。

でも、首相が国内にいないあいだに、道筋を造りたがっている人がいるような感がして
なりません。過熱気味の報道に各政党も翻弄されている感じがします。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析