創価の森管理者からのクレーム

FC2ブログの管理者を通じて、拙ブログ内の

http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

4つの記事を、削除要求をしてきた方がおられるとの通知を受けました。
理由は、「映像の使用を許諾しない」とのこと。

著作権法条には以下のようにあります。

第三十二条
公表された著作物は、引用して利用することができる。
この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、
報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるもの
でなければならない。



つまり菊川さんはブログを公・表している以上、そのコンテンツを「引用」の
範疇でのみ利用されることは憲法で保障されていることを知らなければなりません。

「引用」の範疇とは
必然性があること・引用部分と自分の著作との区別がされていること
主と従が明確であること・引用元を明記すること
おおむねこの四点です。

指摘をうけた拙記事のいずれもが、菊川さんが公開した記事
および、画像に対する批評であり、主従を明確にし、自分の著作との
区別をしたうえで、引用元を明記しているのですから、「許諾」の必要が
いものです。
なお画像等の著作物には「同一性保持」の権利があります。
元の作品を著作者の意に反して改変してはならないという権利ですが、
「トリミング」(必要部分だけの抜き出し)「サイズ変更」をしてはならないという
ことではなく、
「利用の目的及び態様に照らしてやむを得ないと認められる改変」
は認められています。

つまり、紙面や記事のスペースや、自分の記事との主従の関係を表現する
ため等のやむを得ないな理由があれば、「同一性保持」は適用されません。

(著作権法第20条第三項・第四項)

三 特定の電子計算機においては利用し得ないプログラムの著作物を当該電子
 計算機において利用し得るようにするため、又はプログラムの著作物を電子
 計算機においてより効果的に利用し得るようにするために必要な改変
四 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び
  態様に照らしやむを得ないと認められる改変
(昭六〇法六二・2項三号追加四号一部改正、平十五法八五・2項一号一部改正)





http://www.cric.or.jp/db/domestic/a1_index.html#2_3b




スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析