「善い人」幻想に惑わされ:真実を語るウォッチ10

嫌われる人 http://tomotiyoo.exblog.jp/21809944/
---

ネットコミュニケーションでありがちなのが、丁寧な対応をされたり
自分の意見を受け入れてもらったならば「善い人だ」とおもいこむことです。
会った事も無い人にたいして、字面だけで勝手に偶像をつくる人は困りもの
ですね。
大野武士さんの時のように、褒めちぎることで他人を籠絡していくのだともいえますが
「ちよ」さん自身が、いわゆる“いい人”を演出するためにするという一面もあるように
おもいます。

過去の自分を反省しているようにみせれば、情にうったえる事もできます。
しかし今の自分はその「過ち」を克服しているのかといえば、それは別問題です。

「いい人」である事をテキストのみのコミュニケーションの上でアピールするには
ちょっと引いたスタンスが好まれるでしょう・・というか、頑固系オヤジの習性として
愛想よく自分を褒めてくれる異性には弱い。

私は、普通に愛想良くするだけで、良い人だと褒めるような人は、怖いです。
勝手に想像上の「良い人」というモデルを造り上げておいて、その「偶像」をおしつけて
くるのですから自分の意にそぐわないと判断されると、手のひらを返したように、ロク
でもない人間として攻撃されかねません。
また実際にそういった事をあらかじめ予告しておけば相手に牽制をかけることも可能です。
誰しも、自分が嫌われることには恐怖感があるでしょう。

さらに言うならば、自分が「いい人」であろうとするために、相手を褒める人は
ややこしいです。
相手を褒める=いい人だ と自分自身をカタにはめ、
それが世間に通じていると信じきっているので「技巧」を凝らします。
さびしさを怖れ、相手にとりいれられようと自分を偽っている人もいるのです。

自分への好評価の見返りを得る為に演じている「善い人」に対して、好かれ
ようとするのは滑稽ですらあります。
むしろ、そういった偽善の人には嫌われる生き方のほうが価値的だと
思うのは私だけでしょうか。
(参考リンク:哲学者が薦める「いい人」に嫌われる生き方)
http://toyokeizai.net/articles/-/18281?page=2
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析