見返り美人:真実を語るウォッチ12

墨田区の自称婦人部の「ちよ」さんが、今年一年のブログ活動を振り返った
記事をアップされています。

12/25日現在、6月までの回顧録がアップされましたが中にこんな
カキコミがありました。

※嫉妬に燃えた方々もいらっしゃって 御書も学びましたね
 そして それぞれの方が 相手ではない 自分自身が変わらなくては
  と 気づきの月だったように思います
( 今年を振り返る 5月:真実を語るブログより引用)



だれしも自分の都合の悪い事は伏せたいものですが、ちょうどこの頃に
「ちよ」さんが大野武士さんを「諸天善神」と絶賛し煽る形で「はた京阪」
ブログの攻撃がされていた頃です。
その頃に書かせていただいた記事が下記。
「ちよ」さんに新たな諸天善神現る?:真実を語るウォッチ00

大人として恥ずかしい対人論証

「ちよ」さんの諸天善神“大野武士”:真実を語るウォッチ06

結果として「はた京阪」さんは、プライバシーに係わる内容を元に脅され
ブログも掲示版も閉鎖させられました。

そういった事実を伏せて相手に対して、こっそりと「嫉妬に燃えた方々」と評する彼女の
したたかさは、かなり奥が深そうです。

たしか「ちよ」さんは、11/26日に
今日から 諸事情で 更新できなくなるかもしれません
その時は ごめんなさい
また よろしく~かもしれません(2014-11-26 00:11)

と意味深なコメントを残されていたはず。

なぜ「ちよ」さんは多重ハンドルをしてまでブログを続けているのでしょう。

その理由の一端が表れている箇所があるようにおもいます。

ネットゆえの寂しさ
コメントにいらっしゃらなくなると それで 繋がりはなくなってしまうものですね
なるべく長く ブログを続けて行きたいものです
(略)
来年の年賀状には このブログを紹介してみようかしら?
そうしたら  また1年は 続けなくては に なりますね(笑)
(今年を振り返る4月:真実を語るブログより引用)



私はこういった「思わせぶり」な態度を取ってまでして読者の興味を引こうとする
行為を見返りをもとめる「見返り美人」と呼んでいます。

美人とはいっても「女性」だけにかぎった事ではありません。
「仕事に疲れている」とか「最近うまくいかずに悩んでいる」
とか「ブログ更新が大変だ」と歎いてみせると、期待に沿うコメントをされる方が
かならずいる事を知っているからこそ、明るく振る舞ったり、とナーバスな姿を
みせたりと浮き沈みのはげしい“感情のゆらぎ”を記事にできるのです。
ある意味「人の心を掴むのがウマイ」ともいえるでしょう。

しかしよく考えてみてください。
ネットのブログは基本的に自分の趣味や余暇でやっているにすぎない事なの
で、飽きたり疲れた時はやめてしまえばよいだけです。
しかし「慰めのコメント」を得ることによって、「だれかの為になっている」「みられている」と
いうモチベーションアップ効果が得られます。
でも、この結果は自分の行為の正当化するという純粋な「私欲」ではないでしょうか。

こういった最初から「読者の応援」をアテにしたブログ運営のやり方は
個人的な「損得勘定」に基づくモノにほかなりません。

最近アドラー心理学に関する書籍、記事がいくつかでてきましたが
興味深い記事を引用します。

 こうした「ほめて欲しくて何かをする人」は、ほめてもらえないと相手を恨みます。
このように他人を恨む人は、自分を条件付きでしか承認できない人ですが、
他者をも条件付きでしか承認できません。
(ダイヤモンド社書籍オンライン:アドラー心理学が教える幸せに生きるための3つのヒントとは
 より抜粋)
 http://diamond.jp/articles/-/56538?page=2



自分を無条件で受け入れてくれない人を「嫉妬に燃えた人」と切り捨てること
ができる人に「こわさ」を感じた人や
自分を応援してもらうことを期待して、親切なそぶりを強調している事に
気がついた人は、去って行くでしょう。

疲れますから。







スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析