新年のご挨拶

「黄金の三年」の中間点。
「世界広布新時代 躍進の年」あけましておめでとうございます。

「黄金の三年」覚えておられるでしょうか(笑い)
“世界宗教の基盤を築く”という大命題達成とともに、池田先生は
「深く大きく境涯を開き、目の覚めるような自分自身と創価学会の発迹顕本を頼む」
とのメッセージを伝えられたことを今一度思い出してください。

「創価学会の発迹顕本」とは言いますが、学会員さん一人一人が今以上に境涯を開き
まず自分が発迹顕本する事を抜きにして語る事はできないとおもいます。

大きな潮流が起こるときにはかならず内外に障魔が競ってきます。
障魔は「師弟の絆」を絶とうとしてくるものです。
障魔を見破るためには「教学」が不可欠です。

「御書を心肝に染めた人は強い。その胸には嵐に揺るがぬ柱が立つ。
 いかなる障魔をも見破り、断ち切っていける。それが、真剣勝負の研鑽で
 磨いた信仰の利剣なのだ」
(「随筆 民衆凱歌の大行進」より抜粋)



ネットで公開される学会員さんの日常生活を閲覧してまわり、まるで家庭訪問
をしたつもりになっていたり、薄っぺらいコミュニケーションにうつつを
抜かしている場合でしょうか。
御書に

「深く信心を発して日夜朝暮に又 懈(おこた)らず磨くべし」(一生成仏抄)

とあります。
皆が仏なのですから、相手に対する「哀れみ」や「同情」といった、独りよがりで
刹那的な善意は、かえって双方の境涯を貶めてしまうような気がします。
だれにも家族があるように学会員さんならば、活躍すべき現場があり同志が
おられます。

掲示板・ブログだけにかぎらず、同志としての絆とは「真剣勝負の研鑽」
で磨いていかなければならないものではないでしょうか。

皆さま本年もよろしくおねがいいたします。

あべひ拝

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析