心の復興(レジリエンス)

1995年1.17は火曜日でした。
ちょうど仕事が休みだったので帰省していたのですが、早朝に目が
覚めその直後に床をぐるぐる回されるような大きな揺れがありました。
不思議なことに、棚の本などは落ちなかった。
家族の安全を確認したあと、すぐにテレビをつける。
滋賀5、京都5、大阪4・・と震度が表示される。
あぁ、京都か滋賀が震源だったかな?とおもう。
が、兵庫県南部の震度がいつものように表示されない。
なかなか表示されない。
鉄道が止まっている。停電している。被害が大きい・・
アナウンスでの情報が繰り返される。頻繁に余震が続く。
大阪のテレビスタジオが揺れる。十数秒後にこちらも揺れる。
不思議な感覚。
八時ぐらいだっただろうか、ヘリからの映像が入ってきた。
神戸の町が壊滅していた。「あーっ・・・」テレビから目が離せなくなった。
とにかく未曾有の災害をビデオで録画しなければと考える。勤行をする。
どれだけの方が犠牲になったか、想像が付かない。「えらいこっちゃ」以外
言葉がおもいうかばない。職場に電話をかけてみるがつながらない。
なんとか夕方に電話が通じ、無事を確認。
夜までに、なんとか京都までは各停列車が動きはじめた。

わたしが体験したのはこの程度です。当時未活動でした。

しかし、財産を失ったかた、目の前で身内を亡くした方、友人知人を
亡くされた被災者さんの闘いが1.17からはじまりました。
また被災者さんを通じて人生の転機を迎えられたかたもおられます。
後に、ボランティア元年と言われるように、人と人との「絆」の重要性を
再認識せずにはいられませんでした。
『 今、自分にはなにができるのだろうか 』
--
多くの犠牲を目の当たりにしたあらゆる方の脳裏に「復興」という共通の
願いが刻まれたことでしょう。
震災当時は「携帯電話」どころかFaxも一般家庭にまだ普及しておらず、パソコンも
インテリジェンスしか扱えないといったマニアックなツールでした。
情報の伝達には時間と手間がかかる。行政やマスコミは当てにならない。
だからこその、ヒューマンネットワーク。「絆」だったのかもしれません。

---

今、震災から20年たちました。
車窓からみえる神戸の町は、震災の傷跡を残していません。
ところどころに残された震災遺構をさがすほうが難しいほどの「復興」を遂げました。
10_1011明石神戸_0006_R
平成24年には日本の94%以上の方が携帯電話をもち、電話ワクを超えた「小型の情報端末」
を約50%の方が保有しています。

【参照リンク】 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc243110.html



ツール、そしてサービスの普及で、より個人ベースでの「よりそい」や「絆」といった
結びつきは、便利になったはずなのです。
NHKアンケートによると、被災者で「心の復興」を感じているひとは8割程度。
しかし復興の実感が50以下であると答えた方が12%ほどおられます。

【参考リンク】阪神・淡路大震災 あの日から20年 「心の復興」は
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/01/0115.html



中でも、気になるのは経済的な復興が心の復興を妨げているという結果が
でている事です。

※阪神淡路大震災20年アンケート 
http://www3.nhk.or.jp/news/hanshin20/



震災当時は、国として支援するのは、がれきの撤去やインフラの復旧までで
個人の財産再建に支援するという法律がありませんでした。
憲法違反であるとする論すらあったそうです。
公明党の強い働きかけもあって三年後(平成10年)「被災者生活支援法」が
施行され、内容も拡充されてきましたがそれまでに自己再建をはじめおられた
方は借金、それにかかる利息が重くのしかかったままだという事だとおもいます。

それともう一つは、せっかくがんばって復興住宅から地域に戻ったのに
他の住民、職場が戻らず、元のコミュニティの復興とまではいかなかったこと
があげられるでしょう。
住民の生活の基盤となっていた地元での「仕事」「お店」、そして「利用者」
が戻ってこなければ、せっかく借金をして復興させても経営が成り立ちません。

震災当時高齢になっておられたかたは、故郷に戻ることすらできず、今も残る
「災害復興住宅」で孤独死をされている現状を聞くと心が痛みます。

【参照リンク】“悲惨な死を防げ” 医師20年の記録
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/01/0116.html



人間にはだれしも、心の復活力がそなわっているとおもいます。レジリエンスです。
SGI提言でも取り上げられましたが、
「強力な社会的レジリエンスの存在する所には、必ず力強いコミュニティ
 が存在する」(レジリエンス 復活力:ダイヤモンド社)

社会(公共)的財復興、個人まかせの資産復興ではなく、人間同士の顔が見える
力強いコミュニティの復活こそが、社会的復興にもつながるのではないでしょうか。

亡くなられた多くの犠牲者、今も苦しんでいる被災者さんたちから、心して
学ばねばならない事が、私たちにはまだまだたくさんあるとおもいます。
語り伝えなければならないことがあるとおもいます。
今、他人の苦しみを見て「座して傍観」しているだけならなおのこと、自分で
できることを模索しなければならない。
それが創価学会で言うところの「同苦」だとおもいます。

震災犠牲者6434人の、ご冥福を祈らせていただきます。

2015 1.17 あべひ合掌

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析