愛の証明と脱衣

ある大学の非常勤講師さんが、同居中の女子学生に
「私に信じてほしいならば、ここで裸になってくれ」と言われキャンパス内
で全裸になったところを目撃され、騒動になり辞表を提出されるといった
事件がありました。
【参考リンク】
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1501/10/news017.html?fb_action_ids=1522562428011830&fb_action_types=og.likes

パッと見、「馬鹿なことをしたもんだ」とお考えの方もおられるかとおもいますが、
これと似たような情報のさらけ出しは、ネットコミュニティには時々あります。
さらけ出すのが自分自身なら責任を取ればよいのですが、自分の妻や子供
、友人・知人おかまいなしで撮影した画像をネタにしているブロガーさんは
意外に多いですよね。

先だって「情報ヌーディスト」という記事内でも取り上げましたが、
注目をしてほしくて、プライバシーをさらけ出すという心理の他に
今回ように、信用してほしくて、プライバシーをさらけ出すとい心理面も
あるとおもいます。

脱衣してしまった非常勤講師さんは公序良俗に反してはならない場所で、
すべてをさらけ出すことで、彼女の信用を取り戻そうとした。
そのかわりに仕事ができなくなってしまった。
これで彼女との信用も戻らなければ、最悪です。
これは実際に起こったアブノーマルな事件ですが、
ネットでは貴方と私の間で「信用」が成立する方法であっても、世間では憚られる行為が
容易にできてしまうわけです。

弁護士ドットコムで興味深い質問がありました。
「結婚式で撮った友人たちの「集合写真」 フェイスブックに勝手に投稿してもいいの?」

皆さんはどうお考えでしょうか。

結論からいうと、公開されたこと自体がすぐ「法」に触れるわけではないが
、「知られたくなかった人」の存在があるかもしれないことを配慮し対策を
しておいたほうがお互いが気持ちよく利用できるのではないか・・ということだそうです。
たしかにその通り。

情報ヌーディストが氾濫している昨今では、宴会でも友人の旅行にしても
家族にしても「写真」を取る場合は、あらかじめ「友人内のみでの公開」をルールにしておく
などの、お約束が必要になる時代になったのですね。



スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析