フーテン信心とアバター

「フーテン学会員の独り言」を主宰する「太ちゃん」
彼が醸し出すフレンドリーな「かまってオーラ」で、ブログ村創価カテでの
上位登録者にコメント欄でご挨拶をされた方も多いでしょう。

かつては拙のお世話になっている富士宮ボーイ掲示板にも投稿して
いましたが、現在ではなぜか「投稿ができなくなっている」との事。
さりとて、拙の言説が気になるようで、昨年わざわざ「フーテン学会員」ブログに
「あべひさん関連専用記事」という別スレッドをたてて誘っていただいたので、
意見交換を試みたのですが、折りが合わず、約一年間塩漬けしておきました。

時折、拙の記事に批評をされているので、ご挨拶代わりに
彼の言う「ネットの師匠」とやらは誰なのかを聞いた所、えらく
ご立腹の様子で、「視界から消えてくれ。迷惑ですから。」と対話を拒否
されてしまいました。
http://megalodon.jp/2015-0129-1515-03/taicyan42e.exblog.jp/20209799/
「太ちゃん」は他人(特に学会員さん)を論評することは大好きですが、
自分を話題にされることがお嫌いです。

おそらく自分自身がネットで造り上げたフーテン学会員「太ちゃん」という
アバターのイメージを汚されることを怖れてるのでしょう。
アバターとはネット上でコミュニケーションをする際の
「自分自身の分身キャラクター」のことです。

そもそも「フーテン」とは、定職を持たずに盛り場をフラついている人を
指す、あまりありがたくない比喩描写です。

しかし「太ちゃん」はネット言論活動やコミュニティの意義を「フーテン」でありつづける
ことに見出しているといっても過言ではありません。

かつて「太ちゃん」はこのように自己紹介をしていました。


ちなみに僕は母からの学会二世で、現在は組織につかず内徳信仰をやってます。
(略)
僕は教学試験は「一夜漬け」で辛うじて初級試験が受かっただけで、途中より
途中から組織から漏れたままで、ネットをやる教学理解度に優れた壮年部より
教学の手ほどきをして頂きながら、私生活や仕事などで可能な範囲で実践して
いきながらの方法で、ある程度ですが『体感的な理解』ができたと実感しております。
ただ、この方法でしたから『実質的な師匠』となるのは池田先生ではなく
「ネットをやる壮年部」になっているのは自覚はしてましたが、他に手段が無かった
ためにそれで『縁』が切れるまで教わってきたんですね。

(No.36322 2013-05-30 15:02:53 「理」と「現証」との納得の違い 投稿者:太ちゃん)


ようするに、創価学会員を自称しているものの、今でも手段を持たず、実際には
ネットからの情報やコミュニティを糧として「ひとり信仰」を続けているということ
なのでしょう。

「通信教育」によって資格や単位を取れるような「宗派」ならば、よかったでしょうが
残念ながらリアルの創価学会では、好きな講師を選んで好きな教科だけを教えて
もらえるような私塾サービスを提供する業者とは違います。

また「太ちゃん」はこんな発言も残しています。

※☆ちよさん☆
僕は流転の人生で、あちこちの組織に着くも同じく『意味不明』という状態だった
んですよf^^;
流転の途中で曼荼羅を失う現証を機会に、空転してしまうだけのを思い知らされた
からなんですけど。
ちょうど時代はインターネットになっていて、ネットでたまたま教学理解度&小説家
志望という僕にはこれ以上にない壮年部の人に教学などを手解きして頂きながら、
仕事や私生活で『現証の裏付け』を地道に重ねながらやってきたんですよ。
http://tomotiyoo.exblog.jp/21197395/



それであるから『内徳信仰』を『お試し期間』として勧めたいと思って
ここを本格的に始めたんです。
『実感』が湧くぐらいはすでに結果が数人から聞かされてます。
大きな問題にはちょっと難しいにしても、『功徳』がどういうものか
実体験できるぐらいに構成していく予定です。

http://megalodon.jp/2014-0626-1458-56/taicyan42e.exblog.jp/20750470/



ようするに、宗教組織に属さず、10年以上も本尊すら保てない状態でも、
自分が「功徳を得た」と感じられているので、おなじような信仰スタイルを
勧めるためにブログをはじめたということですね。

こういった「自分本位」の擬態信心をしている「元学会員」さんがネットには
何人かおられます。
その一人が、菊川広幸さんが指摘した、極悪ブログ「創価学会員駆込寺」
「ひとり信心の会」を主宰する方です。

フーテン信心のアバターがネットで行き着く先は、創価学会や組織を批判
しつつ、自己優位な形で創価学会員にコンタクトをとりたくて仕方が無い
「ないものねだり」の満たされない境涯なのです。








スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析