ネット学会員さんからの質問2

/////////////////


<質問6>
この問題をいつまでも継続させている理由は何ですか?


---

単純に菊川さんが「ナリスマシ記事」を継続させているからです。
菊川さんに対して「記事を削除してください」と言ってもムダですし
(それはなぜか、福島の壮年さんもご存じですね)
また、「取り引き」めいたことは後味が悪いのでしたくありません。
創価の森での「ナリスマシ」記事掲載後、その批判を本格的にはじめた
のは9月10日になってからです。
盆前ぐらいから「内部組織糾弾派」の方を重点的に討論していたためです。

//

※「同志をネタにすべきでない」というあなたの主張に反しませんか?


---

「同志をネタにすべきではない」というのは、基本ネットにおられない
同志の方等の事をさしています。
ネットの同志のブログ(掲示版)記事を話題にするなという意味ではありません。

厳密にいうと
「現場の同志や友人・知人・家族ネタ(プライバシー)の記事を書かない」
ですね。
この考え方の延長上に
「ネットで知り合っただけに過ぎない人の“自分だけが知り得た”
(教えてもらった)プライバシー記事を書かない」
があります。

//////////////////

(質問6)
※ちよさんや菊川さんたちのブログはやっちゃいけないことを
 やっていると批判し続けていますが、件のご夫妻たちがやってきたことは
 容認できるのはなぜですか?



----

どら猫さんのブログの内容を容認した覚えはありません。
が、菊川さんが軽々に「ナリスマシ」と断定した理由も容認できません。

http://megalodon.jp/2014-0910-1155-48/sokafree.exblog.jp/23353662/

まして、上記記事内に菊川さんが説明されているように
「今回の私の行動は、読者の皆さまには不快な思いもさせたであろう。反発の
 気持ちをお持ちの人もいると思うが、あえて、その罪は一身に受ける覚悟
 である。私への批判は一向に構わない。」
とあることからもナリスマシ糾弾事件について「終わったことを蒸し返す」
などと批判されるのも筋が通らないとおもいますが、いかがでしょう。


//////////////////////////////////////////

(質問7)

※「会わなければネット上の問題は解決できない」と言って、
安易にネット上で知り合った人同士が会うということには批判的であった
筈ですが、なぜ、この際は容認したのでしょう。


----

どうしても会う場合の提案をさせていただいたまでで、基本的に
ネット上でのトラブルが原因で当人同士だけで会うことは危険だと
申し上げています。
仮に見知らぬ人と会う場合、あらかじめビデオ撮影、音声の録音等を
告知しておくのは、さらなるトラブルになった時に証拠として使える
からです。
【参考リンク】
http://www.roudousha.net/tools/Work4-tool005.html

////////////////////////////////

以下は 福島の壮年さんの公開質問状2に対して返答した部分です。
※ 阿部日ケ~ン(院政) さんへの質問状2
  https://archive.today/aft8T


(おまけ)

※事実とすれば、読んだ人に、とんでもない人物であるという印象を
 持たれてしまうことは確実でありましょう。


----

「とんでもない人物である」という印象を持たせるためのブログでしょうね。
しかし「善良な学会員の菊川さんに敵対する人物」というイメージのウラ
には、「困っている学会員さんを助ける通りすがりの誰か」として評価して
欲しいといった偽善が見えます。
なぜそう思ったかというと、この掲示版の前書きをみてです。
参考のために、同じアドレスの「初期」の頃の魚拓と、「中期」そして
「後期」の頃の魚拓を併記しておきます。

(初期:富士宮ボーイ改革同盟)
http://megalodon.jp/2010-1112-0038-08/6706.teacup.com/fbreformation/bbs

(中期:FBI信濃町同盟(旧・富士宮ボーイ改革同盟)
http://megalodon.jp/2011-0701-1123-06/6706.teacup.com/fbreformation/bbs

(後期:あべひ問題を語る)
http://megalodon.jp/2012-0901-1634-44/6706.teacup.com/fbreformation/bbs


////

※(1)全てが事実ですか?(2)ほぼ事実であるが、一部は事実に反しますか?
 (3)一部は事実ですか?(4)全てが事実に反しますか?

---

彼等がどのような評価をしようが、「事実」か「否か」で判断いたしかねます。
ただ一ついえるのは

「富士宮ボーイ掲示板」に執着しているのは「彼等」であり、HN呼び捨てで
「クズ」と罵って憚らない連中が運営しているのが「アンチあべひ」ブログである
ということです。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析