馬鹿にできない権利侵害

意識なき善意の権利侵害ほどタチの悪いものもありません。

ある掲示板(仮)で著作権の侵害を勧める人がいたので警告します。

学会員(購読者)だから公開の権利も有しているかのような、考え方は
いかがなものでしょう。
バカも休み休みにおっしゃってください。

日本で著作物を第三者が使うことを認められているのは必要性に応じた
「引用」だけです。
それも主と従の関係をひっくり返してはいけません。


もちろん私が指摘したからといって、私が無断転載者に、著作権の侵害を
申し立てる事はできませんがこう考えてください。

「読めない人がいるから 掲示してるんだ」というなら 見損ねた映画や
 買いそびれたマンガのネットアップロードはOK なのですか?
否でしょう。

削除依頼されないから権利の侵害は黙認されている という発想こそが
 「盗んだものを掲示(配布)しても俺のせいじゃない」 という法華講員さん的発想です。
この法華講員さんは「判例集」にも掲載されネット上での権利侵害裁判のモデルケース
として永久に残されてしまいました。
【参照リンク】
http://tyosaku.hanrei.jp/hanrei/cr/6514.html

勘違いなさらないで頂きたいのは、一部紹介記事に対して指摘をしているのではありません。
主に、そこかしこによくあるブログでの話です。

新聞の記事をテキスト化するのは骨の折れる作業です。
だから最新記事の師匠の指導や「名字の言」などを直ぐにテキスト化して
くれる人はとても重宝するでしょう。
コピペですみますからね。

しかしこれでは「需要」と「供給」を満たしているから問題ない・ としているに過ぎません。
そこに 師匠の宣揚だ とか 学会正義を紹介しているんだ なんて
きれい事を並べつつ、自分のブログのアクセス増をほくそ笑んでいる連中のなんと
多いことでしょう。
そういう人は自分さえ都合よければいいので、情報を得られた事に感謝の言葉まで
贈られます。
「誰かによろこんでもらえた」という事実は麻薬のようなものです。

仮にスレッドの流れるタイプの若鷹掲示板(仮)で一部記事を転載されても
問題にならない可能性はありますが
大掲示板のような専用スレッドで転載される場合は少々異なります。

著作権に関する下記リンクを呈示しておきます。
http://www.kidscric.com/school/sensei1/sensei1_4.html

著作物等の権利管理情報として虚偽の情報を故意に付加したり、
権利管理情報を故意に除去又は改変する行為
(第三者の著作物を自分のものである といってみたり
 第三者の著作物なのにそれを示さない、または著作にはあたらないとする行為)

上記の行為が行われた著作物等について、事情を知りながら、公衆送信・送信可能化する
行為及び、複製物を頒布したり頒布目的で輸入又は所持する行為。

(事情を「しりながら」無視をして ネットで配信(掲示)しつづけたり
 そのコピペをさらに自分のブログ・掲示板等に貼り付け配信する事
 また頒布目的で収集・所持する行為 )

☆ 頒布 = 配って広く行きわたらせること



スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析