YOUTUBEとCM動画について

ある掲示版でYOUTUBEの動画とCM動画についての話題がありました。
CMが付いている動画は著作権フリーではないか?という疑問です。

YOUTUBEなどを視聴する際に、本編の動画を見る前にCMの動画を数秒以上
視聴する場合があります。

YOUTUBEには複数の広告フォーマットがあり、通常ほとんどの動画を視聴する際に
インストリーム広告といって、事前になんらかのCMを視聴しなければならなく
なっています。
これは、投稿者本人が広告収益を得るために登録したのものと、YOUTUBEを無料で
利用できるのと引き替えに、YOUTUBE社と契約をした企業のCMがランダムに流れる
場合があるようです。

(参考 YOUTUBEの広告フォーマット)
https://support.google.com/youtube/answer/2467968?hl=ja

なお動画の収益受け取りに登録しておくと、マークがつくそうです。

YOUTUBEのCMに関する疑問は
「CMの収益登録する際に、違法性のある動画への広告は対象にならない」ので
著作権はフリーになるとお考えのようです。

基本的にYOUTUBEにかぎらず、一般の方が動画、文章等をネットで掲載するにあたって、
動画共有サービスやブログ公開サービスを使う場合が多いと思います。
各サービスにはいちおう利用規約や禁止事項が設定されていますが、これはサービス
提供会社が、投稿された内容に対して権利侵害の損害賠償などの「責任を負わない」
ようにするためのものであると考えて下さい。

実際に、サービスに登録・利用者となると悪意があるないに係わらず「禁止事項」に
抵触する内容は投稿できてしまいます。
しかし一日に投稿されるネットコンテンツのすべてを、権利保護の観点でwebサービス
提供会社が検閲するのは物理的に不可能です。
したがって、webサービスの管理会社は権利者や第三者らかの通報をもって、記事・動画
を削除したり、違反者の登録を停止したりすることができるように契約されているのです。

YOUTUBEにおいてCMが付いているから著作権の問題はクリヤーしているとは
限りませんし、ブログ管理者や著作権者から通知(または掲載拒否等の処置)がない事を
理由に「みなし許諾されている」と安易に考えないほうが良いでしょう。

YOUTUBEの場合、ユーザーが違法な動画コンテンツで収益を得ようとしても、管理会社
として「収益受け取りを無効にする権利を保有」することで、共犯にならないように
しているだけのことです。

( 参考:YOUTUBE・動画を収益受け取りの対象にできる条件 )
https://support.google.com/youtube/answer/97527?hl=ja&ref_topic=1115890

これは、ブログ公開サービスの会社が権利侵害・犯罪行為(助長)と見なした際に
該当の記事を不可視にしたり、違反ユーザーの登録を抹消したりする権利を有している
のと同じことです。






スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析