菊川さんの境涯革命とは:創価の森ウォッチ124

( 初出 2013/12/11:修正 2015/3/27 )

創価の森の小さな家(別館)にて、「境涯革命」についての連載を続けて
おられた菊川さんでしたが、現在に至るまでの自分の半生を24回に渡って
説明した時点で、一度休載するとの公示がされていました。
その消去記事のログ
https://archive.today/lELkE

「境涯革命」シリーズは、他人の体験談をネットに求めている方には好評のようで
ブログ村創価カテ内での評価が一気に上がり、同じくブログ村上位の「真実を語る」ブログ
の常連読者さん数名が、コメント欄に賛辞を書き込まれています。

さてかつて菊川さんが同様に「近況報告」としてブログに掲載された記事
に、以下のような書き込みがありました。

※精神的にも疲れが溜まっていましたが、随分、リラックスしてほぐれて
 きました。
 出社時間も多少、早くなりました。
 このように、ブログにかけていた時間の枠が、生活全体に広がって、
 ものすごくリッチになっているのです。

(近況報告2 より)



これは、複数運営し手間を割いてブログの更新を一時停止された
頃の「ホンネ」であると考えられます。

おそらく、ブログを更新する事、コメンターの応答に手間取った事で精神的
にも肉体的にもストレスだったという事でしょうね。
「ブログにかけていた時間」というよりも、菊川さんは意識していないでしょう
けれど「ブログにかけさせられた時間」と言えます。

公開コミュ系のブログを設立される場合、おそらくブログ主は
「自分本位で発言ができて、自分を好む人が集まってきてくれるだろう」という
漠然とした予想してしまうでしょう。ところが違います。

より専門的な分野や趣味の話しともなると、その内容によっては読者から
批判を受けたり要望をうけたりします。
読者の反応を期待してブログコミュをつくっているがために
読者の反応を見て記事やコメントを書かねばならす自分本位の発言という
ものがどんどんできなくなってきます。

気がつけば、本来の自由さはなくなり、読者におもねった内容に片寄って来ます。
ネットで「自分自身が思ったことを言いたい」という目的はコミュニケーション
によって、かなりゆがめられてしまう場合も充分ありえるワケです。
当然集団になれば、細かいところでいろんな意見をもっておられる方が
いても不思議ではありません。

でも、そんな風になっていてもブログ主はコミュ内の「和」をたもとうと
評判のよい気の抜けた記事を書き続けたり、よせられたコメントの返答時間を
割き、「和」を乱しかねない批判的な意見を封殺するために、マメに自分の
ブログをチェックし、ちょっとした批判イベントを講じてみたりして「自由な表現」
よりも「コミュニティの延命」に時間的精神的労力をかけて
しまうのです。

とても暇な人ならいざしらず、仕事や家庭、学会活動を真面目にこなして
いる人であれば自分の趣味に使える時間など限られてきます。
よほど要領の良い人であれば、時間を決めて価値的につかう事ができるでしょうが、
ブログコミュ重視の方であればあるほど、家庭や学会活動へのとりくみがおろそか
になりがちです。

なぜかというと、限られた時間である場合
人間は自分により近しいコミュニティを優先するものだからです。
極端な話ですが、想像してみてください。

もし、学会員さんが自分が不治の病気になって余命が少なくなった事を知った時
に、家族、仕事、趣味、学会活動に使う時間の配分をどのようにされるでしょう。

病気の方、健常者にかぎらず、一日は24時間しかありません。
その枠の中で現実社会を生きているのは皆さんも同じです。
おそらくは、自分にとって大切だと思えるコミュニティ順に時間を配分するでしょう。

だとするなら、リアルと関係の薄いネットでのコミュニケーション
(ある意味趣味のジャンル)で時間を割けば、どこかに足らない時間の
しわ寄せがいくのは当然のことです。

菊川さんの場合、複数あるブログの一つを更新しなくなっただけで
出社時間が早くなり、生活に余裕がでてきたそうです。

つまり、菊川さんにとってブログコミュの為に割いた時間は、生活や仕事に
負担をかけていたという事です。

ブログを始めて七年もの間、この時間を勤行や学会活動、自己研鑽に当てる事
は考えつかなかったのでしょうか。
またば菊川さんの「信心」に対する優先度が反映されているのがブログやサイト
への記事更新度や返礼コメントだといえるでしょう。

拙が思うに。菊川さんはどうやら、ネットでの自分に対する反応(評価)が
少なくなる事を恐れているようです。

学会活動をする時間が以前よりも減っているにも係わらず、よりネットの自己表現
に時間を割く「境涯革命」とはなんでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析