病状を暴露する自称看護師・ネットで公開する学会員  創価の森ウォッチ26

( 初出 2012/3/15 )

創価の森の小さな家・月下の騎士ブログ主菊川広幸(偽名)さんの記事内で
守秘義務を守れない自称看護師さんがおられる事を見て驚きました。

※事情がわかったスタッフと医師は、ただちに、処置室に運びました。
心臓は苦しく、手で口をふさがれたようで、息も出来ず、辛く苦しい状態が、
やがて一瞬、パァ~~~と楽になったそうです。(息も出来て胸も苦しく
なくなった)楽になって心電図を見たら、フラット(テレビで見るように波形が
真っすぐになる状態)になっていた。「このままでいい」と思った瞬間、医師が
電気ショックをかけ、心電図が動いたかと思うと、また心臓が苦しくなったそうです。
私の勤務先の病院は心臓関係は治療ができないので、すぐに他の病院に搬送されました。

http://megalodon.jp/2012-0315-1105-07/sokanomori.exblog.jp/17663643/

(以上上記より引用)

メールで第三者の病状等を詳しく漏らすと菊川さんのような方にネットで公開されて看護師さんの
立場が危うくなる可能性があります。
幸いどこの医療法人の人かは解りませんが、看護師としてのモラルが問われるやりとりを
菊川広幸(偽名)さんと交わしているようです。

○刑法第134条
第一項
「医師、歯科医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職に
あった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」
-------------------
保健師助産師看護師法 第42条の2
「保健師、看護師又は准看護師は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。 保健師、看護師又は准看護師でなくなった後においても、同様とする。」



////////////////////////////////////////////////////

ちなみに、第三者に渡したメールや手紙が断りもなく公開されたとしてもそれ自体は違法とは
認識されず送った内容に関しては「秘密の暴露」にはあたらないそうです。

自称学会員さん宛てに出したメールだからといって、菊川広幸(偽名)さんのように
記事のネタにされる可能性がありうる事は十分に承知しておかなければいけません。

またブログ主さんはネットで公開する上において書かれている内容が
法令に抵触していないか、通常のモラルに反していないかをよく考えた上で世界に公開するべき
ではないでしょうか。

↓  内々のメールをネタにするのは、いただけないと思われる方ご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析