福島の壮年さん コメント拒否?!

連休中は職場のパソコンから、自分の掲示版やブログにアクセス
されることはありませんでしたが、本日(7日)からは「ちよ」さん
ブログに復帰されたようです。
再度「福島の壮年」さんの為のブログ開設をさせていただいた事を
「真実を語る」ブログのコメント欄を介して告知させていただきましたが

「興味がない」ということだそうです。

※そりゃどうも。
 興味がないから、行かんけどね(笑

 皆様、コメ欄を開けたそうなので、彼に言いたいこと、
 彼の話題は、そちらへどうぞ。

【Commented by 福島の壮年 at 2015-05-07 10:45】




おや、学会員さんを批判する記事(福島さんの言う中傷)を掲載して
自分のブログのコメント欄を開けないのは「自己中」だとか
「結託している」とか批判されていませんでしたでしょうか。
自語相違していると思いますので、exciteブログに「福島の壮年」さんの
過去投稿を掲示しておきました。

威勢が良かった福島の壮年さん
http://captivated.exblog.jp/23074137/



拙の経験から言わせていただくと、口火を切って批判をするときは威勢が良いのですが、
いざ相手の主張に合わせてこちがら条件を整えると、「興味がない」とスルーされたり
ソース(情報源)を引用元提示の上で説明すると「余所のブログは見ない」
など、自分の発言責任や管理責任をとりたくない「大人の対応ができない」タイプの方
は、ブログには結構おられるものです。
これは「学会アンチ」さんに限らず、「自称学会員」さんの方にも見られます。

そういった「責任を曖昧にして逃避する」タイプの方の中で
他のだれかに応対させようとしたり、ブログ主や他の常連に
判断を委ねる「依存度の高い」方がおられます。

おだてられたり褒められたりすると、聞いていない事までプライベートを
晒しますが、いざ自分を「受け入れてもらえない」と感じる人が現れると
誰かの後ろに隠れ自己の存在を隠すといった「相反する二面性」が
あるようにおもいます。

よく、批判的な人を指して「修羅」だと蔑み嘲笑う方がおられますが
修羅の本質は「憶病」です。

雄弁に見えるようで「無責任」な人だといえるのではないでしょうか。

【参考リンク】 「決められない」人に共通する意識「責任を絶対負いたくない」
http://woman.mynavi.jp/article/130720-036/



スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析