烏合の衆の離合集散

前記事にて滋賀県の地域政党「対話の会」(正式には『対話でつなごう滋賀の会』)
が解散した事について意見を述べました。
その中で「維新の党」についても述べました。

その後「維新の党」産みの親であり、離党した橋下氏が、関西で地域政党を立ち上げる
という話が舞い込んできました。
(参照リンク:毎日新聞社HP)
http://mainichi.jp/select/news/20150902k0000m010144000c.html

また、民主党主導の「チームしが」と合流し役目を終えたと書いた「対話の会」ですが
「特定政党に偏らないという立党精神とは異質な事態」と批判する同会前代表、
寺川庄蔵氏が自らを代表とする「ええとこ近江」を立ち上げ、滋賀県選管に届け
でたとのこと。
(参照リンク:京都新聞社HP)
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150831000140

憲法に保障されているように、結党は自由なのですけれど、代表として一度
結党し船出させた以上、これら一連の離合集散が本当に支持者の支持を
えらているのか甚だ疑問ですね。

「政治」をオモチャにしているようにしか思えない。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析