世論に乗じて出てきた「元学会員」たち

創価学会に対し、迷走じみた民事訴訟を起こしている四国の某国立大学の
ブログに興味深い記事が掲載されていました。

『元創価学会職員3名のブログ』  http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

が。それ。 (リンクを貼ってあります)
 
「元学会職員」とされる三名が連名で名を連ねています。

ブログの記事(10/3/現在5つ)にざっと眼をとおさせていただきました。

除名処分を受けたとされていますが、処分にいたる直接の「言動」「行動」
そのくわしい動機、いきさつは明らかにされていません。
多くの処分者に共通する傾向です。

平成20年に監査委員会からの召還をうけたところからはじまっています。

しかし、「三色旗」騒動や公明党に関連して、興味深いコメントが書かれていました。
ほんの一部を抜粋します。

※公明党の議員を当選させたのは師匠と共に戦う会員ではないのか! 
 その会員が必死に声を上げている!
 あまりに無慈悲ではなかろうか。
 (略)
 我は戦う!師との誓いを果たすために!!

( 池田名誉会長に報告が届かない学会本部の実態 ~抜粋引用)


所々、池田先生の指導を引用し正当化しながらも、ちょっとズレている感は
「創価大学の有志」が募集した「署名」運動の趣旨と、まったくよく似ているように思う。

おなじ学会員とはいえ、「ごく一部」の人間が世論に浮かされて起こした行為に過ぎない
事例を引き合いに出して、自分たちと池田名誉会長の意志が同じであるかのように
装っているのを見ると、失笑してしまう。
これだけ「大義」を宣揚しているのだから彼等除名処分者は当然「三色旗」を掲げて
デモをやっていたのかというと、そういった話は聞こえてこない。
マスコミからすれば、とてもオイシイネタのはずだ。
ということは彼等除名処分者は典型的な「フリーライダー」(人の成果にタダ乗りをする人)だろう。

除名処分をされた人たちの中で、組織内での扱いに不平不満を公然と述べるタイプはなぜ
こうも都合良く「直弟子」のフリをするのだろうか。

ブログに連ねている三名の人物が「本人」かどうか、筆者には調べようもないが
昨年の夏頃(2014年6月)に処分を受けたということだ。
「3名のブログ」には、他にも複数以上の学会員がこの事件に連座させられたような
趣旨を臭わせている。
おそらくは、この件に絡んで、処分された人間が多数いたことだろう。

そういえば、以前拙のブログで掲載した「宿坊の掲示版」等を通じ繰り返されている
程度の低い学会本部批判がはじまったのが、ちょうど2014年の7月後半だったこと
を考えれば、この「職員除名処分」に絡んだものであったと推察するできる。
(当時の魚拓)http://megalodon.jp/2014-0913-2358-52/6027.teacup.com/situation/bbs/8265
もともと日顕宗破折がメインだった掲示版なのだが、この投稿を境に一気に
組織糾弾掲示版に成り下がってしまい、再三意見をすると書き込み停止をされた
ので驚いたものだ。(当時該当の記事リンクはこちら 「池田先生の影に隠れて」 
一年間以上、「宿坊の掲示版」を通じてあれやこれやのスキャンダルを垂れ流して
いたようだが、満を持して首謀者が「実名」でネット登場ということだろうか。

 「藪をつついて蛇を出す」 という諺を思い出した。 





  







スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析