酒好き男の講釈:創価の森ウォッチ 130

創価の森の菊川氏の個々の記事についての論評を書くのは久しぶりだ。
とはいっても、まったく氏のブログを見ていない訳ではない。
毎日チェックをしている。

拙のブログのタイトルは「魅惑的な人々」とタイトルがついているが、
ブログ村の創価カテで上位をとる人物がどのような言辞を公開して
人気をとっているのか、目が離せないからだ。

さて、最新の記事を拝見すると、昨晩(2016年1月15日)はめずらしく
義父さんの話題がでていた。

お気づきでないかたもいるかもしれないが、菊川氏は茨城の自宅に
奥様のご両親と同居されている。
めったにブログの話題にはアップされないが、菊川氏がなにがしかで
関わった時のみ家族の話題がでる傾向が高い。

たとえば、ここ数年、正月には岡山の真庭市にある菊川氏の実家に
帰省してすごされているのだが、とうとう今年は奥様が同行されて
いることは話題にあがらなかった。

また、毎年の市民ハーフマラソンに友人と参加されるため、トレーニング
がはじまったようだが今年の記事には「職場」の同僚と走っているとは
書かれていない。ただ「友人」と一括りにされている。

最近では意識をして身内の「プライバシー」を詳しく書かないように
されたのかとおもいきや、今回の最新記事では、「山崎」というウィスキー
を通じ、自分が酒好きでツウであることをアピールするの同時に、
同居の義父さんが普段安いウィスキーを飲んでいることをわざわざ公開
し、対比させている。


酒はその人にとって、「あうあわない」という好みにも依るところも大きい
嗜好品だ。

しかも菊川氏が提示した画像には山崎1923 とあるので、「山崎」ブランドの
ウィスキーの中で一番新しく安価な部類のものだ。
http://theyamazaki.jp/product/

以前、墨田区の婦人部「ちよ」さんからボージョレーヌーボーを土産
に貰ったときにも感じたが、菊川氏は「ブランド」や洋酒をたしなむ事
に一種のステータスを感じているようで、味わいを楽しんでいるよう
には見えない。

一見すると菊川氏が「好きな酒」を義父と一緒に飲んだという、ほのぼの
とした話題にみえるかもしれないが、それならば、わざわざ義父が普段
安酒を飲んでいるなどと証す必要性はかなり低いのではないだろうか。

通常の普段飲みであまりお金をかけたくない人に対し、ちょっとばかり
「ブランド」の通った酒を飲ませたところで、自慢にもならないだろう。








スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析