事実上の組織となっている「ちよ」ブログ:真実を語るウォッチ 31

墨田区の婦人部ちよさんのブログで、興味深い投稿がなされていた。
アメブロともだちのある方が、「ネット唱題会」について学会本部に電話を
かけて質問をされたのだそうだ。

質問者の方は、「ネット発のリレー唱題会」に学会員として参加するのは、
NGなのかを問い合わせられたのだ。
結論からいうと、ネット唱題会に参加するしないについて、創価学会としては
禁止していないということらしい。

ただ、注意しなければならないのは、自分の地域での(組織)活動
を根本としていることを念押しされたうえで、組織外の組織を立てること、また
参加を強制することはNGなのだということ
が指摘されていたそうだ。

読者の皆さんは、ネット発のイベントなので「参加を強制する」のは難しいと
おもわれるかもしれないが、参加呼びかけに応じないオトモダチをHNで
名指しして小ネタにすることで心理的圧力をかけることができる。
実際にそのような事を「ちよ」さんは何度かやっている。

それにしても、ネットであっても組織立てて活動をすることはNGだと
の明確な判断が今回なされていることに注目したい。
ただ、これは別にネットに限ったことではなく、現場においても創価学会に
無断で、複数人が学会活動、または、それに類する活動にをすることは
御法度で、下手をすると現場の組織において処分の対象になってしまう。

組織とは

「特定の目的を達成するために,諸個人および諸集団に専門分化された
役割を与え,その活動を統合・調整する仕組み。または,そうして構成された
集団の全体」
(大辞林)


とある。

つまり複数人の人間が、ある共通目的を達成するために、役目を与えて
実行させ、その活動を「調整」するなど役割分担がなされていれば組織
たり得ることとなる。
したがってブログにおける「リレー唱題」などは「主催することを宣言し」
「他者にも呼びかけ」「報告」を求めている時点で「組織活動」といえる
と拙は考える。

ちなみに、学会本部に電話をかけて指導をうけた「うな。」さんは、昨年
入会された方で、東京隣接県の方だ。
入会勤行会の件をブログに書いたところ、なぜか「ちよ」さんが、うな。さんの
会館での入会勤行会に参加したそうだ。
もちろん「ちよ」さんが紹介者なのではない。
その点だけでも、かなり違和感がある方が多いだろう。

入会時に、ネットのトモダチが関わってしまっている事からして、うな。さん
はネットでの学会員の個人的コミュニティ活動を「ごく普通」と感じておられ
るのかもしれないが、現場で幹部の方に聞いたところネット信仰イベント
を理解してもらえなかったと書き込まれている。
ようするに、地域の同志との信仰活動という「普通」の活動とは異質のもの
だから理解してもらえなかったのだと思われる。
さて、公開された学会本部への質問の内容をみるかぎり
ネット信仰イベントについて
「個人的に参加すること」は問題ないですか?と聞かれたにすぎないようだ。
読者である学会員さんは、企画し運営し、他者に宣伝し報告をする
ことも要求するといった「ネット信仰イベント主催者」としての立場を
うな。さんが聞いたわけではない事に留意しておくべきだろう。
また学会本部は「個人的な表現活動」等について、いちいち会員
に許諾を求めたり、禁止などできる立場ではないことは以前拙が
お話させていただいた通りである。

さらには、真実を語るブログでの「学会本部に質問」の内容を
そのまま転載している交際相手のハピネス氏も協力者だと
いえるが、「ちよ」さんにつけハピネスさんにつけ、問い合わせを
した、うな。さんよりも信心の長い先輩が、批判の矛先をそらす
目的で、まだこれからの新入会のメンバーを巻き込んでしまう
のは、正直みっともないと思わないのだろうか。

さて、せっかくなので組織活動に該当しないケースを考えて
みたいとおもう。
たとえば、自分のブログで「自分は○時~○時に唱題をします。」
と書き込むに留め、個々の読者はコメント欄で「私もやってみます」
と答えるぐらいが適当だろう。

定期・不定期にイベント化したり、主催者、参加者が他のブログにも拡散
するのは過ぎた宣伝行為の協力だし、積極的に他者を巻き込みにいって
るのだから組織活動に該当するといいたい。

墨田区の婦人部「ちよ」さんは、自分がはじめた24時間リレー唱題について
強制はしていないし、組織活動もしていないと言い訳をするかもしれない。
だが、創価学会本部の返答にもあったように
「自分の地域での活動を根本にしている」のだから、唱題という
最も重要な信仰活動を地域外の不特定多数の学会員に呼びかけ結集
させていること自体が、すでに根本からはずれていると反省すべきでは
ないだろうか。

これは、創価の森ブログの「ひらがな御書」の運営方法にも同じ事が言えるだろう。

また墨田区のちよさんは、リレー唱題について、一体感があったと自讃されている
が、およそまっとうな学会員さんなら世界どこでも毎日朝・夕の勤行を欠かさない
だろうし、自分が唱題をしている時間に世界の誰かが「唱題」をされているであろう
ことを考えたことがないのだろうか。 
自分と同じように、御本尊様に向かってお題目をとなえている現場の会員さんに
対し、同志としての親和感を感じないのだろうか。
結局は「自分の発案した疑似学会活動」に、賛同してくれた人だけをねぎらって
いるに止まっている。
しかも、29日の記事を読むと、リレー唱題の後、現場活動である地区の協議会
に「ちよ」さんは参加できなかったそうだ。

おそらく、協議会は日曜の夜か月曜の夜(1/25)の夜だろうとアタリをつけ
真実を語るブログをみてみると、ほぼ一日ブログのコメントを書き続けている。
ブログに書き込まれるコメントの応対に時間を割いて現場活動に支障を来して
いるのだとすれば本末転倒だろう。
ある女子部の発案という形にこそしているが、それを自分がネットで組織立て
て実行しなければ唱題行の醍醐味を味わえないのだとしたら、かなり信心に
難が起こっていると言わざる得ない。

そして活動に支障がでたという、現証がでてしまっている以上、信心の悪い
兆しに気づこうともせず、ノリでおだてることで、さらに「ちよ」さんをネットに
縛り付けつづけている参加者も、善知識とは真逆の存在と化してしまう。

2016年1月号の大白蓮華93ページに
「ちょっと祈って、ぱっと良くなるのであれば信心が深まらないし、
               本当の人間革命も宿命転換もできません」


という意味深い指導が掲載されている。
ネット信仰イベントで「充実感」を感じた人は、上記の指導を胸にきざみ
どこに主戦場があるのか活動の軸足をおかなければならないのかを
再考してほしいものだ。




スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析