排除運動は日和見だったのか:創価の森ウォッチ 131

創価の森ブログを拝見すると、創価学会批判運動に荷担している
「太ちゃん」氏が、創価の森ブログの内容を、あるブログに掲載する
ことに対し承諾を求めているようだ。

なんでも、自在会をサポートするという理由でブログを通じ組織的
に活動をしている菊川氏およびその対象者の一人である「千早」さん
のコメントなどを、グリーの学会員さんブログに転載させて欲しいと
いうことらしい。
太ちゃん氏は転載をする行為を「郵便屋」と呼び習わしているようだ。
ちなみに、自分の記事や他人の記事をそのまま複数箇所に転載する
行為を「マルチポスト」といい、ネットではマナー違反だとされている。

太ちゃんに関しては拙ブログで何度か話題を取り上げさせていただいて
いるが、創価学会や組織的活動に対し非常に反抗的で、昨年は
学会批判を繰り返している掲示版から、自分のブログへ記事を転載し
拡散している、怪しい「郵便屋」だ。

つい最近のブログ記事でも、学会教学関連のブログを主催されている
方の記事を指し、「他宗教になってしまっていることに気が
つかないのか」と猛烈に批判しているし、また、学会組織糾弾系掲示板
には

“事実を言おうか?
いわゆる『御本尊様』は僕はない状態で信仰しているよ”
“曼荼羅なしの信仰で功徳がしっかりあるなんて信じられ
 ないことだろうね”
“そういう状態だから、いわゆる『大曼荼羅』にも用は無いんだよね”
(いずれも、 日顕御用達・大石寺の正統性を証明する掲示板~
               投稿日:2016年 1月29日(金) の太ちゃん氏の投稿 )


上記はアンチ学会のとある法華講員氏に向けられた言葉だが
太ちゃん氏が、学会活動をしない。御本尊を受けない(放棄した)理由も
同じ理屈だ。
また、太ちゃん氏のブログのリンク先は、普通の学会員さん系ブログ
のものがある一方、学会組織を糾弾する記事を転載して作成した「不穏」な
ものもある。

自分勝手な信心をしている人が、教学を語る学会員さん
に対し「他宗派に成り果てている」と猛烈に批判をしているのは、
おそらくブログ村創価カテにおいてランキング1位をあっさり
とられてしまった事に対しての皮肉でもあり、これから太ちゃん氏
が取り込みたいブログ主へのアピールだったのかもしれない。


それにしても、信仰組織的イベント系ブロガーの双璧を成す、
創価の森、真実を語るブログの主催者は、かつて、
創価学会員をして学会批判をおこなっているブロガーに対し
“ナリスマシ” つまり、悪質な学会員もどきの策謀だと断定し、
ブログ排除運動を起こしたのではなかったのか。

当時菊川さんがナリスマシ断定をした理由は
リンク先のたった一件に

「ナリスマシ集団の多くに貼られているリンク先である」
という理由だった。
ようするに「学会アンチサイトに活用されているリンク」
が、ブログにあったというだけの事だ。

となると、学会アンチサイトに活用されている内容を転載した
ブログを持っている太ちゃん氏はナリスマシとして断定されても
おかしくないはずだ。
ブログ村創価カテに、太ちゃん氏のブログもリンクされているため
新着記事がアップされると、茨城の壮年部菊川さんや墨田区の
婦人部「ちよ」さんが見逃しているとも思えない。

またここ数ヶ月はブログ村創価カテのランキングには、自称現役
学会員のアンチ創価系ブログが上位3位以内にはいることが
めずらしくない。
ではなぜ、別掲示版にて学会批判をしてはばからない太ちゃん氏
や、上記のようなブログ主に対し「ナリスマシ糾弾運動」が起こり
得ないのだろうか。

菊川さんは、「他の学会員を護るんだ」という、いかにも学会員さん
から批判され難い動機を全面に掲げる割に、自分(のブログ)に
好意的かどうかで日和見的判断をしているようにおもえてならない。




スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析