怜悧狡猾(れいりこうかつ) 学会二世ライブ

とかく集団という、くくりの中では、個人の存在は希薄になりがちで、
他者との違いを自分から強調しなくては目立たないものだ。
そこに社会の世知辛さを感ずる方もいるだろう。

偶然乗り合った通勤電車の中で、隣の人がどんな人なのか個人的に
興味があったとしても、わざわざ声をかける人は少ないのでは
ないだろうか。
知らない人から声をかけられて色々自分について聞かれたなら
ば、警戒するのは当然だし、その場が気まずくなるのもいたたまれない。

もし、コミュニケーションがとりたいのならば、まず自分が何者である
のかを話すことで、自分に警戒心がないところを見せると、相手の
警戒感もある程度薄まり、親近感をもってもらえるかもしれない。
初めて出会う人に、ある程度自分のことを伝えるのは、普段皆さん
もやっておられることだろう。

ところがネットでは、自己紹介なしでも偶然居合わせた人に、あれや
これやと聞いても、親切に答えてくれる人がけっこう多い。
実際に対面しているわけではないので警戒心が薄くなるのも
一つの理由だといえるだろうが、相手が自分のことをよく理解して
くれていそうな気がして素直に嬉しいのだ。
なぜ自分の事を理解してくれていそうに感じるのかというと、前もって
自分で自分のことを書いて公表しているからなのだが、興味深い
ことに、公開した本人は公表していることについてさほど深く意識
していないことが多いように思われる。

たとえば、テレビなどで自分の名前と同じ人が話題になっていると
他の人よりも意識してしまうように、ある人物ががネット上で
「学会員です」と書くと「学会」に関係のある方が多く反応する。
潜在意識のなせる技だが、名前を呼ばれると幸福ホルモンが増える
そうだから、それと同じような本能的なことだろう。
それがゆえに、都合良く「肩書」を利用しようとする人間も少なくない。
関係がある方・・と表記したのは、それがただ好意的な理由か、
怜悧狡猾(れいりこうかつ;悪賢い人のこと)な人なのか表面上
は見分けがつかないからだ。

日蓮正宗長野妙相寺門徒の樋田昌志さんのfacebookをチェックしていると
興味深いコメントが書き込まれていた。
なんでも「創価学会二世ナイト」と銘打ち、自称学会二世のメンバーばかり
で結成されているというバンドが大阪市のロフトプラスワンで有料でライブ
を行い、そこに創価学会と敵対する日蓮正宗門徒(妙相寺門徒)が潜り
込んで、布教活動をしていたというのだ。

情報のソースを調べるために「創価学会二世ナイト」の
キーワードを探して見ると、チケット販売の痕跡とともに。さいたま市の
日蓮正宗寺院常生寺の法華講員のサイトに行き当たった。
アメブロでは「るふ」というHNをつかって何年か前からブログを
運営していたそうだが、今年の一月に「創価学会顕正会脱会
ネットワーク」というサイトを立ち上げたとのことだ。
そこに情報を持ち込んだのだろう。
詳しく「創価学会二世ナイト」というライブの内容が紹介されている。
いちおう 魚拓のリンク http://megalodon.jp/2016-0217-1408-41/dakkai.net/01main/nisei.html

レポーターの悪意や、誇張が激しいであろうことを差し引いても、現役
学会員(?)が、四方山話は愚痴を聞かせ、客に酒を飲ませて興行を
していたことは事実らしい。
時々「ウラ学会ネタ」で小ガネ儲けを企んでいる芸人がでてきては、
フェードアウトしていくが、その一類だろう。大成した例はない。

なによりも「創価学会二世」というライブタイトルに、集まったお調子者
の学会員が、まんまと日蓮正宗の門徒の悪宣伝に再利用されている
のが痛々しいのだ。
マイナーなバンドであるにも関わらず、大阪の妙相寺門徒が情報を
掴んで参加しているのだから、内通者がいる可能性は十分ある。
怜悧狡猾な人間と縁すると、さらに狡猾な人間に利用されるという
実例だ。

そういえば、ちょうど1年前に沖縄のある学会員さんが「本音会」と
いう私設組織をたちあげ酒宴を開催をし、「多くの会員さんが集まった」
と画像を自分のブログにアップして自慢していたが、その後どうなった
だろうか。とんと話題にでなくなった。 

これに限ったことではないが、「創価学会員」であることをウリにして
人を集め「自分の実利益」に変えることに躊躇しない人間には、
どんな腹づもりをもった人物がモグリ込んでいるか絶対に分から
ないので、近寄らないことを強くお勧めする。





スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析