スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーカー規制法にSNSやメッセージが含まれる

ストーカー規制法では執拗な「メール」は規制対象になっていました。

しかしある女性のSNSに執拗にコメントを書き込むなどしていた男性
から襲われるという事件をきっかけに、公明党が主導してSNS(コメント)
やメッセージも「規制対象」に含まれるよう改正案を提出。
(公明党PTは2014年からこの問題に着手しています
  https://www.komei.or.jp/news/detail/20141008_15127)


本日18日参議院本会議で全会一致で可決。衆議院に送られることになり
今国会で可決成立することが濃厚になりました。

(参照リンク:NHKニュースweb)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773771000.html


「法改正」となるとメールだけでなく、ブログなどのSNS
(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で執ようにメッセージを送る行為
なども規制対象として含まれることになります。
(非公開メッセージも同じ事です)

また、警察や公安が「緊急を要する」と判断した場合、被害者が訴えて
いなくても対処できるよう「非親告罪」にされることも明記されたそうです。

相手のブログなどに「相手に拒否された後もSNSなどでメッセージを
連続送信したり、ブログなどにコメントを書き込んだりする行為を繰り返す
と、通報され逮捕される可能性がでてきました
これから一般的なSNSサービスでは、今回の法改正に対応してくることが
予想されます。
同性からのメッセージで執拗なのも困ったものですが、異性間における
執拗な強要メッセージなどは、特に要注意となりますので注意しなければ
ならないでしょう。

特に女性にとっては心強い法改正になるかとおもわれますが、
タチの悪い人間やその仲間がこの法改正を悪用し、自分や異性のSNSに
誘い込んで対象の人物を煽るなどして「ワナ」にはめ、ストーカー規制法を
ちらつかせた上で、なにがしかの要求をしてくることも十分考えられます。

SNSを通じ、知り合っただけの人とのトラブルに巻き込まれないように
、コミュニティの管理者も参加者も、より一層の慎重さが必要です。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。