スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookに蔓延する軽率な学会員さん

実名系SNSが、うっかりするといかに「危険」であることを
考えていただくため以前「日蓮正宗門徒」さんのFacebook
を題材にした記事を公開しましたが、あらためてリンクさせて
いただきます。

http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

残念ながら、学会員さんの中でも上記のようなミスをされている
かたが、よく見受けられる。 特に幹部らしき方の実名Facebookが
あって恐ろしい。

ナリスマシや自称学会員に対する警戒もさることながら
通信機器の発達と情報網の多様化、そしてSNS利用者の増大
により、「実名」を証さなくても個人情報(プライバシー)をネットに
放流すればするほど、人物特定ができるのだ。

たとえば、Facebookなどでは「実名登録」を推奨していますが
「偽名」でも登録できますし、メールアカウントを使い分ければ
複数のIDを所有することも不可能ではない。
もちろん「実名」で登録され表現活動をされている方もいるが
中には「自営業」の宣伝を兼ねてSNSを使っている方がいる。

そういったSNSで「創価」のキーワードを使い登録者のみが閲覧できる
「グループ」の作成ができますが、あきらかに「実名」でセルフィー
(自撮り画像)や会館内での他会員の記念写真をアップしている方が
けっこういる。

限定公開の「グループ」ではないのだが、
たとえば以下のFacebook記事をみて欲しい。(直リンクはしていません)
https://ja-jp.facebook.com/seikyousinbunkinoshitahanbaiten/timeline

聖教新聞販売店 と銘打ち 画像をアップし、会合の内容まで
漏らされてしまっている。
上記の方は、現役の学会幹部であることは論をまたない。

一旦こういった人と交友関係(イイネを返すだけでも)をもつと、
芋づる式に交友関係がバレるだけではなく、好意的でない人の
好奇の目にさらされてしまうのだ。

上記Facebookの読者リコメで
「聖教の販売店の方がFBをされていて、又、感じたことを、
 載せていられることは素晴らしい・・」と書かれている方が
いるようだが、はたしてそうだろうか。
あのような類いの記事を素晴らしいと評価をするのはたいてい
「創価学会員」さんだけだ。

ある会社に所属している人が職権で知り得た内容を書き込んだり
自営業の方が来店されたお客様のプライバシーを漏らすだろうか。
そういった行為は拙には慢心による軽率な行為にしかみえないのだ。

今回紹介したのは、全公開のSNSですが非公開型のグループで
あればプライバシーに関わるもっと危険な内容や無断転載などの
違法行為が蔓延している。
いずれ記事にさせていただいて、注意喚起を促したいとおもう。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。